大府市立吉田小学校 – Wikipedia

大府市立吉田小学校(おおぶしりつ よしだしょうがっこう)は、愛知県大府市吉田町4丁目にある公立小学校。

クスノキがシンボルになっている。1920年(大正9年)に民家から貰った高さ1.2mほどの苗が、80余年の歳月を経て幹周り4m、高さ18mに成長し、児童を見守っている。

  • 1907年(明治40年)4月 – 大府第四尋常小学校が設置される[1]
  • 1941年(昭和16年)4月 – 大府町第四国民学校に改称[1]
  • 1947年(昭和22年)4月 – 大府町立第四小学校に改称[1]
  • 1948年(昭和23年)10月 – 大府町立吉田小学校に改称[1]
  • 1958年(昭和33年)5月 – 体育館竣工[1]
  • 1961年(昭和36年)4月1日 – 校歌を制定[1]
  • 1970年(昭和45年)9月1日 – 知多郡大府町の市制施行により、大府市立吉田小学校に改称[1]
  • 1976年(昭和51年)3月 – 石ヶ瀬小学校新設により、森岡地区を校区から分離[1]
  • 1997年(平成9年)8月 – コンピュータ室を新設[1]

通学区域[編集]

  • 大府市[2]
    • 吉田町(まち)全域(北熊場の全部および清水城の一部を除く。)
    • 桜木町全域
    • 高丘町全域
    • 米田町全域
    • 吉川町全域
    • 馬池町全域
    • 宮内町全域
    • 吉田町全域
    • 半月町全域(一丁目を除く)
    • 長草町山口の一部
    • 森岡町九丁目の一部

進学先中学校[編集]

学区 / 校区内の主な施設[編集]

交通アクセス[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]