Category: Wiki

静清バイパス – Wikipedia

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “静清バイパス” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2012年11月) 静清バイパス(せいしんバイパス)は、静岡市清水区興津東町から同市駿河区丸子までを結ぶ国道1号バイパスである。 静清バイパス千代田上土インターチェンジ、静岡市葵区立石にて 終点となる興津インターチェンジ、静岡市清水区興津中町にて 起点 : 静岡県静岡市清水区興津東町(おきつあずまちょう)(興津中町交差点・興津IC) 終点 : 静岡県静岡市駿河区丸子(まりこ)(丸子IC) 全長 : 24.2 km 車線数 :

Continue reading

ドイツ観念論 – Wikipedia

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “ドイツ観念論” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2011年12月) ドイツ観念論の哲学者たち。左上から時計回りにカント、フィヒテ、シェリング、ヘーゲル ドイツ観念論(ドイツかんねんろん、ドイツ語: Deutscher Idealismus)は、18世紀末から19世紀半ばに、ライプニッツやヒュームの流れを組むカント『純粋理性批判』への反動として、主にプロイセンなどドイツ語圏ルター派地域において展開された哲学思想であり、ロマン主義と啓蒙時代の政治革命に密接に関連している。 ポストカント派観念論(post-Kantian idealism)、ポストカント派哲学(post-Kantian philosophy)または単にポストカント派(ポストカント主義、post-Kantianism)とも呼ばれ[1]、主な論者はフィヒテ、シェリング、ヘーゲルであるが、併せてヤコービ、シュルツ(英語版)、ラインホルト、シュライアマハーの貢献も顕著である。 ヘーゲルの死後には老ヘーゲル派(ヘーゲル右派)、青年ヘーゲル派(ヘーゲル左派)などの思想に分岐していった。 ドイツ古典主義哲学やドイツ理想主義哲学とも呼ばれる(これらのような呼称にした場合、該当する思想家が若干異なることがある)。マルクス主義を国家理念の嚆矢とした国々では、ドイツ固有で且つ労働者外的な思索だという意味づけでドイツ市民的観念論(独: der deutsch-bürgerliche

Continue reading

二乗 – Wikipedia

この項目では、仏教の二乗について説明しています。数学の二乗については「自乗」をご覧ください。 仏教における二乗(にじょう)とは、以下の3つを指す。本項目では1番目について解説する。 声聞乗(しょうもんじょう、Śrāvakayāna)と縁覚乗(えんがくじょう、Pratyekayāna)の二つ。 一乗以外の「第二の乗り物」の意[1]。 大乗と小乗仏教の二つ[1]。 語の由来[編集] 「乗」とは、サンスクリットで道や行路を意味するヤーナ(梵: यान yāna)の漢訳で、乗り物という意味[2]。仏の教えは衆生を迷いの此岸から悟りの彼岸へと乗せて運ぶ乗り物であるという考えから、仏の教法を乗といった[2]。 大乗仏教における扱い[編集] 声聞と縁覚の二乗は現世に対する執着を断った聖者(阿羅漢)ではあるが、現実逃避的・自己中心的であり利他の行を忘れたものとして大乗仏教からは小乗と称された[1]。直接に小乗と名指しで非難されたのは、西北インドに勢力を有した説一切有部や犢子部(とくしぶ)などのいくつかの部派であったらしい[1]。 大智度論[編集] 『大智度論』では、小乗と呼ばれた彼らは大願も大慈大悲もなく、一切の功徳も求めようとせず、ただ老病死の苦から脱することのみを求めるとされている[1]。 法華経[編集] 法華経では、二乗の者も本来菩薩であるという開会の立場をとり、二乗成仏を説く[1]。 注釈[編集] 出典[編集] ^ a b

Continue reading

東磐井郡 – Wikipedia

岩手県東磐井郡の範囲(薄黄:後に他郡に編入された区域) 東磐井郡(ひがしいわいぐん)は、岩手県にあった郡。 明治12年(1879年)に行政区画として発足した当時の郡域は、概ね以下の区域にあたる。 郡発足までの沿革[編集] 区分 村名 所属代官区 所轄郡奉行 東山(46村) 仙台藩領(34村) 藤沢本郷、相川村、赤生津村、薄衣村、大籠村、大原村、長部村、小島村、上折壁村、下折壁村、門崎村、黄海村、釘子村、猿沢村、渋民村、砂子田村、千厩村、曽慶村、田河津村、築館村、津谷川村、天狗田村、鳥海村、中川村、長坂村、新沼村、濁沼村、西口村、浜横沢村、保呂羽村、増沢村、松川村、舞草村、母体村 大原代官所千厩代官所 奥郡奉行 一関藩領(12村) 上奥玉村、中奥玉村、下奥玉村、金田村、熊田倉村、北小梨村、南小梨村、清水馬場村、摺沢村、寺沢村、徳田村、仏坂村 明治元年 明治2年 2月30日(1869年4月11日) – 沼田藩取締地が上野前橋藩取締地となり(ただし、旧一関藩領東山は前橋藩の取締から除かれる)、伊沢県を称する[1]。

Continue reading

冷房 – Wikipedia

冷房(れいぼう)とは、室内の空気を冷やすこと[1]。 一般に空気調和設備(空調設備/エアコンとも)などにより、冷風を送るなどすることをいう。外気温度あるいはエンタルピー(熱含量)が室内の目標とする温度よりも低い場合は、外気を積極的に取り入れて外気冷房を行うこともある。一般的には夏場(日本の関東地方〜九州においては6月から9月あたり)に必要とされる。 人の身体は、体感温度が体温以上になると行動が緩慢になり、判断力が鈍り、最終的には脱水症状を起こし死に至る。 近代になって冷房が誕生するまでは、太陽から発せられる輻射放射熱は人の活動範囲を制限し、時に命を奪った。人は暑さから逃れるためにある時は物陰に隠れ、ある時は涼を求めるために木陰で休息し、またある時は日傘などの覆いを用いて直射日光を避けた。時には水の蒸発熱(気化熱・潜熱)により、周辺気温が低くなる海辺や河辺等の水辺に集い、水浴びなどして暑さから逃れる方法を動物から学び、実践した。また、緯度や高度が異なる涼しい避暑地に転地して暑さを避けた。 氷を人工的に作ることが出来なかった時代、緯度により降雪のある地域では、根雪が固まった氷や雪を自然にできた洞穴や鍾乳洞などを利用して氷室(ひむろ)とし、夏季まで保存して涼を取るために用いた。 かつて低緯度の多くの地域では、強烈な日差しに見舞われる昼間は外出を避け、夕方から夜に出歩く習慣があった。冷房の普及は低緯度地域の人間の行動を大きく変え、昼間も活発な活動が可能になった。北米におけるサンベルト地域の隆盛や、東南アジアなどの経済発展は、空調設備の普及なしでは考えられない。 一方でエアコン排熱は室外の気温を上昇させる。この現象を「熱汚染」と呼ぶ。日本の大阪市では猛暑だった2018年7月、熱汚染による気温押し上げが最大0.27°Cあったと産業技術総合研究所は推測している[2]。 原始時代、人は、自由に扱えないながらも火を持ったことで、暖を取り、寒さを避けられるようになり、地球的規模で活動範囲を広くすることができるようになった。一方で、暑さから逃れるには、自然の日陰や風を利用した天然冷房に頼るのみであった。日本では、鎌倉時代末期の随筆家で詩人兼好法師の随筆『徒然草』の一節「住まいは夏を旨とすべし」にあるように、夏の暑さには抗えなかった。 ルネサンス期、天才と呼ばれるレオナルド・ダ・ヴィンチにより発明された水車を動力とする換気扇は、冷房機器の原型の一つである。換気扇は空気を強制的に移動させることで、人工的に風を作ることができる。大気は密度があり、濃い密度から低い密度へと拡散する。空気は、流れる時に周辺温度を吸収する一方、隙間などを通過する際には温度を奪われる。人体の感覚で、風に当たり涼しいと感じるのは、空気が体表面の熱を奪っていくことに他ならない。換気扇は、現代では動力こそ水車から電気に変っているが、現代においても欠かせない代表的な空気調和機器の一つである。 人が人工的に涼を取る術を手に入れるまでには、長い年月がかかる。レオナルド・ダ・ヴィンチの時代から数百年を経た1906年、後に「冷房の父(The Father of Cool)」または「空気調和の父(Father of Air Conditioning)」、時には「冷房の王(King of Cool)」と呼ばれるウィリス・キャリア(電機メーカーキヤリアの創始者)が現代の冷房用機器を発明し、The ‘Apparatus for

Continue reading

カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄 – Wikipedia

『カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄』(カケフくんのジャンプてんごくスピードじごく)は、ビック東海が1988年7月22日に発売したファミリーコンピュータ用のアクションゲーム。ゲーム発売当時に活躍していた人気子役のカケフくんが主人公に起用されている。 北米では『Kid Kool』というタイトルで発売されている[2]。 実在の芸能人をモチーフにしたキャラクターが登場するタレントゲームの一つで、主人公のカケフくんを操作してゲームを進めていく。ゲームのジャンルとしては、一人プレイ用の横スクロールアクションゲームで『ジャンプ天国 スピード地獄』のタイトルが示す通りジャンプと高速移動を売りにしている[2]。さらに、ゲームをどれだけ早くクリアしたかによってゲームの結末が変化する点も特徴である。 難易度は非常に高く、『ゲームセンターCX』(2003年 – )にて挑戦した際に超難関ソフトとして名を馳せる『高橋名人の冒険島』(1986年)を超えると称された[2]。さらに、最低でも3時間以内に全ステージをクリアしないと、グッドエンディングが見られないという厳しい仕様となっている[2]。 ストーリー[編集] 舞台はアフリカの東のはずれ、地図にも載っていない小国である「ポコニョッコリ王国」。ポコニョッコリ王国は小さいながらも豊かで平和な国であったが、あるとき国王であるポコニョッコリ5世が病気になってしまう。国王の病気を治すには、危険な仕掛けや猛獣たちが蔓延る「シビレタ連邦共和国」に生えている7つの薬草が必要だが、平和な生活に慣れてしまったポコニョッコリ王国の国民たちには手が出せないでいた。 そのさなか、夏休みの特番ロケのためにアフリカに向かっていた日本の人気子役・カケフくんが乗る飛行機が墜落。スタッフと離れ離れになり、命からがらポコニョッコリ王国に辿り着いたカケフくんだったが、その噂を聞いた王様と侍従長は彼を「王様を救いに空からやって来た勇者」だと勘違いしてしまう。王宮へと招かれたカケフくんは、そこで王様と侍従長から三日以内に7つの薬草を集めないと王様の命が危ないと協力を依頼されることとなり、一人旅立つのだった。 ゲームの内容[編集] できるだけ早い時間で全ステージクリアを目指すタイムアタック要素のあるアクションゲームとなっており、プレイ中は常に画面上部に累計プレイ時間が表示されている。設定上では、実時間での1時間がゲーム内の1日に設定されており、時間経過に応じて空の色が変化したりする。基本的には、ゲーム内での3日間=実時間での3時間以内に全ステージクリアを目指すのが目標となる。 ダッシュによる移動とジャンプが基本操作となっており、ダッシュ中は一定以上の速度を保ったまま勢いよく水面に突っ込むことで、水切りのように水面を跳ねることのできる「水面ホップ」というアクションも存在する。ジャンプは段差を飛び越えたりするのに使うだけでなく、敵を踏みつけることで攻撃にも使うことができる。 道中では様々な敵やギミックが登場し、カケフくんの行く手を阻む。一方で時にはアイテムが手に入ることがあり、入手するとゲームを有利に進めることができるようになる。特に、本作唯一の味方キャラクターである「ウィッキー君」は敵に投げつけることで攻撃に使ったり、所持している間は敵の攻撃を一度だけ防いでくれたりするなど、攻守において重要な存在となる。 穴や水中に落下したり、ウィッキー君を所持していない状態で敵に接触したりするとミスとなり、残機を一つ失う。残機は特定のアイテムやステージクリア時のボーナスゲームで増やす事ができるが、残機が無い状態でミスをするとゲームオーバーとなる。また、ゲームクリアについては最終ステージをクリアするまでにかかった時間によって結末が変化するマルチエンディング式となっている。   ステージ[編集] 主人公であるカケフくんの目的は、決められた時間内に各ステージをクリアし、7つの薬草を集めることである。ゲームは7つのラウンド(エリア)で構成されており、一つのラウンドには3つのステージが存在する。各ラウンドの最終ステージには薬草を守るボスが存在する。なお各ステージ名と、ステージに対応する薬草は以下の通りである。

Continue reading

愛と死の砂時計 – Wikipedia

『愛と死の砂時計』(あいとしのすなどけい)は集英社『別冊マーガレット』1973年8月号に掲載された和田慎二による漫画作品。 和田慎二のメインキャラである「神恭一郎」のデビュー作品。主人公である女子高生と親友とクラスメイトが、殺人罪で死刑を宣告された婚約者の無実を証明するために奔走する。 作者曰く「元々は『犯人はお前だ!!』系の作品だったが、それではインパクトが弱いし何度も読み返せず飽きられてしまうと編集者に言われてしまった。さまざま熟考していく内、中盤~後半部分から先に犯人を明かし、その犯人の手口をどうやってあぶりだしてゆくか、という倒叙ものになった。この作品が自分のミステリの主流になっていった」という。作品内容はコーネル・ウールリッチ(ウィリアム・アイリッシュ)の『幻の女』が元ネタ。 警察と共に現場で保本を待ち伏せして「犯人はお前だ!」と手錠をかけて警察に引き渡し、翻って「お前は犯人じゃない!」と獄中の保本に正反対の言葉を言い切り、神恭一郎は逮捕前と逮捕後とで不一致のキャラクターとなった。 あらすじ[編集] 女子高生・雪室杳子(ゆきむろ ようこ)は高校の友達に祝福されて、恋人である担任教師・保本登と結婚する筈だった。ところが、式の直前に2人の交際と結婚に反対していた「東雲学園高等学校」の学園長が何者かに惨殺される。その容疑者として保本が学園長に護衛を依頼された私立探偵・神恭一郎に「お前は学園長を殺して逃げ出した後でこのライターを落としたことに気がつき、ここに取りに戻って来た。」と見ていたような作り話で犯人だと決めつけられて逮捕され、死刑判決を受けてしまう。自身で手錠をかけておきながら早すぎる判決に裏に何かあると考えた神、親友・紅崎麻矢やクラスメイトと共に登の無実を証明しようとする杳子だったが、その証人となる人物は次々と何者かに殺害されてしまう。保本が学園長を殺害して学校を飛び出したと証言した用務員[1]は後頭部を殴打されて殺され、T海岸のオーナーが死んだために打ち捨てられた水族館の空腹を強いられる魚に遺体を貪られるという最も惨い扱いだった。保本の死刑が執行される当日、杳子と神は犯人をあぶり出すために罠を仕掛ける。真犯人を告げられ信じたくなかった杳子だが、強力な証人になり得る紫の服の少女に変装した自身を殺そうとしたことで証明されてしまう。実は、真犯人は親友だと信じた麻矢だった。彼女は「友を装う敵」だったのである。 学園長は昔、紅崎社長の家で赤ちゃんだった頃の麻矢(杳子)の乳母をしており、貧乏を苦に心中した娘夫婦が残した孫娘を抱えて途方に暮れ、魔が差して2人の赤ちゃんをすり替えて真の麻矢である杳子を孤児院の前に捨てたのだった。自責の念は大きくなるばかりで物心ついた麻矢に祖母だと名乗りをあげ、罪滅ぼしのつもりで杳子を援助していたが、麻矢を引き取って2人で暮らせるだけの蓄えはあるからと保本に間に立って貰って紅崎夫妻に打ち明けて杳子を返し、麻矢と共に生きる覚悟を決めたのだった。しかし、紅崎夫妻を両親と慕い今の生活を失うまいとする麻矢にとっては身勝手すぎる選択だったため、反発が殺意に発展すると予想して神に護衛を依頼しながらも孫だと油断した隙を突かれて学園長は麻矢に絞殺された。用務員が保本に容疑がかかる偽証を行ったことにより、想いを拒まれた片恋の逆恨みもこめて死刑に追いやり、彼の心を奪った杳子を苦しめる復讐を実行することを麻矢は決意した。 その後も先手を打って事件解決と自身の破滅に繋がる手がかりになり得る人物の抹殺を行った麻矢だったが、死刑前日までなす術がなく後手後手に回る状況に疑問を抱き原点に戻って再調査により神は麻矢が真犯人だと見破り、その事実を告げられても信じたくなかった杳子と協力して罠に嵌めて真相が暴かれて保本の無実は証明された。死刑執行の日が迫る中で保本が自身の無実を証明できるかもしれないと神の友人で別マのまんがスクール[1]で勉強した漫画家・岩田慎二[2]が似顔絵を描いた自殺未遂の紫の服と香りのするペンダントをした少女は紅崎家と似たような複雑な家の出自であり、一旦は保本の説得で自殺を思いとどまったかに思われるも結局は再び自殺を図り亡くなっていたことが事件解決後に明らかになる。その陰で、殺人に殺人を重ねなければならない状況に追いつめられた麻矢の悲劇があり、彼女もまた実の祖母により運命を狂わされた被害者だった。 書籍情報[編集] コミックス[編集] 愛と死の砂時計 1974年4月20日発売 ISBN 4-08-850150-0 〈マーガレット・コミックス〉集英社 姉貴は年した!?(1972年 別冊マーガレット8月号) パパとパイプ(1973年 別冊マーガレット6月号)

Continue reading

女満別町 – Wikipedia

朝日ヶ丘展望台 ひまわり畑 女満別町(めまんべつちょう)は、北海道網走支庁管内の網走郡に属した町。女満別空港の所在地として知られる。 町名の由来はアイヌ語の「メマンペッ」(泉池がある川)。 2006年3月31日、東藻琴村と合併し、大空町となった。 網走支庁東部に位置する。 159.02 km2の総面積のおよそ1/3は網走湖が占める。 北緯43度54分 東経144度10分、北海道のオホーツク地方に位置する。台地と、網走川流域の低湿地で構成され、高台(東部に広がる台地)では畑作、低台(網走川流域の低湿地)では水稲を中心とした農業が発達している。 旭川と網走を結ぶ国道39号、JR石北本線が町の中心部を通る。また、町内に所在する女満別空港は年間100万人を超える利用客がある。 女満別湖畔は北海道景観100選に選ばれている。 隣接していた自治体[編集] 石器時代より栄えた。石錘・石鏃などが発掘されている。 1808年(文化4年) – 幕府の天領となる。 1821年(文政4年) – 一旦松前藩領に復す。

Continue reading

旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷 – Wikipedia

ハーグにある裁判所の建物 旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(きゅうユーゴスラビアこくさいせんぱんほうてい、International Criminal Tribunal for the former Yugoslavia, ICTY(アイシーティーワイまたはイクティ))は、国際連合の安全保障理事会決議827によって1993年5月に設置された、旧ユーゴスラビア紛争の戦後処理を目的とした国際司法機関。正式名称は1991年以後旧ユーゴスラビアの領域内で行われた国際人道法に対する重大な違反について責任を有するものの訴追のための国際裁判所(International Tribunal for the Prosecution of Persons Responsible for Serious Violations of

Continue reading

高橋広樹 – Wikipedia

発売日 商品名 歌 楽曲 備考 2000年 6月21日 HUNTER×HUNTER キャラクターIN CDシリーズ Vol.3「ヒソカ」 ヒソカ(高橋広樹)、ミト(木村亜希子) 「ゆれて神田川」 テレビアニメ『HUNTER×HUNTER』関連曲 2001年 2月21日 ミュージカル「HUNTER×HUNTER」 ヴォーカルソングコレクション ヒソカ(高橋広樹) 「大きなリンゴの木の下で」

Continue reading