永井真理子 – Wikipedia

永井 真理子(ながい まりこ、本名:廣田 真理子(ひろた まりこ、旧姓:永井)、1966年12月4日 – )は、ミュージシャン、歌手。

静岡県御殿場市出身。麗澤瑞浪高等学校、日本女子体育短期大学保育科卒業。血液型はB型。

実家は静岡県御殿場市で美容室を営んでいたが、父が病気であったことや家庭を思い、美容室を継ぐか迷っていた。しかし母により、広い世界を見てそれから自身の人生を選択するように助言され、子供が好きなこともあり、まずは保育士を目指して短大進学とともに上京する[1]

都内での暮らしは楽なものではなかったが、自身には夢があり、そのような暮らしは苦にならなかったという。大学では音楽活動もしたいと思っており、知り合いの紹介で中央大学のバンド「WIZARD」にコーラスとして加わる[1]

やがて「WIZARD」のボーカルが辞め、永井がボーカルを務める。

このバンドでの経験により、永井は音楽の世界に魅せられその活動に没頭した。後に「WIZARD」は解散。

永井は音楽を諦められず、自ら後に契約することになるファンハウス(現:アリオラジャパン)へデモテープを持参[1]

デモテープを聴いた同社の音楽関係者から好感触を得て、永井の通っていた大学の学園祭で、自身のライブを見てもらうことになる[2]

永井は即席のバンド「Dance」を結成、ライブを行ったが、この中には後に永井に多くの楽曲を提供することになる前田克樹の姿があった[2]

ライブ翌日に音楽関係者より連絡があり、デビューを前提にアルバム『上機嫌』の制作を行う[2]

大学は辞めずレコーディングなどを行い、大学卒業後の1987年にファンハウス(現:アリオラジャパン)より「Oh, ムーンライト」でデビュー。

デビュー後の1980年代後半から1990年代前半にかけ、ボーイッシュな雰囲気で人気を得て、「Miracle Girl」(1989年)、「ZUTTO」(1990年)など多くのヒット曲を生んだ。

1991年、『第42回NHK紅白歌合戦』(NHK)に初出場、紅組の9組目で「ZUTTO」を披露。

1992年8月2日、日本人女性アーティストとして初の横浜スタジアムでのライブを開催。

翌1993年7月31日も同スタジアムでライブを開催。そのライブ公演2回目のアンコールの際、ステージ上でツアーバンド「Hysteric Mama」のギタリスト・廣田コージ(COZZi)と婚約したことを発表。このライブの模様はWOWOWで生中継された[3]

1993年10月13日、 東京ユニオン・チャーチで結婚式を挙げる。

1994年6月から日中共同制作ドラマ『大地の子』(NHK)中国ロケに参加。9月、エッセイ『野望の大陸』(集英社)を発表。

1996年、第1子となる長男を出産、約一年半の活動休止。

1997年に東芝EMIに移籍し、活動再開。

1998年大晦日、スペースワールドで行われたザッツ・カウントダウンライブのメインステージに立つ。

2003年、家族と共にシドニーに移住、自主レーベル「BLUE TONGUE」を発足[4]

ドラマ『タイヨウのうた』(TBS)で沢尻エリカが演じる雨音薫が劇中で歌う「Stay with me」の作詞を行う。

2013年、家族と共に日本へ帰国。

御殿場にある実家の美容室は現在閉店しており、跡地にはTOKAIコミュニケーションズ御殿場支店がある。

2017年6月24日、デビュー30周年を記念して2006年以来、実に11年ぶりとなる新曲及びミニ・アルバム『Life is beautiful』を自身のデビュー日にあたる7月22日に配信限定リリース。10月には東京・Last Waltz by shiosaiにてスペシャルライブを開催されるなど本格的に歌手活動を再開することが決定した[5]

2020年4月4日、25年ぶりのラジオ番組『永井真理子のOrange Room』(K-mix)放送開始。同年11月、放送終了。

初めて買ったレコードは志村けんの「東村山音頭」。

中学・高校と剣道をやっていた。

短大卒業時に幼稚園教員の免許状を取得[2]

デビュー当時、スタジオで収録をしているとき、声が出ないときはスタジオの周りを走っていた。

以前にリスザルと猫飼っていて、リスザルの名前はゴンゾウ。猫の名前は五百円。

エピソード[編集]

数多の楽曲提供を受けた辛島美登里とは同じレコード会社に所属(ファンハウス→東芝EMI。所属時期は異なる)。

辛島は所属事務所も永井が所属していたエムエス・アーティスト・プロダクツ(MSAP)に移籍して一緒になっている。

後に永井はMSAPを辞めたが、辛島は現在も所属。永井が辞めたことで担当マネージャーは辛島の担当に変更。

永井と辛島はアニメ『YAWARA!』主題歌を担当。NHK-FMの初のラジオライブ『JAPAN LIVE ’91』の第1回目のアーティストとして参加。

フジテレビ系『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』で結成したやまだかつてないバンド(やまだかつてないWinkとは別)でコーラスを担当。

武田鉄矢とは11親等離れた親戚(武田の父方)[6]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位
オリジナル・アルバム
1st 1987年8月26日 上機嫌 CD 32FD-1073
LP 28FB-2111
CT 28FC-2111
2nd 1988年1月25日 元気予報 CD 32FD-1092 35位
LP 28FB-2130
CT 28FC-2130
3rd 1988年9月27日 Tobikkiri CD 32FD-7021 4位
LP 28FB-7021
CT 28FC-7021
4th 1989年5月24日 Miracle Girl CD 00FD-7106 3位
CT 00FC-7106
5th 1990年4月18日 Catch Ball CD FHCF-1052 2位
CT FHTF-1052
6th 1991年6月26日 WASHING CD FHCF-1128 1位
CT FHTF-1128
7th 1993年3月17日 OPEN ZOO CD FHCF-2068 2位
CT FHTF-2068
MD FHYF-1018
8th 1994年6月8日 Love Eater CD FHCF-2168 5位
CT FHTF-2168
9th 1995年4月12日 Kiss Me Kiss Me CD FHCF-2219 7位
10th 1998年7月29日 You’re… TOCT-10349 49位
11th 2000年12月6日 ちいさなとびら TOCT-24503
12th 2002年1月30日 そんな場所へ TOCT-24718 97位
13th 2004年4月2日 AIR BTL-1118
14th 2006年4月7日 Sunny Side up BTL-1204
15th 2017年10月14日 Life is beautiful CD(ライブ会場・通販限定) MN1204-0722
16th 2019年7月13日 W
ミニ・アルバム
1988年9月1日 MARIKO体験 8cmCD 15FD-6018
配信 2017年7月22日 Life is beautiful 配信限定
ベスト・アルバム
1st 1989年1月25日 大好き CD 32FD-7043 2位
CT 28FC-7043
2nd 1990年12月5日 POCKET CD FHCF-1090 1位
CD(初回限定盤) FHCF-1085
CT FHTF-1090
3rd 1992年2月26日 yasashikunaritai CD FHCF-1179 1位
CT FHTF-1179
MD FHYF-1003
4th 1994年12月4日 Birth to the Future〜25Singles〜 CD FHCF-2203/4 19位
5th 1996年9月21日 The Best of Rocks FHCF-2310 75位
6th 1996年9月21日 The Best of Ballads FHCF-2311 77位
7th 1997年6月21日 ZUTTO〜Ever Lasting Collection〜 FHCF-2386
8th 2005年4月20日 GOLDEN☆BEST 永井真理子 BVCK-38106
9th 2007年11月21日 My foot steps
-20th anniversary memorial collection-
CD+DVD BVCK-18017/8 278位
10th 2011年8月17日 GOLDEN☆BEST 永井真理子
-Complete Single Collection-
CD MHCL-1937/8
オムニバス
1989年11月16日 MERRY CHRISTMAS TO YOU CD FHCF-1001
1991年11月20日 KEEP CHRISTMAS WITH YOU FHCF-1155
2011年11月9日 ドラマティック・クリスマス MHCL-1972
2018年4月1日 MAGICAL MYSTERY COVERS MKR-006
コラボアルバム
2020年4月11日 会えて よかった CD
セルフカバー・アルバム
2020年10月24日 Brand-New Door

収録曲
Brand-New Way
Cherry Revolution
one step closer
ZUTTO
日曜日が足りない
Say Hello
3D Nightへおいで
ハートをWASH!
少年
好奇心
私の中の勇気
~アコースティックバージョン~
CD BND-1204
2021年10月1日 Brand-New Door vol.2

収録曲
23才
LOVE MEAL
ピンクの魚よ
レインボウ
ワイルドで行こう
Miracle Girl
夜空にのびをして
うた
Why Why Why
Dear my friend
La-La-La
CD

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位
ライブ・ビデオ
1989年10月1日 miracle girl tour ’89 LD SM045-3380、FHLF-1090(再発売)
VHS 00FE-7108、FHVF-1080(再発売)
1991年11月20日 WASH! WASH! WASH! MARIKO NAGAI HEART BEAT TOUR 1991 LD FHLF-1046
VHS FHVF-1046
1992年12月4日 1992 Live in Yokohama Stadium LD FHLF-1070
VHS FHVF-1070
2004年7月28日 ライブ帝国 DVD DEBP-13029
ミュージック・ビデオ
1990年6月1日 SHOOT VISUAL IMAGES
FROM “CATCH BALL”
LD FHLF-1003
VHS FHVF-1003
1990年10月1日 MIRACLE GIRL VSD FHFF-1001
1991年7月25日 Wash & Wish MARIKO
THE MUSIC CLIPS
LD FHLF-1041
VHS FHVF-1041
1993年10月27日 OPEN ZOO GOOD! 1993 LD FHLF-1085
VHS FHVF-1085
1995年4月12日 KISS ME KISS ME KISS YOU LD FHLF-1104
VHS FHVF-1104
ライブ/ミュージック・ビデオ
1996年9月21日 The Best of Clips LD FHLF-1114
VHS FHVF-1114

ライブ[編集]

公演年 ツアータイトル 公演情報
1987年 First Contact 7/26 名古屋ハートランド、7/31 新宿スペース107
上機嫌届けたい 9/13 名古屋ハートランド、9/15 渋谷エッグマン
1988年 Heart Beat Live ’88 “Energy Report” 3/26 日本青年館(初ホール)含む全5公演
Heart Beat Tour ’88 ”元気一発HeartがDance” 9/17 日比谷野音
Heart Beat Tour ’88 – ’89 初の全国ツアー 11/15 道新ホール~ 全27公演
1989年 Heart Beat Tour “MIRACLE GIRL” 5/9 大宮市民会館~ 東京厚生年金会館4日間含む32ヶ所
Heart Beat Tour ’89 “MIRACLE ENGINE” 11/1, 11/2 日本武道館2days LIVE含む 全国ツアー33本
1990年 Heart Beat Tour ’90 “Catch Ball Tour” 5/9 習志野文化ホール~ 日本武道館 3 days、大阪城ホール、名古屋レインボーホール含む全40公演
Heart Beat Tour ’90-’91 “SPINNING WHEEL” 11/27 野田市文化会館~ 全国42公演
1991年
Heart Beat Tour ’91 Special “Wash! Wash! Wash!” 7/27 富士急コニファーフォレスト

8/9 名古屋城深井丸

Heart Beat Tour ’91~’92 “WASHING” 9/28 三郷市文化会館~ 全国ツアー52公演
1992年
1992 Live in Yokohama Stadium 8/2 横浜スタジアム公演
1993年 Club House Circuit Small Open Zoo” ショート・クラブ・サーキットツアー 2/20,21 名古屋ダイアモンドホール

2/23,24 大阪城ウォーホール 2/27,28 渋谷ON AIR

Mariko Nagai With Hysteric Mama Concert Tour 1993 “Open Zoo” 3/25 戸田市文化会館~ 全国ツアー33公演
Mariko Nagai With Hysteric Mama “Big Open Zoo” 7/31 横浜スタジアム
1994年 CONCERT TOUR 1994 “Love Eater” 6/8 浦安市文化会館~ 全国ツアー25公演
1995年 CONCERT TOUR 1995 “KISS ME KISS ME” 7/15 渋谷ON AIR EAST~ 全国9ヶ所で行う
1998年 コンサートツアー’98「You’re…」 大阪UMEDA HEAT BEATよりスタート。名古屋ダイアモンドホール、東京赤坂BLITZ
2004年 LIVE “AIR” 2004 渋谷egg man 2 days
2006年 Premium Live 2006 “Sunny Side Up”

作品提供[編集]

作詞[編集]

バンドスコア[編集]

  • Tobikkiri 1988年10月20日
  • 大好き 1988年3月20日
  • Miracle Girl 1989年6月20日
  • Catch Ball 1990年6月20日
  • Washing 1991年7月20日

ムック[編集]

写真集[編集]

エッセイ[編集]

テレビ[編集]

他多数

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

CM[編集]

ラジオ[編集]

ゲーム[編集]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

  • YAWARA! – TVアニメでシングル曲「ミラクル・ガール」と「YOU AND I」が主題歌に使われヒットした。
  • 1989年発売のPCエンジンCD-ROM2用RPG「天外魔境 ZIRIA」には、声優として参加。
  • 機動警察パトレイバー – 主要登場人物である泉 野明(いずみ のあ)の作画イメージの一部となっている[7]。なお、漫画版の作者であるゆうきまさみが永井のファンであることは『ゆうきまさみのはてしない物語』(1997年、角川書店ニュータイプ100%コミックス)第3章「野次馬のつつしみ」(どーなってくかわからない話 其之参)項などにも描かれている。永井は後年、Twitterで『パトレイバー』について言及し[8]、それに感激した ゆうき[9]に向けて「『パトレイバー』は私の大切な思い出です」と返事をツイートしている[10]

外部リンク[編集]