ソフトスパゲッティ式めん – Wikipedia

ソフトスパゲッティ式めん
別名 ソフトめん
発祥地 日本
誕生時期 1960年代
提供時温度 常温
主な材料 強力粉
その他お好みで 食塩
テンプレートを表示

ソフトスパゲッティ式めん[1][2](ソフトスパゲッティしきめん)は、日本で学校給食向けに開発された麺である。通称は「スパうどん[2]」または「ソフトめん[2](ソフト麺)」。

原料と製法[編集]

ソフトスパゲッティ式めんはうどんのようにも見えるが、うどんとは原料や製法が異なっている[2]

原料[編集]

一般的にうどんには中力粉や薄力粉が用いられる(うどんの項目参照)。これに対してソフトスパゲッティ式めんの原料は強力粉(フツウコムギ、学名: Triticum aestivum)である。ソフトスパゲッティ式めんは学校給食向けに開発されたもので、学校給食用のソフトスパゲッティ式めんには原料として学校給食用強力粉が用いられている[2](学校給食用小麦粉の一種)。この学校給食用強力粉は学校給食用小麦粉品質規格規程に基づいて強力粉にビタミンB1やビタミンB2を栄養素として添加して強化したものである[2]

製法[編集]

ソフトスパゲッティ式めんは強力粉に食塩水を加えて混捏して麺にした上で一度蒸して表面を糊化させた上で茹でることにより製造している[1][2]。そのため、うどんや素麺に比べ伸びづらく消化がよい。また、表面が糊化し、かつ、中がやわらかいためスパゲッティ用途にもうどん用途にも適する。

1960年代、当時パンのみであった学校給食の主食を増やすために開発され、東京都が学校給食に採用をしてから各地で採用されていった。それゆえ関東地方や東海地方と、中国地方の一部ではよく知られている一方、東北、関西(滋賀県を除く)、四国、九州(沖縄県を含む)、北海道(札幌市を除く)、北陸・甲信越の各地方では、ほとんど知られていないことがある[3]。他の主食と同様に、自校給食の場合でも調理されて蒸しあがったものが業者から納入される。

当時は美味しくないことで不評であった給食用パンに端を発する給食嫌い(給食離れ)が進行していたが、アメリカ産小麦の輸入と消費を維持するという大前提から、米飯は導入されなかった。1970年代後半から米飯給食の見直しが進められ、現在では米飯給食の普及や他の麺の登場によりソフトスパゲッティ式めんには学校給食として往時の勢いはないが、懐かしさからまた食べたいと望む声が多いため、コンビニ弁当や通信販売等で入手することができる。『思い出の給食』アンケートをとると関東地方では常に上位に位置するメニューでもある[4][5]

出荷の際に40分ほどの時間をかけて90度の蒸気殺菌を行う為、ほかの麺に比べて調理に手間がかかるため業者からは敬遠されてきた。そのため、学校給食での献立からは姿を消しつつある。東京都では2015年に学校給食会において「規格外」とされ、定番メニューからはすでに外れている[6]

ビニール袋に個別包装されたものを、各自が袋から出しソースに絡めて食べる。2つか4つに分けることが多い[7]

汁気がなくても美味しく食べられるためミートソースや中華あんなど粘度のあるソースを合わせる場合が多いが、カレーシチューやけんちん汁など汁物で食べることもある。また、味噌料理の盛んな愛知県などでは、味噌ベースのソースで食すこともある。

著名なメーカー[編集]

その他の強力粉を使って作る食品[編集]

外部リンク[編集]