ピチット県 – Wikipedia

ピチット県
จังหวัดพิจิตร
Flag of Phichit Province.png Seal Phichit.png
ピチット県の位置
  • この項目は英語版を元に作成されています。

ピチット県(ピチットけん、タイ語: จังหวัดพิจิตร)は、タイ・北部の県(チャンワット)の一つ。ピッサヌローク県、ペッチャブーン県、ナコーンサワン県、カムペーンペット県。

ナーン川とヨム川が県内で合流し、チャオプラヤー川となる。それらの川は、肥沃な土壌を形成し米やハスを県内主要産物に仕立て上げている。

1058年(タイ仏暦1602年)にプラヤー・コータボンテーラワラートによってピチットは建設された。そのときはスコータイ王国の領土であったが、その後アユタヤ王朝の領土となった。

ピチットの名前は数回変わり、最初はサルワン(王の池)という名前であった。その後オーカブリー(湿地帯の町)に変わり、最終的にピチット(美)となった。

県章はピチットの旧称・サルワンをデザインしている。手前の木は県内にあるワット・ポープラタップチャーン(仏教寺院)の境内にあるバニヤンの木である。

県木はセイロンテツボク(Mesua ferrea)、県花はハスである。

ピチット県は12の郡(アムプー)に分けられ、その下に89の町(タムボン)と852の村(ムーバーン)がある。

  1. ムアンピチット郡
  2. ワンサーイプーン郡タイ語版
  3. ポープラタップチャーン郡タイ語版
  4. タパーンヒン郡タイ語版
  5. バーンムーンナーク郡タイ語版
  6. ポータレー郡タイ語版
  7. サームンガーム郡
  8. タップクロー郡タイ語版
  9. サークレック郡タイ語版
  10. ブンナーラーン郡タイ語版
  11. ドンチャルーン郡タイ語版
  12. ワチラバーラミー郡タイ語版

関連項目[編集]