囲碁の時間 – Wikipedia

囲碁の時間』(いごのじかん)は、2012年3月までNHK教育テレビで毎週日曜日に放送された囲碁番組である。

番組は以下の2部で構成される(放送時間は2011年度のもの)。

  • 第1部 – 囲碁講座(12:15 – 12:30)
    現役棋士や女流棋士が講師を務め、女流棋士やタレントなどが聞き手を担当する。1993年までは毎年4月から翌年3月までを、1994年以降は毎年4月から9月まで(前期)と、10月から翌年3月まで(後期)をそれぞれ一つのタームとしてあるテーマを持って講座が進められた。
    2007年上期は講師と聞き手講座ではなく2人で講座を行う方式で行われた。
    2010年の囲碁講座については木曜日(05:05 – 05:25)に再放送がなされた。
  • 第2部 – NHK杯テレビ囲碁トーナメント大会(12:30 – 14:00、短縮の場合もある)

2010年度までは第1部が12:00 – 12:20、第2部が12:20 – 14:00の放送であった。2011年度は新たに11:45 – 12:15に「囲碁・将棋フォーカス」が放送されるようになったため囲碁講座の詰碁のコーナーが廃止となり、放送時間も囲碁講座が5分、トーナメント戦が10分短縮となった。

2012年3月18日の放送をもって「囲碁の時間」としての放送は終了となった。同年4月8日からは毎週日曜に、「囲碁・将棋フォーカス」で隔週放送された囲碁情報と囲碁講座の内容を統合した「囲碁フォーカス」(正午 – 12:30)と、「NHK杯テレビ囲碁トーナメント」(12:30 – 14:00)に分離することになった。

毎年正月3が日のうちの1日で「新春お好み囲碁対局」が催された。これは、「若手対ベテラン」の夢の対局であったり、囲碁愛好家の著名人を迎えたプロ・アマ戦などの形式をとる。

囲碁講座[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]