貴ガス水素化物 – Wikipedia

貴ガス水素化物(きガスすいそかぶつ、英: noble-gas hydride)は H-Ng-Y(Ng は貴ガス、Y は電気陰性度の大きな分子や原子である事が多い)で表される貴ガス化合物である。1995年にフィンランド、ヘルシンキ大学のグループがキセノンを含むこのタイプの分子(HXeCl、HXeI 等)を赤外吸収分光によって発見したと報告したのがはじめて[1]。その後、アルゴンを含む初めての分子として HArF が発見されている[2]。Y がハロゲン分子以外の例としては、XeCN、HXeNC、HKrCN が最初に報告されている[3]
2008年現在22種類のこのタイプの分子が報告されている[4]。貴ガスでもネオン、ヘリウムを含む分子はまだ報告されていない。

報告されている分子(2008年現在)[編集]

Ar Kr Xe
HXeH
HArF HKrF
HKrCl HXeCl
HXeBr
HXeI
HKrCN HXeCN
HKrCCH HXeCCH
HKrC3N HXeC3N
HKrC4H HXeC4H
HXeOH
HXeSH
HXeNC
HXeCC
HXeNCO
HXeCCXeH
  1. ^ Mika Pettersson, Jan Lundell, and Markku Räsänen, “Neutral rare-gas containing charge-transfer molecules in solid matrices. I. HXeCl, HXeBr, HXeI, and HKrCl in Kr and Xe” J. Chem. Phys., 102, pp. 6423-6431(1995) doi:10.1063/1.469357
  2. ^ Leonid Khriachtchev, Mika Pettersson, Nino Runeberg, Jan Lundell and Markku Rasanen,”A stable argon compound” Nature, 406, 874-876 (2000) doi:10.1038/35022551
  3. ^ Mika Pettersson, Jan Lundell, Leonid Khriachtchev, and Markku Räsänen, “Neutral rare-gas containing charge-transfer molecules in solid matrices. III. HXeCN, HXeNC, and HKrCN in Kr and Xe” J. Chem. Phys., 109, (1998) pp. 618-625 doi:10.1063/1.476599
  4. ^ Antti Lignell, Leonid Khriachtchev, Jan Lundell, Hanna Tanskanen, and Markku Räsänen, “On theoretical predictions of noble-gas hydrides”,J. Chem. Phys., 125, 184514 (2006) doi:10.1063/1.2378624

関連項目[編集]