荒木美和 – Wikipedia

荒木 美和(あらき みわ、1979年6月23日 – )は、NHKの職員で元アナウンサー。

早稲田大学人間科学部基礎科学科(薬理学専攻)卒業後、2003年、さいたま局で契約キャスターとしてリポーターを務め、その後正職員採用試験を受け合格、翌2004年、アナウンサーとして正式入局。

趣味は登山とボディボード、神社仏閣巡り[1]、洋楽ロックの鑑賞。登山に関しては、小さい頃から父親に連れられて中央アルプスや南アルプスなどのほか、欧州のアルプス山脈にも登っている。子供の頃、イギリスに住んでいたことがある。身長168cm。

新潟局在籍時に闘牛を取材したことがきっかけで、牛を飼っている[2][3]

2016年、アナウンサーからラジオディレクター兼「NHKジャーナル」リポーターに異動し、同時期に外国人男性と結婚した[4]

2018年、BBCでのインターンを含む海外派遣で、ネットと既存メディアの融合を調査テーマにイギリス・アメリカへ渡航[5]

過去の担当番組[編集]

大阪局時代

※2012年度のスタジオ進行は月・木・金の3日間。火・水はナレーションのみ担当。

奈良局時代

ラジオセンター時代

  • NHKジャーナル(2016年9月26日〜30日、奥村奈津美の代理)

同期の女性アナウンサー[編集]

  1. ^ 出演者紹介 – NHKジャーナル[1]
  2. ^ 現在は新潟の牧場に預けている。[2]
  3. ^ 牛の角突きが開幕しました – 小千谷市ホームページ[3]
  4. ^ NHK元アナ荒木美和さんがスピード婚!ダンテ・カーヴァー似外国人と[4]
  5. ^ ◇講演会◇Web3.0時代に既存メディアは何ができるか?[5]