本巣市市営バス – Wikipedia

岐阜バス・もとバスの下真桑バス停

本巣市市営バス(もとすししえいバス)は、岐阜県本巣市のコミュニティバスである。

本巣市地域公共交通総合連携計画の見直しにより、「もとバス」「ササユリ」が体系統合・3ルートに再編され、旧「根尾地域自主運行バス」の各系統と共に2011年(平成23年)4月より運行を開始した。

2017年9月1日の改正には「真正線」が改編されて「弾正線」・「真桑線」の2系統となった[1]

2010年(平成22年)以降の運賃は無料。2009年度までの「もとバス」(糸貫・真正地区)は100円で、樽見鉄道との乗り継ぎで無料だった時期もある[2][3]

「ササユリ」の運賃は無料であった[2][3]

根尾地域の路線では、2015年(平成27年)4月1日の改正以降は無料となっている[注 1]。それ以前は120-550円、3歳以下・70歳以上は改正前から無料であった[3]

現行路線[編集]

2017年(平成25年)9月1日改正分、同じ経路で左回り・右回りのルートがある[1]

弾正線[編集]

火・木・土曜日運行。祝日及び年末年始は運休。左回り・右回りで1日6便運行。

  • モレラ岐阜 – 糸貫分庁舎 – 小弾正 – 政田[注 2] – イオンタウン前[注 3] – 下真桑[注 4] – 糸貫分庁舎 – モレラ岐阜

真桑線[編集]

火・木・土曜日運行。祝日及び年末年始は運休。左回り・右回りで1日6便運行。

本巣・糸貫線[編集]

火・木・土曜日運行。祝日及び年末年始は運休。本巣市役所が始発・終着となり、左回り・右回りで1日6便運行。

本巣北部線[編集]

月・水・金曜日運行。祝日及び年末年始は運休。川内公民館が始発・本巣市役所が終着となり、左回り・右回りで1日5便運行。国道以外の経路上はフリー乗降区間。

  • 本巣市役所 – 本巣駅 – トミダヤ本巣店 – 木知原駅 – 外山郵便局 – 本巣診療所 – 根尾川ガーデン – 日当公民館 – 川内公民館 – 木知原集荷場 – 木知原駅 – トミダヤ本巣店 -本巣駅 – 本巣市役所

根尾地域[編集]

2015年(平成27年)4月1日でダイヤ・ルートが変わっている。また、運行日も月曜日から金曜日は1日5便[注 6]、土曜日は1日2便運行となっている。2020年2月に樽見車庫前バス停を根尾分庁舎前バス停に名称変更し、移設した。

ルートは以下の3系統あり、樽見駅前・根尾分庁舎前・樽見(根尾郵便局前)・診療所前を中心としている。詳細は本巣市市営バス(根尾地域)のページを参照。

  • 根尾宇津志線
  • 根尾能郷線
  • 根尾松田・奥谷線

改正前のルート[編集]

2010年(平成22年)2月現在の改正前のものである[3]

  • 能郷線(毎日運行)
  • 松田線(平日運行)
  • 奥谷線(平日運行)
  • 松田・奥谷循環線(土休日運行)
  • 松田線・宇津志方面(平土日運行)

過去の路線[編集]

真正線[編集]

火・木・土曜日運行。祝日及び年末年始は運休。モレラ岐阜始発・終着となり、左回り・右回りで1日6便運行[6][7]。2017年9月1日のダイヤ改正で分割2系統となる[1]

ササユリ[編集]

  • 北部線(月・水・金運行)
    • 本巣市役所 – 本巣福祉センター – 本巣駅 – 日当公民館 – 川内公民館
  • 南部線(火・木・土運行)
    • モレラ岐阜 – 本巣福祉センター – 本巣駅 – 織部の里 – 宝珠ハイツ – 文殊団地 – 本巣市役所 – モレラ岐阜
  • 1972年(昭和47年)5月 – 本巣郡根尾村が根尾村営バスの運行開始[3]
  • 2001年(平成13年)3月31日 – 本巣郡本巣町が本巣町行政福祉バス ササユリ号の運行開始。隔日運行[3]
  • 2004年(平成16年)
    • 2月1日 – 本巣郡本巣町、糸貫町、真正町、根尾村が合併し、本巣市ができる。根尾村営バスが根尾地域自主運行バス(本巣市営バス)に、本巣町行政福祉バス ササユリ号が「本巣市行政福祉バス ササユリ号」に変更。
    • 10月1日 – もとバス運行開始。東コース、西コースの2路線。岐阜バスへ運行委託[3]
  • 2005年(平成17年)7月1日 – もとバスの路線を一部変更。東コースをリオワールドへ延長。
  • 2006年(平成18年)5月1日 – 路線変更。もとバス路線の縮小及び利用者の無い停留所の廃止。「ササユリ」南部線運行開始
  • 2007年(平成19年)4月2日 – ササユリの路線の一部を変更。
  • 2008年(平成20年)5月1日 – 岐阜本巣特別支援学校開設に伴い、もとバスのコースを延長。
  • 2009年(平成21年)6月1日 – もとバスの路線を糸貫線と真正線の2路線へ再編。樽見鉄道を利用すると、もとバスが無料となるサービスをスタート。6月1日-6月30日まで無料キャンペーンを実施[5][2]。ササユリフリー乗降区間を実験的に設定[2]
  • 2010年(平成22年)
    • 1月4日 – 松田線 宇津志付近の経路を変更。日当平野トンネルを通行。
    • 6月1日 – もとバス糸貫線を廃止し、ササユリ南部線と統合。もとバス真正線は市直営とし、無料化・隔日運行となる。準備作業のため6月1日-7日は運休となり、8日より新ルートにて運行[8]
    • 9月2日 – もとバス、「北方バスターミナル」に乗り入れ開始[9]
  • 2010年度末 – ササユリ、もとバスは再編により、「本巣市市営バス」に統合された[10][11]
  • 2013年(平成25年)11月1日 – ダイヤ改正[12]
  • 2015年(平成27年)4月1日 – 根尾地域の路線でダイヤ改正。運行日・ルートの変更実施[13]
  • 2017年(平成29年)
    • 3月29日:平成28年度第2回本巣市地域公共交通活性化協議会にて「真正線」の改編案に「真桑・弾正・土貴野線」・「席田・真桑線」の2系統が提案される[14]
    • 5月26日:平成29年度第1回本巣市地域公共交通活性化協議会にて「真桑・弾正・土貴野線」・「席田・真桑線」の路線案を「弾正線」・「真桑線」に簡略化し、同年9月1日にダイヤ改正を決定する[15]
    • 9月1日:路線4系統でのダイヤ改正。「リバーサイドモール」を「イオンタウン前」に改名[1]

注釈[編集]

  1. ^ 2011年(平成23年度)から無料運行計画があり、実験的に開始された[3][4]
  2. ^ 旧名鉄政田駅から西方向にあり、岐阜バスの政田バス停とも位置が重複していない[5]
  3. ^ 「リバーサイドモール」から改名。
  4. ^ 旧名鉄真桑駅前
  5. ^ 宝珠ハイツ内はフリー乗降区間。
  6. ^ 小学校の夏休み期間は第1便(6-8時台)が運休で4便運行
  7. ^ かつての名称は「樽鉄北方真桑」であった。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]