遠江一宮駅 – Wikipedia

遠江一宮駅(とおとうみいちのみやえき)は、静岡県周智郡森町一宮にある天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線の駅。

現在唯一「遠江」を冠する駅である[* 1]。国鉄からの転換時、駅名から旧国名の「遠江」は外されたり(遠江桜木駅から桜木駅)、あるいは別の表現に変えられたりしているが(遠江森駅から遠州森駅、遠江二俣駅から天竜二俣駅)、当駅はそのまま据え置かれた。同一線に「遠江」と「遠州」の駅が並存している。

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。木造駅舎を有する無人駅である。駅舎(本屋)は国の登録有形文化財として登録されている[4]

駅舎には手打ち蕎麦屋(百々屋)が入居している。店は休日などは午前中には売切れてしまうこともある人気店である。

のりば[編集]

利用状況[編集]

近年の乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2008 53
2009 63
2010 58
2011 67
2012 74
2013 57
2014 47
2015 66
2016 54
2017 63
2018 69

駅南側は丘、北側に住宅と田んぼがある。

天竜浜名湖鉄道
天竜浜名湖線

円田駅 – 遠江一宮駅 – 敷地駅

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 石野哲(編)『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、95頁。ISBN 978-4-533-02980-6。
  2. ^ 「日本国有鉄道公示第232号」『官報』、1970年5月30日。
  3. ^ 「通報 ●二俣線遠江一宮ほか7駅の駅員無配置について(旅客局)」『鉄道公報』日本国有鉄道総裁室文書課、1970年5月30日、7面。
  4. ^ a b 文化財を登録有形文化財に登録する件 (平成23年文部科学省告示第2号) 『官報』 平成23年(2011年)1月26日付 号外・第16号 pp. 46-51

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 遠江一宮 – 天浜線(天竜浜名湖鉄道株式会社) – 日本の原風景に出逢う旅。

ウィキメディア・コモンズには、遠江一宮駅に関するカテゴリがあります。