南里康晴 – Wikipedia

南里 康晴(なんり やすはる、ラテン文字:Yasuharu Nanri, 1985年10月6日 – )は、日本の元フィギュアスケート選手(男子シングル)。2004年ISUジュニアグランプリファイナル2位。2008年メラーノ杯、2008年ゴールデンスピン優勝。2010/2011年シーズンをもって引退した。

福岡市出身、福岡クラブ所属。中村学園大学流通科学部[3]卒業。2008年度から2009年度までふくや社員[1][2][4]

シャイな性格の持ち主[5]。姉の美紗と妹の美礼、美羅もフィギュアスケート選手で[6]、美羅とは2007年に兄妹で全日本選手権に出場した。

幼稚園の体験授業がきっかけでスケート教室に入り[7]、1993年から本格的に取り組み始める[8]。2007-2008シーズンの全日本選手権では僅差で中庭健介を逆転して3位となり、世界選手権初出場を決めた。しかし世界選手権の本番では、ショートプログラムでの出遅れが響いて19位に終わった。

2008-2009年シーズンにはメラーノ杯、続いてゴールデンスピンでもシニアクラス国際大会優勝。ゴールデンスピンでは非国際スケート連盟主催競技会ながら200点越えのスコアを記録した。引退を決めた2010-2011シーズンには、フリースケーティングのプログラムをカルメンに戻した。スケートカナダのフリースケーティングでは6種8回の3回転ジャンプを着氷し、パーソナルベストを更新した。自身最後となった全日本選手権のフリーの演技終了後に、観客からスタンディングオベーションを浴びた。

主な戦績[編集]

詳細[編集]

プログラム[編集]

  1. ^ a b c 『フィギュアスケートDays Plus 2008-2009男子シングル読本』ダイエックス出版、2008年9月、p.21
  2. ^ a b 『PASSION 2009 フィギュアスケート男子シングルフォトブック』双葉社、2009年2月、pp.115-116
  3. ^ 『Cutting Edge 日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブック』DAI-X出版、2005年12月、p.67
  4. ^ さくらフィギュアスケート南里康晴OFFICIAL BLOG 2010年4月3日更新、2010年5月23日閲覧
  5. ^ 『Cutting Edge』p.64、『Cutting Edge 2007 日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブック』DAI-X出版、2007年1月、p.43
  6. ^ 『Cutting Edge』p.67、『Cutting Edge 2007』p.46。美紗と美礼は既に引退。
  7. ^ 『Cutting Edge』p.62
  8. ^ a b 『Cutting Edge 2007』p.88
  9. ^ 「2008全日本選手権レポート 男子シングル」『フィギュアスケートDays vol.8』ダイエックス出版、2009年2月、pp.26-29
  10. ^ 「賢二としゃべろうよ! 第6回 南里康晴」『フィギュアスケートDays vol.8』ダイエックス出版、2009年2月、p.34-39
  11. ^ 『Cutting Edge 2008 日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブック』DAI-X出版、2007年12月、p.40
  12. ^ a b 『Cutting Edge 日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブック』DAI-X出版、2005年12月、p.93
  13. ^ 『Cutting Edge』p.65
  14. ^ 『Cutting Edge』p.61, p.67

外部リンク[編集]