戸倉勝城 – Wikipedia

戸倉 勝城(とくら かつき、1914年11月3日 – 1997年6月6日)は、山口県出身のプロ野球選手(外野手)・監督。

豊浦中学を経て、法政大学を卒業。卒業後は、大連満倶・林兼商店でプレーイングマネージャーを務めた[1]。1950年に社会人野球大洋漁業から河内卓司らと引き抜かれ、この年創立された毎日に入団。

35歳という高齢でのプロ入りながら、同年3月11日のパ・リーグ開幕戦(西鉄戦)で4番を打ち、初打席で木下勇から本塁打を放って初打席初本塁打とパ・リーグ第1号本塁打を記録した[2]。この年の7月5日の大映戦(後楽園球場)では、ナイターでの第1号本塁打を記録する[1]。最終的には21本塁打、96打点でチームの初優勝に貢献した[1]

翌年4月には阪急に移籍[1]。毎日監督の湯浅禎夫による、戸倉の将来のために若いチームで指導者的な立場を兼ねさせようとの意向[3]、加えてパ・リーグを主導する毎日ならではのリーグの戦力均衡の観点からの譲渡だった[2]。以後、4番打者として活躍し[1]、1952年(.301)、1954年(.300)、1955年(.321)と3度の3割以上[1]、特に1955年には40歳にして自己ベストの打率.321(リーグ3位)を残し[1]、1955年と1956年に2年連続でベストナインを受賞する。1958年限りで引退[1]。なお、40代での規定打席到達による打率3割達成は史上初である。

翌1959年に阪急の打撃コーチに就任。同年途中から、藤本定義に代わって監督に就任する。しかし、貧打のためリーグ優勝はすることができず1962年に退団。

1967年には東京の監督に就任するが、またしても貧打に泣く一方で、あまりバントを試みない強気一辺倒の作戦が永田雅一オーナーの不評を買い、6月にいったん休養し、8月に復帰したがわずか2週間で解任された(後任は濃人渉)。

その後は野球解説者として活躍するが、1997年6月6日に亡くなった。酒豪で有名であった[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 8 (1950年)
  • 27 (1951年 – 1961年)
  • 30 (1962年)[4]
  • 50 (1967年)

参考文献[編集]

関連項目[編集]