紀元前651年 – Wikipedia

世紀 前8世紀 – 前7世紀 – 前6世紀
十年紀 前670年代 前660年代
前650年代
前640年代 前630年代
前654年 前653年 前652年
紀元前651年
前650年 前649年 前648年

紀元前651年(きげんぜん651ねん)は、西暦(ローマ暦)による年。紀元前1世紀の共和政ローマ末期以降の古代ローマにおいては、ローマ建国紀元103年として知られていた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前651年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

  • 干支 : 庚午
  • 日本
    • 皇紀10年
    • 神武天皇10年
  • 中国
    • 周 – 襄王元年
    • 魯 – 僖公9年
    • 斉 – 桓公35年
    • 晋 – 献公26年
    • 秦 – 穆公9年
    • 楚 – 成王21年
    • 宋 – 桓公31年
    • 衛 – 文公9年
    • 陳 – 宣公42年
    • 蔡 – 穆侯24年
    • 曹 – 共公2年
    • 鄭 – 文公22年
    • 燕 – 襄公7年
  • 朝鮮
    • 檀紀1683年
  • ユダヤ暦 : 3110年 – 3111年

できごと[編集]

中国[編集]

  • 周の宰孔・斉の桓公・魯の僖公・宋の桓公・衛の文公・鄭の文公・許の僖公・曹の共公が葵丘で会盟した。
  • 晋の献公が死去し、里克中国語版丕鄭中国語版が重耳を迎えようとして乱を起こした。里克は献公の子の奚斉を殺した。荀息中国語版が卓子を国君に迎えた。里克が卓子を殺すと、荀息は殉死した。
  • 斉の桓公が晋の乱を収拾するべく諸侯の軍を率いて晋を攻撃し、高梁まで進軍して帰還した。
  • 晋の夷吾が郤芮の助言に従って秦に黄河西岸の5城の割譲を約束し、帰国の援助を得た。斉の隰朋中国語版が軍を率いて秦軍と合流し、夷吾を晋に帰国させた。夷吾は国君として即位した。これが晋の恵公である。
  • 宋の襄公が即位し、庶兄の目夷中国語版を左師として国政を委ねた。
  • 宋の桓公
  • 晋の献公
  • 驪姫
  • 奚斉
  • 卓子
  • 荀息中国語版
[脚注の使い方]