角川慶子 – Wikipedia

角川 慶子(かどかわ けいこ、1973年11月22日 – )は、日本のライター、元アイドル、タレント。保育園経営など実業家の一面もある。本名同じ。旧芸名はKei-Tee(ケイティー)。東京都出身。所属事務所はプラチナムプロダクション(業務提携)。

尚美学園短期大学に特待生として入学、半年留年ののち福祉系の大学(学校名は公表していない)に転学し、卒業。短大在学中の1993年にkei-tee名義で芸能活動を開始した。1994年1月21日、シングル「Baby Angel」で歌手デビュー。2005年7月よりライターとして活動している。

現在は、角川キッズ・ラボ株式会社代表を務め、認可外の保育施設「駒沢の森こども園」を経営している。

2011年7月より、芸能事務所プラチナムプロダクションとマネージメント提携を開始した[1]

kei-tee名義のアイドル時代は可愛らしさと少々の生意気を押し出したツンデレ路線であった。現在は夫とのテレビ出演では恐妻家の妻としての一面、実業家としての一面を覗かせている。ライターとしてはジャンルを問わず多分野に及ぶ。

祖父は角川書店創業者の角川源義。父は角川春樹。

私生活では、BARBEE BOYSのメンバーのいまみちともたかと同棲を経て2001年に入籍したが、2007年1月に離婚した。2007年7月に角川春樹事務所社員(3歳年下で婿養子)の角川孝輔と再婚、一女を儲けている。2009年7月12日の『新婚さんいらっしゃい!』(ABC制作・テレビ朝日系)に2人目の夫と共に出演し、自ら角川春樹の娘と名乗って会場を驚かせた(番組内で行われるゲームで賞品のハワイ旅行を獲得した)。

『カスペ! ウチくる!?15周年!〜節目で聞いちゃいましたスペシャル』(2013年3月5日放送、フジテレビ)では、娘の通園していた保育園の経営実態に不満を持ったことがきっかけで、それならば自身で納得できる保育園をと思い立ち、無借金で立ち上げたことを明らかにした。また自由にしたいということで認可外であり、保育園の空手教室にニコラス・ペタスを呼んでいる[2]

シングル[編集]

  • Baby Angel (1994年1月21日発売)
  • WILDルビィ (1994年10月21日発売)

アルバム[編集]

  • 頭が割れそう (1994年2月23日発売)
  • 愛は極嬢 (Kei-Tee + Love Dynamights名義、1994年11月23日発売)
  • Pink & Blue (Kei-Teeといまみちともたかとlove LOVE DYNAMIGHTS名義)

テレビ番組[編集]

CM[編集]

  • 愛LOVE不動産「喜田邦彦事務所」(2012年 – )(TVQ TVK MXTV CS mondo21TV 限定放送)

雑誌連載[編集]

著書[編集]

関連書籍[編集]

  1. ^ ライター、タレント業務はプロとして行っているため、ユーストリームwebなどの無償勧誘には応じない事務所方針。
  2. ^ 『アウト×デラックス』 2014年1月9日出演
  3. ^ 「清原和博容疑者覚醒剤取締法違反で逮捕」「石坂浩二『なんでも鑑定団』降板騒動」「甘利明議員大臣職を辞任」「ベッキーテレビ出演休止」が話題となっていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]