木田駅 – Wikipedia

木田駅(きだえき)は、愛知県あま市木田道下にある、名古屋鉄道(名鉄)津島線の駅である。駅番号はTB03

旧海部郡美和町内にある唯一の駅で旧美和町の中心市街地にあり、甚目寺駅と共にあま市を代表する駅である。利用者も多いため全ての旅客列車が停車する。manacaが利用できる。2001年(平成13年)10月1日から2008年(平成20年)6月28日までの間は特急も停車していた。その後、2008年(平成20年)12月27日のダイヤ改正で特急が復活して再び停車駅となった。

開業当初は現在地より西方200mの位置にあり、駅舎もなく枕木を並べたホームがあるだけだった。現在地に移転したのは開業半年後のことである[1]

相対式2面2線ホームを持つ地上駅。終日有人駅である(ただし深夜の連絡先は名鉄一宮駅)。近年まで開業当時の駅舎が現存[6]していたが、2018年(平成30年)に改築された[5]

北改札口と南改札口があり、両改札口共に自動改札機と自動券売機が設置されているが、自動精算機はなく、南改札口は無人のため、乗り越し精算の際は駅員が配置されている北改札口に回る必要がある。タッチパネル式自動券売機が設置されており、ミューチケットの購入が可能である。互いのホームは跨線橋で結ばれている。

ホームは津島方面が6両分、名古屋方面が8両分。

配線図[ソースを編集]

木田駅 構内配線略図

津島・
弥富方面

須ヶ口・
名古屋方面
凡例
出典:[8]
  • 移動等円滑化取組報告書によると、2020年度の1日平均乗降人員は5,823人であった[9]
  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は6,682人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中58位、津島線(8駅)中4位であった[10]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は7,856人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 – 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中58位、津島線(8駅)中4位であった[11]
  • 『愛知県統計年鑑』によると2007年度(平成19年度)の1日平均乗車人員は3,232人、平成20年度は3,245人である。

あま市の統計によると、近年の1日平均乗降人員は下表のとおりである。[12]

年度 1日平均
乗降人員
2003年(平成15年) 6,371
2004年(平成16年) 6,291
2005年(平成17年) 6,507
2006年(平成18年) 6,467
2007年(平成19年) 6,483
2008年(平成20年) 6,490

全列車が停車し、乗車人数は津島線内では津島駅、甚目寺駅、須ヶ口駅に次いで4番目に多い。

2010年(平成22年)から駅周辺整備事業に着手し、2015年(平成27年)に木田駅前線が完成、開通した。

主な施設[ソースを編集]

バス[ソースを編集]

名古屋鉄道
TB 津島線
特急・急行・準急
甚目寺駅(TB01) – 木田駅(TB03) – 勝幡駅(TB05)
■普通
七宝駅(TB02) – 木田駅(TB03) – 青塚駅(TB04)
  1. ^ 美和町史編纂委員会(編)『美和町史』美和町、1982年、213頁。
  2. ^ a b 清水武・神田年浩(解説)、1999年3月、『尾西線の100年 保存版』、郷土出版社 ISBN 4-87670-118-0 p.192.
  3. ^ 美和町史編纂委員会(編)『美和町史』美和町、1982年、212頁。
  4. ^ 津島線の歴史”、名鉄資料館:特別展示室(ウェイバックマシンによるアーカイブ。2020年8月12日取得)、2021年10月1日閲覧。
  5. ^ a b c “コンコース:木田駅竣工記念入場券”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (2018年12月4日) 
  6. ^ 名古屋鉄道株式会社(編)『この駅この町 沿線散歩・名鉄100駅』名古屋鉄道広報宣伝部、1986年、121頁。
  7. ^ a b 木田(TB03)(きだ) 路線一覧”. 名古屋鉄道. 2021年10月3日閲覧。
  8. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 – 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  9. ^ 令和2年度 移動等円滑化取組報告書(鉄道駅) (PDF)”. 名古屋鉄道. 2021年10月3日閲覧。
  10. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編)『名鉄120年:近20年のあゆみ』名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  11. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  12. ^ あま市 都市づくり前提条件