カルマン・キャス – Wikipedia

カルマン・キャス

カルマン・キャス(Carmen Kass, 1978年9月14日 – )は、エストニア出身のスーパーモデル。

パイテに生まれる。母親が農場で働いて女手一つで彼女を育てた。14歳のときにタリンのスーパーマーケットでイタリアのモデル・エージェンシーにスカウトされミラノに移りモデルとしてのキャリアをスタートした。18歳でパリに移り、ヴォーグ誌やELLEの表紙を飾るようになる。

1999年にはクリスチャン・ディオール、ドルチェ&ガッバーナ、DKNY、トミー・ヒルフィガー、アナ・スイ、プラダ、グッチ、オスカー・デ・ラ・レンタ、モスキーノ、ラルフ・ローレン、ルイ・ヴィトンなどの多くのトップ・デザイナーのショーに出演。

また、カルバン・クライン、ジバンシィ、フェンディ、ヴェルサーチ、ギャップ、ゼネラル・モータースなど多くの広告にも登場した。

コスメティック・メガストアのセフォラのスポークスウーマンであり、ディオールの香水「ジャドール」のモデルも担当している。

  • グッチ 2003年春夏
  • フェンディ 2005年春夏
  • 2004年にはエストニアの映画作品に登場。同年、エストニアの政党Res Publica Partyに加わった。
  • ヨーロッパ連合議会のエストニア代表議員として立候補するが、落選。また、エストニア国際チェスリーグの理事長となり、2008年チェス・オリンピックの誘致活動をしたが、開催地はドイツのドレスデンに決まった。
  • ミス・エストニアになりたかった。
  • 母が経営するモデルエージェンシーのオーナーの一人である。
  • レオナルド・ディカプリオと交際したこともある。

外部リンク[編集]