朝倉駅 (高知県) – Wikipedia

朝倉駅(あさくらえき)は、高知県高知市朝倉にある、四国旅客鉄道(JR四国)土讃線の駅である。駅案内パネルのコメントは「旧国鉄初のログハウスの駅」。駅番号はK05。高知大学(朝倉キャンパス)への最寄り駅で、特急「しまんと」、「あしずり」が停車する(「あしずり」2往復〈下り1・5号/上り6・10号〉は通過する)。

本項では、駅前(高知県高知市曙町二丁目)にあるとさでん交通伊野線の朝倉駅前停留場(あさくらえきまえていりゅうじょう)についても記述する。

JR四国 朝倉駅[編集]

ホームが地面に接して置かれた地上駅。ホームは2面あり、2本の線路を挟んで向かい合わせに配される相対式ホームで[9][10]、列車交換が可能。直営駅。2008年まではみどりの窓口の隣にワーププラザ朝倉(マルス端末をみどりの窓口と共用)があった。

ホームは南側が下り窪川方面行きの1番のりば、北が上り高知方面行きの2番のりば[9]。両ホーム間の移動には構内踏切を使用する。高知市内のJR駅で構内踏切を設置しているのは当駅のみである。1番線側に男女兼用のトイレが設置されている。

のりば[編集]

とさでん交通 朝倉駅前停留場[編集]

伊野線の併用軌道区間にあり、乗り場は道路上にある。ただし当停留場から鴨部停留場までの区間は軌道の敷かれている道幅が狭く、安全地帯(ホーム)を設けることができないため、乗り場は路上に白線で示されるのみ[3][12]

乗り場は2面あり、東西方向に延びる単線の軌道を挟んで向かい合わせに配される(相対式ホーム)[9]。線路の南側にあるのが伊野方面行きの乗り場、北にあるのがはりまや橋方面行きの乗り場[9]

のりば[編集]

駅前に交差点があり、とさでん交通の停留場はそのすぐ南東にある[3]

路線バス[編集]

「朝倉駅前」バス停留所があり、以下の路線が乗り入れる。

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  G1 北はりまや橋 高知駅 県交北部交通
G2 北はりまや橋、高知駅、比島 一宮バスターミナル とさでん交通
G5 北はりまや橋、高知駅、比島、一宮バスターミナル、医大病院 オフィスパーク第二 土休日運休
G6 北はりまや橋、高知駅、比島、一宮バスターミナル、医大病院 領石出張所
S2 南はりまや橋、桟橋通五丁目、横浜 長浜
T3 南はりまや橋、桟橋通五丁目、横浜、横浜ニュータウン 南ニュータウン
  Y2 針木 天王ニュータウン とさでん交通
Y3 針木、天王ニュータウン 八田
Y4 針木、高岡高校通 高岡営業所
Y6 針木、中島 宇佐
Z2 伊野駅 北浦橋 県交北部交通
Z3 伊野駅 土居
Z4 伊野駅 長沢
四国旅客鉄道
土讃線
普通
高知商業前駅 (K04) – 朝倉駅 (K05) – 枝川駅 (K06)
とさでん交通
伊野線
朝倉停留場 – 朝倉駅前停留場 – 朝倉神社前停留場
  1. ^ 内閣印刷局, ed (1924-11-11). “鉄道省告示 第216号”. 官報 (国立国会図書館デジタルコレクション) (3666). https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2955814/7?tocOpened=1. 
  2. ^ a b 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社、2009年、58-60頁。

    ISBN 978-4-10-790029-6。

  3. ^ a b c 土佐電鉄の電車とまちを愛する会『土佐電鉄が走る街 今昔』JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2006年、40-43・99頁。ISBN 4-533-06411-6。
  4. ^ a b c d 石野哲(編)『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、668頁。ISBN 978-4-533-02980-6。
  5. ^ 『鉄道ジャーナル』第20巻第13号、鉄道ジャーナル社、1986年12月、 117頁。
  6. ^ 上野宏人 (2014年10月2日). “とさでん交通:「再出発」 「便利な市民の足に」高知で設立式 新デザインの車両披露”. 毎日新聞 (毎日新聞社) 
  7. ^ 日本放送協会. “JR宇和島駅「みどりの窓口」今日の営業で廃止|NHK 愛媛のニュース”. NHK NEWS WEB. 2022年2月5日閲覧。
  8. ^ “「みどりの券売機プラス」を16駅に設置します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 四国旅客鉄道, (2021年7月26日), オリジナルの2021年7月29日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210729074010/http://jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2021%2007%2026.pdf 2021年8月1日閲覧。 
  9. ^ a b c d 川島令三『四国・九州ライン 全線・全駅・全配線』第2巻 四国西部エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2013年、42頁。ISBN 978-4-06-295161-6。
  10. ^ 『全国鉄道事情大研究』121頁
  11. ^ “[opendata-web.site 高知県 駅乗降客数]”. 2021年3月11日閲覧。
  12. ^ 『全国鉄道事情大研究』290頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]