マーガレット・エドソン – Wikipedia

マーガレット・エドソン
誕生 1961年7月4日
ワシントンD.C.
職業 劇作家
国籍 アメリカ合衆国
代表作 ウィット
主な受賞歴 ピューリッツァー賞
ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

マーガレット・エドソンMargaret Edson, 1961年7月4日 – )は、アメリカ合衆国の劇作家。

エドソンはワシントンD.C.で生まれた。スミス大学でルネサンス史の文学士(B.A.)を、ジョージタウン大学で英文学修士号を取得。自転車店の販売係やボランティアの英語教育教師など、様々な職に就く。

エドソンの最初の戯曲は、卵巣癌で入院したジョン・ダン研究者が主人公の『ウィット(Wit)』で、1995年にカリフォルニア州のサウス・コースト・レパートリー劇場(South Coast Repertory)で初演された。エドソンは『ウィット』を書く背景の一つに、病院で働いていた経験があることを語っている[1][2]。1998年に『ウィット』がニューヨーク公演された時には、エドソンはジョージア州アトランタのセンテリアル・プレイス小学校で先生をしていた。1999年、エドソンは『ウィット』でピューリッツァー賞 戯曲部門を受賞した[3]。受賞後、エドソンは公共放送サービスでジム・レーラー ニュースアワーのインタビューを受けるなどして、時の人となった。

ケンタッキーのカントリー・ゴスペル・ラジオをテーマに、2作目の戯曲『Satisfied』を書いた[2]が、2008年春現在、まだ上演されていない。

私生活でエドソンのパートナーは、アトランタのハイ美術館の学芸員リンダ・メリルで、2人の男の子の親である。

  • ウィット(訳:鈴木小百合、白水社)
    • テレビ映画化『エマ・トンプソンのウィット / 命の詩(Wit)』(2001年、監督・脚本:マイク・ニコルズ、主演・脚本:エマ・トンプソン)
  • Satisfied

外部リンク[編集]