白石駅 (札幌市営地下鉄) – Wikipedia

当駅(下)とJR白石駅(上)の位置関係

白石駅(しろいしえき)は、札幌市白石区東札幌2条6丁目にある、札幌市交通局(札幌市営地下鉄)の駅である。駅番号はT13

1976年(昭和51年)6月10日に、地下鉄東西線の東側の起点・終点駅として開業したが、1982年(昭和57年)3月21日に当駅 – 新さっぽろ駅間が延伸開業したため、現在は途中駅となっている。

JR北海道(函館本線・千歳線)にも同名の白石駅があるが、両駅の間は約1.6kmも離れているため、乗り換え駅としては適さない。さっぽろ駅(JR札幌駅に隣接)や新さっぽろ駅(JR新札幌駅に隣接)では、JR駅との混同を避ける目的で駅名を平仮名表記にしているが、当駅はJR白石駅とは離れた位置にあり、混同しづらいことから区別を付けず、JR駅と同じ漢字表記となっている[1]

島式ホームの1面2線。以前はこの駅が東西線の東側の終点だった。両方向に転轍機を有し、緊急時の折り返し運行に対応している。出口は7番出口まであるが、3番出口の記載が消されている(地上部分も同様)。定期券売場を併設している。ホームと改札を結ぶエレベーターは西改札口に、地上へのエレベーターはバスターミナルの中にある。

2015年1月19日より白石区複合庁舎建設工事に伴い6番出口が閉鎖、その後取り壊された。なお6番出口は2016年10月19日より複合庁舎に組み込まれる形で運用再開され、同年11月7日より複合庁舎と直結され、供用開始された[3]

のりば

利用状況[編集]

札幌市交通局によると、2020年度の一日平均乗車人員は11,161人であった。

近年の1日平均乗車人員の推移は以下のとおりである。

年度 1日平均
乗車人員
出典
2008年 11,558 [4]
2009年 11,196 [4]
2010年 11,233 [5]
2011年 11,375 [5]
2012年 11,883 [5]
2013年 12,234 [5]
2014年 12,582 [5]
2015年 12,788 [6]
2016年 13,406 [6]
2017年 14,161 [6]
2018年 14,290 [7]
2019年 14,163 [7]
2020年 11,161 [8]

南郷通と環状通が交わる場所にあり、駅周辺は中規模の商業地区で、終日人でにぎわっている。

バス路線[編集]

白石バスターミナル

1〜5番のりばは1976年(昭和51年)6月10日に供用開始した「白石バスターミナル」。2019年(令和元年)12月の平日1日あたり、スクールバス等の非公示便を除く発着本数は、バスターミナル・路上停留所を合わせて299便[9]

2020年(令和2年)4月1日現在。新千歳空港連絡バスのみ北都交通で、他は北海道中央バス。北海道中央バス路線の詳細は白石営業所を参照[10][11]

1番のりば
2番のりば
  • 白22 川下線 白石営業所行(北郷2条経由)
3番のりば
4番のりば
  • 白24 川下線 白石営業所行・白陵高校行(川下会館前経由・北川下経由)
5番のりば
路上 6番出入口側 環状通沿い
路上 6番出入口側 南郷通沿い
路上 7番出入口側 南郷通沿い
  • 駅スタンプは白石駅のイニシャルSの中に白石こころーどが描かれている[12]
  • 建設開始時の仮駅名は「環状通」であった。
  • 札幌市が2011年に発行した「中小河川洪水ハザードマップ」によれば、札幌市は地下鉄白石駅を、豪雨等を原因とする望月寒川の決壊・氾濫による「浸水の危険が想定される駅」に指定した。浸水時の入場は極めて危険であるため、浸水前避難が推奨されている[13]
札幌市交通局 札幌市営地下鉄
札幌市営地下鉄東西線 東西線

東札幌駅 (T12) – 白石駅 (T13) – 南郷7丁目駅 (T14)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]