立山黒部貫光 – Wikipedia

立山黒部貫光株式会社(たてやまくろべかんこう)は、富山県富山市に本社を置き、立山黒部アルペンルートのうち、富山県の黒部湖駅から立山駅までのケーブルカー、ロープウェイ、トロリーバス、およびバス(立山高原バス、称名滝探勝バスなど)を運行している事業者。TKKの公式略称がある。

1964年(昭和39年)、富山県、立山開発鉄道、北陸電力、関西電力などの出資により設立された[3]。富山県や富山市が出資しているものの「第三セクター」扱いされない民間企業である。立山黒部貫光、立山貫光ターミナル、立山黒部サービスのいわゆる立山3社の窓口的な役割も果たしている。

2005年(平成17年)10月1日に立山高原バスなどを運行していた立山開発鉄道を吸収合併した[4]

社名の「貫光」は、初代社長である佐伯宗義の命名によるもので、「貫」は時間、「光」は宇宙空間を意味するとともに、立山連峰を「貫く」という意味を持たせた造語であるが[3][5]、しばしば同音の「観光」と誤記されることがある。

立山開発鉄道[編集]

立山黒部貫光[編集]

鉄道・索道事業[編集]

黒部ケーブルカー、立山ケーブルカーとも正式名称は「鋼索線」である。

バス事業[編集]

  • 立山高原バス(美女平 – 室堂)
  • 称名滝線(立山駅 – 称名滝)
    • 通称「称名滝探勝バス」。冬季運休。途中には桂台バス停が設置されている。かつては藤橋・悪城の壁の各バス停があったが、2021年時点では廃止されている。
  • 極楽坂線(立山駅 – 極楽坂)
    • 通称「立山山麓スキー場線」。冬季のスキー場営業日のみ運行する。
  • 立山 – 室堂直通バス(立山駅 – 室堂)

車両[編集]

立山高原バスの車両は旧立山開発鉄道時代から伝統的に日野自動車製に統一されている。ただし、ディーゼルバス時代は純正の日野車体製ボディを採用せず長年富士重工業製ボディで導入していた。1998年以降は環境保護目的にセレガ・ハイブリッド(ボディは日野車体→ジェイ・バス製)への置き換えを実施した[3]

カラーリングは、旧色はアイボリーの車体に濃紺のラインを入れたデザインだったが[3]、2012年のセレガハイブリッドのフルモデルチェンジを機にデザインを一新[3]。白色をベースに、青色のラインが入ったデザインを採用しているが、ハイブリッドバスでは細部が異なる。

  1. ^ a b c d e 地鉄 1979, p. 181.
  2. ^ a b c d e f g h i j 第56期有価証券報告書 (PDF)”. 立山黒部貫光 (2020年6月29日). 2021年4月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e 『バスマガジン vol.96』講談社・講談社ビーシー、2019年7月29日、48頁。

    ISBN 978-4-06-517358-9。

  4. ^ a b c d e f g h i j 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』30号 モノレール・新交通システム・鋼索鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年10月16日、18頁。
  5. ^ 社名の由来について – 立山黒部貫光
  6. ^ a b c 地鉄 1979, p. 134.
  7. ^ 川島 2010, p. 90.
  8. ^ 地鉄 1979, p. 140.
  9. ^ 地鉄 1979, p. 142.
  10. ^ 「きょうから開通アルペンルート 有料道路ことしはバスだけ」『北日本新聞』朝刊、1971年6月1日、14面。
  11. ^ 川島 2010, p. 91.
  12. ^ “立山黒部アルペンルート、21年4月に値上げ”. 日本経済新聞. (2020年12月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJB249790U0A221C2000000 2021年1月16日閲覧。 
  13. ^ “立山黒部貫光、立山ケーブルカーと黒部ケーブルカーの値上げ申請。2021年4月15日から運賃変更計画”. トラベルWatch. (2020年12月25日). https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1297619.html 2021年4月29日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 『写真でつづる富山地方鉄道50年の歩み』富山地方鉄道、1979年7月17日。
  • 川島令三『【図説】日本の鉄道中部ライン全線・全駅・全配線 第7巻 富山・糸魚川・黒部エリア』講談社、2010年10月20日。ISBN 978-4-06-270067-2。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]