やじうまワイド – Wikipedia

やじうまワイド』(英称:Yajiuma Wide)は、1985年9月30日から2002年6月29日まで、テレビ朝日系列で放送されていた朝の情報番組である。

それまでに放送された『おはようテレビ朝日』内の「ヤジウマ新聞」というコーナーが単独番組として発足。土曜版は1997年4月から『やじうまサタデー』として放映開始(土曜版も1998年4月に月-金曜版と同じタイトルとなる)。

番組は主に各社の新聞を比較し、コメンテーターが解説していく事に重点を置いた。現在、多くの局の朝番組で見られる朝刊チェックはこの番組が元祖である。

ヤジウマ新聞』開始当初は7:15 – 7:50の35分(後に8:00までの45分)しかなく、『おはようテレビ朝日』の吉澤一彦(当時テレビ朝日アナウンサー)を筆頭に雪野智世(当時テレビ朝日アナウンサー)とコメンテーター、芸能ニュース担当の梨元勝等の芸能リポーターで番組がしきられていてコメンテーターのみならず、時に芸能リポーター等を巻き込んでスタジオ中の意見が対立して激しい言い合いになる事もあり、番組名物となった。更に司会の吉澤が高圧的、また時には大雑把に進行するスタイルも定着し、名実ともに「番組の顔」であった。

1987年9月28日からは、関東地区に限り時間枠を5:30 – 8:30の3時間枠に大幅拡大した『朝ワイド』という番組枠に『ANNニュースフレッシュ』、『おはよう!CNN』と合わせて内包される形となり、当番組も『やじうまワイド』とタイトルを改めた。『朝ワイド』の総合司会としては、この3番組と共に内包される新番組『モーニングセンサー』の小澤幹雄(小澤征爾の実弟)と『さわやかトゥデイ』の玉利かおるを迎え、二人は本番組の司会も務めた。吉澤はこの間メイン司会からは外れて従来の『やじうま』のパートの司会として雪野に替わって新たに加わった川瀬眞由美(当時テレビ朝日アナウンサー)と進行。スポーツニュースコメンテーターとして日刊スポーツデスクも出演した。なお玉利と小澤は『さわやかトゥデイ』、『モーニングセンサー』が『CNNモーニング』へ変わった後も半年間総合司会を務め、1990年4月の番組改編により小澤は降板。玉利は『CNNデイブレイク』に異動となった川瀬に代わって同番組のアシスタントとなった。1993年4月の改編で『スーパーモーニング』開始に伴い、開始時刻を15分繰り上げて6:45開始とし、終了時間を8:00に30分短縮。タイトルも『新やじうまワイド』となりコメンテーターも2人のレギュラーコメンテーターと芸能リポーターの3人制となった。1996年10月の改編で『やじうま6』と『ANNニュースフレッシュ』と統合しタイトルが『やじうまワイド』に戻り、5:55開始の約2時間の番組となった。1998年4月の改編からは土曜日の放送が始まり、週2日は大熊英司(テレビ朝日アナウンサー)が司会を務めた。

『やじうまワイド』の番組ロゴに「SINCE 1981」と付加されていた時期があるが、これは『やじうまワイド』(1987年開始)でも、単独番組としての『ヤジウマ新聞』(1985年開始)でもなく、『おはようテレビ朝日』(1981年開始)を起点にしたものである。

1993年4月2日まではアタック音やBGMなど、番組の効果音のほとんどを生放送のエレクトーン奏者が担当していた。これは『おはようテレビ朝日』から引き継いだもので、さらに元をたどれば大阪・朝日放送の『おはよう朝日です』を範にとったものである。

番組は2002年6月をもって終了。これにより吉澤一彦も長年続けてきた朝番組の担当にピリオドを打った。7月からは放送時間帯や核となる新聞紹介はそのままに、出演者など大幅にリニューアルしたワイド番組『やじうまプラス』がスタートした。なお吉澤は2006年4月3日のリニューアルで『やじうまプラス』に起用され、朝の時間帯に復帰している。

放送時間・タイトルの変遷[編集]

全てJST

期間 月-金曜 土曜日 タイトル
1985年9月30日 – 1986年3月28日 07:15 – 07:50(035分) (放送なし) ヤジウマ新聞
1986年3月31日 – 1987年9月25日 07:15 – 08:00(045分)1
1987年9月28日 – 1993年4月02日 07:00 – 08:30(090分)2 やじうまワイド
1993年4月05日 – 1996年9月27日 06:45 – 08:00(075分)3 新やじうまワイド
1996年9月30日 – 1997年3月28日 05:55 – 08:00(125分)4 やじうまワイド
1997年3月31日 – 1998年3月28日 05:54 – 08:00(126分)5 07:00 – 08:00(060分)6
1998年3月30日 – 1998年9月26日 05:50 – 08:00(130分) 06:45 – 08:00(075分)7
1998年9月28日 – 2002年6月29日 05:50 – 08:00(130分)8

日曜日[編集]

  • 1989年1月15日 – 3月19日:11:00 – 11:50(50分)
  • メインキャスターは渡辺宜嗣(当時テレビ朝日アナウンサー)。その他出演者は不明。
  • 朝番組としての放送計画はあったもののその時間帯はバンダイ提供の特撮・アニメ枠になっており、スポンサーとの兼ね合いで実現は難しい状況にあった(その状況は現在の『グッド!モーニング』でも続いていた。)が、2017年10月に『サンデーLIVE!!』で実現することとなる。

歴代の出演者[編集]

総合司会[編集]

期間 男性 女性
月・火 水・木 月・火 木・金
1985年9月30日 – 1987年3月27日 吉澤一彦1 (放送なし) 雪野智世 (放送なし)
1987年3月30日 – 1987年9月25日 廣瀬雅子
1987年9月28日 – 1990年3月30日 川瀬眞由美
1987年9月28日 – 1992年10月2日 玉利かおる
1992年10月5日 – 1993年4月2日 中條現子
1993年4月5日 – 1998年3月27日 田中滋実
1998年3月30日 – 1999年4月3日 大熊英司 吉澤一彦 田中滋実2 中島多圭子3
1999年4月5日 – 1999年10月2日 吉澤一彦 大熊英司 吉澤一彦 津島亜由子 田中滋実 津島亜由子
1999年10月4日 – 2000年9月30日 徳永有美 津島亜由子
2000年10月2日 – 2001年3月31日 吉澤一彦 大熊英司
2001年4月2日 – 2002年6月29日 徳永有美 津島亜由子

天気コーナー担当[編集]

期間 月・火 水 – 金
1985年9月30日 – 1998年3月27日 (女性司会者が担当) (放送なし)
1998年3月30日 – 1998年9月26日 伊藤由希子 川北桃子
1998年9月28日 – 1999年4月3日 徳永有美
1999年4月5日 – 2000年4月1日 川北桃子
2000年4月3日 – 2000年7月1日 山本志織 龍円愛梨
2000年7月3日 – 2000年9月30日 龍円愛梨 山本志織
2000年10月2日 – 2002年6月29日 今山佳奈

朝刊コーナー担当[編集]

期間
1987年9月28日 – 1990年3月30日 小澤幹雄
1990年4月2日 – 1993年4月2日 若林正人
1993年4月5日 – 1998年3月27日 (コーナーなし)
1998年3月30日 – 1998年9月25日 平石直之1 川島淳1 古澤琢1 勝田和宏1 西脇亨輔1
1998年9月28日 – 1999年4月2日 小松靖1 古澤琢 川島淳1
1999年4月5日 – 1999年10月1日 小松靖 勝田和宏 平石直之
1999年10月4日 – 2000年3月31日 平石直之 小松靖 勝田和宏 平石直之
2000年4月3日 – 2000年9月29日 進藤潤耶 富川悠太 小松靖
2000年10月2日 – 2001年3月30日 龍円愛梨
2001年4月2日 – 2001年9月28日 櫻井健介 古澤琢
2001年10月1日 – 2002年3月29日 小松靖 川島淳 進藤潤耶
2002年4月1日 – 2002年6月28日 櫻井健介

スポーツコーナー[編集]

『ANNニュースフレッシュ』担当[編集]

コメンテーター[編集]

※ここで表記するコメンテーターは後期のもの

歴代のコーナー[編集]

  • やじうま新聞
  • News一面ティーUP
  • News一番搾りたて
  • Newsアラーム
  • 朝刊立ち読み一番

歴代のオープニングテーマ[編集]

「やじうまワイド」歴代オープニングテーマ
歌手名/ユニット名 曲名 使用期間 備考
インストゥルメンタル 不明 1985年9月30日 – 1993年4月2日 『ヤジウマ新聞』時代から使われていたテーマ曲。
シンセサイザーを使った曲[1]
1993年4月5日 – 1998年3月27日 『新やじうまワイド』時代のテーマ曲。
1996年10月にタイトルを『やじうまワイド』に戻った後もそのまま使用している。
ともさかりえ 恋してる 1998年3月30日 – 9月26日
工藤静香 一瞬 1998年9月28日 – 1999年4月3日
Sweet velvet Lazy Drive 1999年4月5日 – 12月31日
小松未歩 BEAUTIFUL LIFE 2000年1月3日 – 7月1日
keyco 晴れ 2000年7月3日 – 9月30日
the Indigo 大切なもの 2000年10月2日 – 12月30日
コブクロ Bell 2001年1月1日 – 12月1日
T-SQUARE TOYS 2001年12月3日 – 2002年6月29日

ネット局[編集]

月-金曜版のネット局のみ記述。
  • 後期のオープニングタイトルに「SINCE1981」とあるが、これは『おはようテレビ朝日』からのものである。
  • 1998年4月-2002年6月の番組終了まで、イメージキャラクターとして馬を擬人化したやじ夫うま子がおり、オープニング等でCGで登場していた。制作は青木俊直(イラストレーター。『ウゴウゴルーガ』、『なんでもQ』も手掛けた)。この2人のキャラクターは後継の『やじうまテレビ!』の占いコーナーに登場したほか、テレビ朝日の占いのページ「やじ夫とうま子の星占い」でも引き続き使用された。
  • 土曜版の朝刊チェックのコーナーでは、月-金曜版と違いBGMがほぼなかったりした時期があった。これは『やじうまプラス』になってからも続いた。
  • 1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災ではキャスター陣はそのままで、ニューススタジオから「ANN報道特別番組」として放送した(当時未ネットのHTB・NBN・ABC・KBCなどに配慮して『やじうま』のタイトルを出さず、本番組は中止扱い)。
  • 2001年9月12日放送分は、日本時間の11日夜に発生したアメリカ同時多発テロの緊急特別番組を夜通し放送したために中止となった。同様の休止はスペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故の時にもなされ、緊急特別番組は名古屋テレビでもネットされた。
  • 末期は朝日ニュースターで8:55からディレイネットされていた。このとき、地上波では途中に挿入されているANNニュースはカットして放送していたが、ANNニュースの5秒エンディング(地上波ではスポンサークレジットを兼ねておりニュースターでは字幕なし)だけは放送されていた。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 先述の通り、この曲は『おはよう朝日です』同様、エレクトーンによる生演奏。
  2. ^ 1993年3月までは『気分は天気』を放送し、同年4月から9月までは7:15からローカルワイド番組『ハイパーワイド 気分は天気』を放送していた。
  3. ^ ちなみにサービス放送開始日に於いての同局初の放送番組が、この番組となった。
  4. ^ 未放送期間中は『朝です!しずおか』、『おはようドレミ』を放送していた。
  5. ^ 1996年9月までは『おはよう名古屋テレビです』→『コケコッコー』を放送していた他、同年10月以降の後半部分は『コケコッコー』→『どですか!』を放送していた。
  6. ^ 1995年12月までは『HOMEフレッシュモーニング』を放送していた。
  7. ^ 1993年3月までは『おはようせとないかい』→『モーニングKSB』を放送していた。1996年10月の放送時間拡大リニューアルされた当時、時代劇の再放送を放送していた関係で6:20から半ば強引に飛び乗っていた時期があり、このために当時の局マスコットを登場させた独自のオープニング映像を作成していた。
  8. ^ 『ラジオDEテレビ』終了に伴いネット開始。6:45以降は『モーニングモーニング』→『朝はポレポレ』→『アサデス。』を放送していた。
  9. ^ 実際の天気予報は7:59から放送。

関連項目[編集]