石立鉄男 – Wikipedia

石立 鉄男(いしだて てつお、1942年7月31日 – 2007年6月1日)は、日本の俳優。

神奈川県横須賀市出身。俳優座養成所第13期生、文学座座員を経て、1970年テレビドラマ「おくさまは18歳」の主演で大ブレーク。1980年代にかけてホームドラマ(疑似家族物語)の主演を数々務め、コミカルで人情味のある憎めない三枚目役でもち味を発揮するとともにアフロヘアー、独特の声、言い回しで人気を博した。

生い立ち・青年時代[編集]

1942年(昭和17年)7月31日(金曜日)、神奈川県横須賀市で養鶏業を営む父(石立光男)と母(石立ユリ子)の四男として誕生[2]。男兄弟5人で男性中心の家庭であった。父親からは「人に迷惑をかけるな。何をやってもいいが、その道の大物になれ。泥棒になるなら大泥棒になれ」と幼い頃から教えられていたという[3]

石立鉄男は本名。戦勝ムードが残る軍港・横須賀では当時、軍需物資として鉄が貴重とされていたことが名前の由来とされている[4]

敗戦後、米軍基地の街と化した横須賀で幼少から青年時代までを過ごす。このとき、米兵にもらったチョコレートやチューインガムの美味しさを知るが、米兵相手に身売りする近所の女性を目の当たりにした経験が子供心にも傷となり、その後の自分の女性関係にも限りなく影響を与えたと語っている[5]

中学、高校ではバスケットボールに打ち込む、ごく平凡なスポーツ少年であったが、男ばかりの兄弟で学校も男子校であったため、何かにつけて反抗し、進路相談の担任とも大喧嘩するなど、反骨精神が強かった。

あるとき、役者志望の友人が俳優座養成所を受けると聞き、興味本位で受験したところ、自分だけが合格。全国から1400名余りの応募がある中、合格者僅か43名という狭き門であった。俳優になるつもりは全くなかったが、自分と同じく合格発表を見に来ていた佐藤オリエを見て、「こんなきれいな子が入るならば」と入所を決めた[5]

俳優座研究生時代[編集]

1961年(昭和36年)俳優座研究生第13期生として入所。同期生に笹岡勝治、細川俊之、横内正、佐藤友美、結城美栄子、服部まり子、佐藤オリエ、真屋順子、夏圭子、勝部演之、加藤剛などがいる。中でも笹岡、細川、横内の3名は石立にとって当時を過ごした同じ貧乏仲間として特別な存在の同級生であった[6]

入所するまで俳優座創設者の千田是也と小沢栄太郎のことを知らず、教員から「ここに何しにきたんだ?」と言われて奮起する。本格的に演劇を学ぶため、膨大な本を読み、「人生の中で一番勉強した」と語っている[5]

笹岡勝治、細川俊之と3人で麻布にある民家の2階4畳半を間借りし、共同生活を送っていた時期がある。実家の仕送りがあったため、自分が家賃を負担していたが、それだけでは足りないので六本木の地下鉄工事のアルバイトをしながら学費を稼いでいた[6][3]

1960年、安保闘争があり、左翼思想の新劇関係者、俳優座も千田是也を筆頭に反対デモに参加する。養成所にも余波が及び、石立も国会デモに参加したが「何かが違う。高倉健や菅原文太みたいになりたかったはずなのに」と思っていたという[5]

21歳のときにテレビドラマ『愛の系譜』(1963年)でデビューし、同年にドラマ『まごころ』で初主演する。続くドラマ『夏』で、のちに交際・結婚相手となる女優の吉村実子と初共演する。このドラマの打ち合わせに現れた石立は、よれよれのTシャツに短パン姿、ビーチサンダル履きとだらしがなく、吉村にとっては悪印象であったが、本読みが始まった途端にその印象は消え、石立の才能に惹かれたと後述している[7]

養成所時代はずっと演技をすることが恥ずかしくて嫌だったが、同期の佐藤友美が卒業公演の練習で涙を流して一生懸命取り組む姿を見て、芝居をもう一度、一から勉強しようと決意。「彼女のおかげで芝居が好きになった」と晩年、打ち明けている[6]

文学座時代[編集]

1964年3月、俳優座養成所卒業公演『お気に召すまま』(W・シェイクスピア作)の演技で注目され、文学座研究生となる。同年、NHKドラマ『ふりむくなマリー』で吉村実子と再び共演、脚光を浴びる。

1965年(当時23歳)、文学座公演『花咲くチェリー』で北村和夫演じる主人公の息子役を演じ、作家の水上勉の目にとまる。翌年、水上が文学座のために書き下ろした戯曲『山襞(やまひだ)』で大役を果たし、座員に昇格。「ハムレットをやれる男」と演劇界における最高の誉め言葉で呼ばれた[3]

映画デビュー作品は1964年の『血とダイヤモンド』(東宝)。文学座にいた5年間に20本以上の映画に出演した[8]。代表的作品として『若者たち』シリーズの他、1966年(当時24歳)『愛の渇き』主演の浅丘ルリ子、1967年(当時25歳)『父子草』主演の渥美清の相手役として物語の要となる青年役を演じた[9]

1969年(当時27歳)、ヨーロッパに長期旅行のため、文学座を一時休座する[10]。ドラマ撮影のため、一時帰国するも、数か月後に再び渡航し、単身アメリカ・ニューヨークで4か月を過ごす。このとき、オフ・ブロードウェイで水とパンと卵だけで暮らしている役者の卵たちから言われた「まずはスターになれ。有名になれば自分のやりたい芝居が出来る」の言葉に触発され、帰国したあとの1970年9月、文学座に退団届を出す[3]

人気俳優として(1970年代から1980年代)[編集]

文学座退団後から活動の場がテレビに移り、1970年代から1980年代にかけてアフロヘアーと独特の口調で知られる個性派俳優として活躍するが、退団後間もない1970年代前半の頃は、新劇出身の役者として自由な演劇スタイルを試み、山口崇、左時枝、小山田宗徳らと「ゲバラ財団」(演劇グループ)を結成し、毎週日曜の夜に渋谷ジァン・ジァンで入場無料のアングラ演劇を行っていた。1972年には日本初公演となるブロードウェイ・ミュージカル『スイート・チャリティ』のオスカー役を務め、宝塚の真帆志ぶき、俳優の宝田明、川崎麻世らと共演する。

テレビの出世作は、夫婦であることを周囲に隠し続ける教師と生徒をコミカルに描いたドラマ『おくさまは18歳』(当時28歳)。新劇出身であったため、少女漫画雑誌『マーガレット』の漫画が原作と知り、オファーに戸惑ったが、「シリアスものはいつでも出来る」と考え引き受ける。実際「コメディは、やればやるほど奥が深かった」と語っている[3]

このドラマの大ヒットを受けて、次のドラマ『おひかえあそばせ』(日本テレビ)の主演が決定する。人気は急上昇し、当時18歳から34歳女性の人気調査(日テレ・アドリサーチ調査)では石坂浩二に次ぐ2位と報じられた。ちなみに3位以降は石原裕次郎、堺正章と続く[11]

以後、『気になる嫁さん』、『パパと呼ばないで』、『雑居時代』、『水もれ甲介』、『気まぐれ天使』、『気まぐれ本格派』と通算8年にわたり、日本テレビとユニオン映画製作、松木ひろし脚本によるホーム・コメディドラマ(疑似家族物語)の主演を続け、お茶の間の人気者となる。また、ドラマの放送時間がどれも毎週水曜日の夜8時であったため、マスコミからは「水曜夜8時の男」と呼ばれた[12]

石立をドラマの主演に起用した経緯として、脚本担当の松木ひろしは「当時アメリカにいたトニー・カーチスやロック・ハドソンのように喜劇の出来る二枚目俳優を探していたところ、顔が二枚目で、芝居は三枚目もシリアスな役も出来る珍しい俳優さんだったから」と述べている[13][14]

早口でまくしたてる台詞回しや独特の甲高い声、アフロヘアーは本人の役作りによるものである。『パパと呼ばないで』(1972年)[15]で流行した「おい!チー坊」(杉田かおる演じる姪の千春を呼ぶ時の台詞)は渥美清が演じた寅さんに影響を受けたとし、喜劇やホームドラマをやるときの鉄則として地声を1オクターブ高く上げたりすることで、言葉の意味よりも音として心地良さを出す工夫をしていたという。また、背が高いため、相手に威圧感を与えないよう、わざとズボンを下げて脚を短くみせたり、猫背にしていた[5]

トレードマークともいえるアフロヘアーは、三枚目が三枚目をやるのはたやすいが、自分のように中途半端な二枚目が三枚目を演じるのは難しいため、髪型もコメディをやるときの道具と考えていたという[16]

1980年代には大映テレビ製作のドラマの常連としても活躍する。代表作に『噂の刑事トミーとマツ』(当時37歳)、『スチュワーデス物語』(当時41歳)、『少女に何が起ったか』(当時42歳)など。『少女に何が起ったか』では深夜0時にピアノを練習する主人公・野川雪(演・小泉今日子)のもとを訪れ「薄汚ねえシンデレラ!」と脅す憎まれ役の刑事を演じ、この台詞も流行した。

また、エースコック「わかめラーメン」のCM(1983年)では「お前はどこのわかめじゃ〜」のセリフでも、お茶の間に親しまれた。

晩年[編集]

40代後半から主演作品がほぼなくなり、サスペンス劇場やドラマスペシャルの脇役が中心となっていく[9]

45歳から15年間、友人で俳優の勝呂誉とペットビジネスを兵庫県西宮市で展開する。4階建てのビルを構え、1階はペットショップ、2階はペットサロン、3階はペットホテル、石立は4階を自宅にし、宣伝担当として店先に立ったり、アメリカに首輪やリードの仕入れにも出かけた。店舗を尼崎、新大阪など4つに広げたが、1995年の阪神淡路大震災による被害で本店以外を閉店。経営から退いた[17]

56歳のとき、別居状態にあった吉村実子と正式に離婚する。翌年、都内から静岡県熱海市に移住する。友人がもつ別荘を住まいとし、仕事のときだけ上京する暮らしを始めた[5][18]。市内では麻雀店「優」の経営もしていたとされる[19]

60代手前で映画監督秋原正俊のオファーを受け、インターネット配信ドラマ『1+1』(2001年)に俳優の名古屋章とダブル主演する。続く『Break Out!』(2004年、翌年劇場公開)にも主演し、ネット時代に合わせた新しいスタイルの情報発信に関わった他、ブレイクアウトでは元ドラマー役だったことから楽器演奏にも初挑戦した[20]

遺作[編集]

俳優として最後となった出演作品は、映画『キャプテン・トキオ』(2007年)。元俳優でスクラップ小屋に暮らす謎の老人という役を演じた。登場シーンが数分と少ないが、監督した渡辺一志曰く「正体をひた隠しにして心を閉ざした、ああいう人間が自分が俳優だったと明かして、映画作りは戦いだ、ということを力説する。あれだけの説得力を出せるのは彼しかいなかった」とインタビューに答えている[21]

テレビドラマとしては、『土曜ワイド劇場』の『警部補・藤井若葉の癒しの事件簿~犯罪被害者相談室から~』(2007年3月31日、テレビ朝日系、撮影は1年前)。大地真央主演のテレビシリーズで、課長刑事役を演じた。プロデューサーの杉村治司は「昔はわがままな人と聞いていたので出演依頼のときに用心していたが、きさくでいい味を出す俳優さんだった」と述べている[22]

死去[編集]

2007年6月1日午前11時、就寝中に急性動脈瘤破裂を発症し、静岡県熱海市の自宅で死去した。64歳没。秋に出演が決まっていた舞台を楽しみにしており、亡くなる4日前には打ち合わせのため、上京していた。葬儀・告別式は熱海市の成田山快長院で営まれ、喪主は長男の大和が務めた。当初は近親者のみで執り行われる予定だったが、大映テレビ制作のドラマで多く共演した宇津井健、杉浦直樹、勝呂誉、俳優座の先輩である冨士眞奈美、大山のぶ代・砂川啓介夫妻、俳優座同期の横内正など、多くの芸能関係者、親族、友人ら約100人が弔問に訪れた[22]。棺には愛用の将棋の駒が入れられた[23]。墓所は鎌倉霊園にある[24]

  • 性格は非常にシャイで、ドラマの休憩中は一人で喫煙所に行き、ずっとタバコを吹かしているような人物だった。
  • 将棋が趣味でアマチュア四段の腕前をもっていた(NHKの将棋対局などに出演したことがある)。宮田利男を始めとするプロ棋士たちともプライベートでの交流があった。
  • バラエティ番組への出演には消極的だったが、バラエティ番組でブレイク前の時期の杉田かおるが「(石立と)セットが条件で」と番組出演を頼むと「俺が承諾すれば、お前(杉田)は出られるんだな?」と言って出演するなど、かつて共演した俳優仲間への義理堅さもあった。
  • 石立の芸能人としての最後の仕事は、死去3週間前の2007年5月13日に『ウラネタ芸能ワイド 週刊えみぃSHOW』(読売テレビ、関西ローカル)の「あこがれのあの人 数珠つなぎ」コーナーへの出演であった。自身の役者人生を振り返り「全盛期には5億から10億ぐらい稼いだのに、全部バクチで使い切った」とのエピソードを語ったのが最後となった。
  • 21歳のときにドラマで共演した吉村実子と交際期間を経て、1968年(当時25歳)で結婚。28歳のときに長男、30歳のときに次男が誕生するも、間もなくして家出したきり帰らず、1998年(当時56歳)に離婚するまで別居状態であった。
  • 息子たちの名前は『古事記』から石立が名付けた。長男(大和)・次男(隼人)。次男の名前は当時区役所で拒否され喧嘩となるも、4年後に制限撤廃されて認められたという[3]
  • 2004年に白内障の手術をし、左目の半分を失明していた[18][5]
  • ヘビースモーカーで「1日に70本吸う」と23歳のときに応じた週刊誌の取材に答えている[25]。また、訃報記事においても1日に何箱も吸っていたと知人の証言が紹介されている[22]
  • 趣味は、将棋、ゴルフ、相撲鑑賞、陶芸、錦鯉、飲む、買う、打つの8つと答えていたが、晩年は主にゴルフと将棋を続けていた[5]
  • 熱海では愛犬3匹を飼っていた。一匹目はキャバリア(アトム・雄)で、都内に住んでいたとき、近所で繁殖をしていた知人から譲り受けた。都内で余命1年と言われ、熱海に連れてきたが空気が良かったせいか3年長生きしたという。もう一匹は自身が経営するペットショップにいた虚弱体質のトイプードル(レオ・雄)で、介抱している内に自分が飼うことにした。もう一匹はミニチュアダックスフント(メル・雌)。犬の名前は全て手塚治虫の漫画の主人公から付けた。また、いつかフレンチブルドックを飼ってみたいと取材に答えていた[17]
  • 死去する2007年に受けた雑誌取材にて「これから演じてみたい役は?」と問われ、「役者は使われる側の人間で素材であるから、そんなものをもったら大変だよ」と答えた上で、「でも、若い頃には一つあった。ロミオをやりたかったなあ。」と言い残している。インタビュアが「楽しいロミオになったでしょうね」と返すと「そうかな。繊細な表現になると思うよ。もともと僕は新劇出身。舞台人だから知性をもって臨んだことでしょう」と結んだ[17]
  • どぶ板通り商店街(神奈川県横須賀市本町)の路面に横須賀にゆかりのある著名人の手形レリーフが敷かれている[26]

舞台[編集]

  • 1963年「相宿」(俳優座養成所定期公演)
  • 1964年「お気に召すまま」W・シェイクスピア=作(俳優座第13期生卒業公演)
  • 1965年「花咲くチェリー」ロバート・ボルト=作、主人公の息子、文学座公演
  • 1966年「山襞」水上勉=作、鉄次 、文学座公演
  • 1966年「欲望という名の電車」集金人、文学座公演 日本初演
  • 1967年「シラノ・ド・ベルジュラック」子爵、文学座創立30周年記念公演
  • 1967年「大寺学校」青年役、文学座創立30周年記念公演
  • 1967年「花咲くチェリー」(再演)、文学座公演
  • 1968年「スウェーデンの城」フランソワーズ・サガン=作、文学座公演
  • 1968年「美しきものの伝説」宮本研=作、荒畑寒村、文学座公演
  • 1968年「黄金の頭」セベス、文学座アトリエ公演
  • 1969年「五稜郭血書」漁師、文学座公演
  • 1971年「ゲバラ1971東京」ゲリラ1、ゲバラ財団公演[27]
  • 1971年「ばら戦争又は血」アートシアター新宿文化
  • 1972年 ミュージカル「スイート・チャリティ」オスカー、日生劇場(5/2~22 全25回)日本初演
  • 1977年「夕食は外でしたら?」福田陽一郎=演出・脚本、アリステア、西部劇場
  • 1979年「おかしな二人」ニール・サイモン=作、福田陽一郎=演出 フィリックス 杉浦直樹とW主演
  • 1980年「おかしな二人」(再演)
  • 1985年 ミュージカル「カサノバ’85」福田陽一郎=演出、主演=カサノバ、西武劇場
  • 1999年5月 森進一座長公演 第一部「坊ちゃん」赤シャツ、新宿コマ劇場(全15回)
  • 2001年1月 森進一新春公演 第二部「坊ちゃん」赤シャツ、大阪・梅田コマ劇場

ラジオドラマ[編集]

  • 1965年 NHK放送劇 だるま船の唄(11月20日)
  • 1966年 NHK放送劇 野にさけぶ(1月15日)石川啄木の友人
  • 1966年 NHK芸術劇場 金色堂(9月25日)
  • 1967年 NHK芸術劇場 賽の河原の鬼ン婆(4月16日)
  • 1968年 NHK文芸劇場 潮けむり(1月12日)鯨漁師の息子
  • 1968年 NHK文芸劇場 潮騒(6月30日)主人公の漁師
  • 1968年 NHK芸術劇場 安達原(7月6日)イタリア賞参加
  • 1999年 NHK青春アドベンチャー 蒲生邸事件(2月15日)タイムトラベラー

テレビドラマ[編集]

Webドラマ[編集]

  • 1+1(2002年11月18日~配信、Toshiba Web Street) – W主演:石立鉄男、名古屋章
  • Break Out!(2004年、Toshiba Web Street) – 阿久根瞬

映画[編集]

吹き替え[編集]

Vシネマ[編集]

  • キタの帝王 闇の法廷伝説(1996年、渡辺護監督、ミュージアム) – キヨハラ
  • PAZUZU 殺し屋パズズ(2000年、渡辺武監督、ミュージアム) – パズズの相棒

バラエティ[編集]

通販番組[編集]

  • モーニングテレショップ(2000年10月、テレビ東京)
  • 朝イチ!テレショップ (2000年10月・2001年3月 テレビ朝日)
  • 特選!買い物サタデー (2001年10月、テレビ東京系列)

CM[編集]

レコード絵本[編集]

  • 『ピーターとあおいはな』声・石立鉄男、ジーン・ロッシェフホール作、名木田恵子訳(祥文社、1975年10月)
  • 『おくびょうなトラくん』声・石立鉄男、マルティーン・モラ、クリスチャン・アレール=作、名木田恵子訳(祥文社、1975年10月)

レコード[編集]

  • ドラマ「水もれ甲介」挿入歌「さみしいナ…」(SONY、1974年)
  • ドラマ「さらば女ともだち」(主題歌・挿入歌)杉浦直樹とのデュエット(東芝EMI、1983年)
  • 優しさゲーム(EP版)、山内絵美子とのデュエット(ワーナー、1983年)
  • 優しさゲーム(LP版)、山内絵美子とのデュエット(ワーナー、1983年)[34]

CD[編集]

  • ISHIDATE TETSUO VOICE(カエルカフェ製作、2001年12月20日発売)
  • 「1+1」名古屋章、石立鉄男、DJ Takawo(カエルカフェ製作、2003年)
  • 劇中歌集「ゲバラ・71・東京」(ディスクユニオン、2019年7月3日発売)[35]
  1. ^ 映画チャンネルNECO 石立鉄男の部屋 プロフィール
  2. ^ 佐貫百合人『役者烈々 俳優座養成所の軌跡』、三一書房、1995年、51頁
  3. ^ a b c d e f 「週刊現代」1977年11月インタビュー
  4. ^ 「週刊女性」1965年4月21日号、本人インタビュー
  5. ^ a b c d e f g h 文化放送「くにまるワイドごぜんさま~ゲストコーナー:石立鉄男」(2005年10月放送)
  6. ^ a b c 『日曜ビッグバラエティ』「貧しいけれど夢があった 俳優座13期同窓会」(2007年2月25日、テレビ東京)
  7. ^ 『文藝春秋』2012年5月号「初めて語る石立鉄男との別離」文・吉村実子
  8. ^ 作品詳細は、本ページ記事の出演「映画」を参照のこと。
  9. ^ a b 本ページ作品リスト参照のこと
  10. ^ 横浜港から船で旧ソビエト連邦を経由し、東西ヨーロッパを巡る。前年に結婚した吉村実子とパリで合流するなど、ハネムーン旅行も兼ねる旅であった。
  11. ^ 『読売新聞』(1971年4月3日)
  12. ^ 『週刊現代』2019年10月5日号「特集:石立鉄男を覚えていますか」P17
  13. ^ 『朝日新聞』「今こそ石立鉄男:70年代二枚目半で主演7作」2016年3月14日
  14. ^ TBSラジオ「爆笑問題日曜サンデー石立鉄男特集:ゲスト松木ひろし」2012年6月3日
  15. ^ 石立は病死した姉の子を引き取り、子育てに悪戦苦悶する独身男性(主人公)をコミカルに演じた。
  16. ^ TBSラジオ「爆笑問題日曜サンデー石立鉄男特集:ゲスト荒井功」2012年6月3日
  17. ^ a b c 「愛犬の友」ロングインタビュー石立鉄男さん P194-196、2007年6月号
  18. ^ a b 「FOCUS」2004年8月号 P10-11
  19. ^ 俳優石立鉄男さん急逝2007年6月1日ブログ”. 村山憲三オフィシャルウェブサイト. 2019年10月31日閲覧。
  20. ^ 東芝ウェブストリートニュース(2004年10月6日)https://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/6965.html 記事の中で石立自身は「インターネットを利用していないので、全部配信されたあとにまとめて視聴した」、「印象としては画面が小さかったが、それでも今後は、インターネットや携帯電話向けの作品が1つの流れになるんじゃないのかな」と語った。
  21. ^ 『シネマトピックス』2007年2月20日インタビュー http://topics.cinematopics.com/archives/16260
  22. ^ a b c 『東京中日スポーツ』2007年6月2日
  23. ^ 月刊『近代将棋』2007年8月号「石立鉄男さんを偲ぶ」P64
  24. ^ 情報公開可の芸能人墓所として鎌倉霊園で確認可能となっている。
  25. ^ 『週刊女性』1965年4月21日
  26. ^ (No.19)石立鉄男
  27. ^ 山口崇、左時枝、小山田宗徳らと「ゲバラ財団」という演劇グループを組み、毎週日曜日の夜に渋谷ジァン・ジァンで入場無料の公演を行っていた
  28. ^ 再現ドラマ「ダウンタウン物語」で浜田雅功を演じ、共演した江守徹が松本人志を演じた。
  29. ^ ドラマ「おくさまは18歳」で共演した岡崎友紀のご対面ゲストとして特別出演した。
  30. ^ 俳優座養成所同期生の笹岡勝治、細川俊之、佐藤友美、結城美栄子、服部まりと共演。
  31. ^ 「あこがれのあの人数珠つなぎコーナー」に出演
  32. ^ 過去出演者のVTRを振り返りながら故人を偲ぶ回として、塩沢とき、高松英郎、鈴木ヒロミツ、石立鉄男の4名が紹介された。
  33. ^ 1978年4月から一般家庭向けの献立材料宅配事業「タイヘイファミリーセット」の全国展開に向けたテレビCMが開始。石立鉄男が初代CMに起用された。
  34. ^ 石立鉄男ソロ2曲(6:00PM、ひとりゆきずりに)を含む全10曲が収録。
  35. ^ 「ゲバラに遭ったのさ」石立鉄男・小林トシエ、「誰も知らない」山谷初男・石立鉄男(収録13曲中)  

外部リンク[編集]