ノーム・シーバーン – Wikipedia

ノーマン・リロイ・シーバーンNorman Leroy Siebern, 1933年7月26日 – 2015年10月30日)は、元メジャーリーグの選手。ポジションは一塁手、外野手。

1933年にミズーリ州セントルイスに生まれ、1951年にニューヨーク・ヤンキースとプロ契約する。1956年にメジャーデビューを果たし、54試合に出場した。また、チームはワールドシリーズに進出し、シーバーンは1打数でノーヒットに終わるが、第7試合でヤンキースはブルックリン・ドジャース(現:ロサンゼルス・ドジャース)を9-0で下し、17回目のシリーズ制覇を成し遂げたため、シーバーンはメジャー1年目にしてワールドシリーズ優勝を経験した。

翌年はメジャー出場はなかったが、1958年には134試合に出場して打率.300を残し、出塁率はリーグ6位、キャリア唯一となるゴールドグラブ賞を獲得するなど活躍の年となった。この年の自身2回目となったワールドシリーズでは8打数1安打と苦しむが、ヤンキースが18回目の優勝を飾り、またシーバーンはシリーズ制覇を経験。

1959年頃までは外野手としての出場が多かったが、1960年にカンザスシティ・アスレチックス(現:オークランド・アスレチックス)に移籍した後は一塁手での出場が多くなってくる。

そして一塁手として全試合に出場した1962年は、打率、本塁打、打点、安打数、出塁率など多くの部門でキャリアハイを記録し、初めてオールスターに選出されるなどの活躍をする。その後オールスターには3年連続で選出される。

しかし1964年以降は3年連続で打率.250前後と不振。チームを転々としたが、1962年の打棒は戻らなかった。1968年に34歳で引退。

2015年、フロリダ州ネイプルズにて82歳で死去。

獲得タイトル・記録[編集]

年度別打撃成績[編集]















O
P
S
1956 NYY 54 184 162 27 33 1 4 4 54 21 1 1 2 1 19 0 0 38 3 .204 .286 .333 .619
1958 134 533 460 79 138 19 5 14 209 55 5 8 4 2 66 3 1 87 7 .300 .388 .454 .842
1959 120 431 380 52 103 17 0 11 153 53 3 1 3 5 41 2 2 71 3 .271 .341 .403 .744
1960 KCA 144 604 520 69 145 31 6 19 245 69 0 0 4 4 72 6 2 68 9 .279 .366 .471 .837
1961 153 649 560 68 166 36 5 18 266 98 2 4 0 6 82 3 1 91 4 .296 .384 .475 .859
1962 162 719 600 114 185 25 6 25 297 117 3 1 1 7 110 9 1 88 13 .308 .412 .495 .907
1963 152 644 556 80 151 25 2 16 228 83 1 4 1 8 79 6 0 82 10 .272 .358 .410 .768
1964 BAL 150 596 478 92 117 24 2 12 181 56 2 3 3 7 106 3 2 87 5 .245 .379 .379 .758
1965 106 353 297 44 76 13 4 8 121 32 1 2 2 3 50 7 1 49 2 .256 .362 .407 .769
1966 CAL 125 404 336 29 83 14 1 5 114 41 0 1 0 5 63 7 0 61 6 .247 .361 .339 .701
1967 SF 46 72 58 6 9 1 1 0 12 4 0 0 0 0 14 0 0 13 0 .155 .319 .207 .526
BOS 33 50 44 2 9 0 2 0 13 7 0 0 0 0 6 1 0 8 1 .205 .300 .295 .595
’67計 79 122 102 8 18 1 3 0 25 11 0 0 0 0 20 1 0 21 1 .176 .311 .245 .557
1968 27 30 30 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1 .067 .067 .067 .133
MLB:12年 1406 5269 4481 662 1217 206 38 132 1895 636 18 25 20 48 708 47 10 748 64 .272 .369 .423 .792

表彰[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]