井上哲士 – Wikipedia

日本の政治家

井上 哲士

いのうえ さとし

生年月日 (1958-05-05) 1958年5月5日(63歳)
出生地 日本 山口県徳山市
(現:周南市)
出身校 京都大学法学部
前職 しんぶん赤旗記者
日本共産党職員
現職 外交防衛委員会
決算委員会
政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会
北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会
党中央委員
党書記局員
党参議院幹事長
党参議院国会対策委員長
所属政党 日本共産党
称号 法学士
公式サイト 日本共産党・井上哲士参議院議員ONLINE

参議院議員
選挙区 比例区
当選回数 4回
在任期間 2001年7月29日 – 現職
テンプレートを表示

井上 哲士(いのうえ さとし、1958年5月5日 – )は、日本の政治家。日本共産党所属の参議院議員(2001年 – )。党中央委員、中央委員会書記局員。党参議院幹事長兼国会対策委員長。

銀行員だった父の転勤先、山口県徳山市で生まれ、広島県で育った[1]。1983年、京都大学法学部卒業後、赤旗記者などを経て2001年、第19回参議院議員通常選挙比例代表で初当選。

  • 山口県徳山市(現在周南市)生まれ。
  • 広島市立古田小学校卒業
  • 広島市立庚午中学校卒業
  • 広島県立国泰寺高等学校卒業
  • 1977年 – 日本共産党入党
    • 京都大学教養部自治会代表
    • 京都府学生自治会連合執行委員
    • 日本民主青年同盟京大地区委員長
  • 1983年 – 京都大学法学部卒業
    • 日本共産党京都府委員会勤務
    • 衆議院議員梅田勝秘書
  • 1991年 – 赤旗政治部記者
  • 1996年 – 第41回衆議院議員総選挙で京都2区で出馬、現職文部大臣で宏池会重鎮の奥田幹生に849票差まで迫ったが落選。
  • 2000年 – 第42回衆議院議員総選挙で京都2区から立候補したが落選
  • 2001年 – 第19回参議院議員通常選挙に初当選(比例代表)
  • 2003年 – 議院運営委員会理事
  • 2004年 – 参議院党国会対策委員長
  • 2006年 – 党大会で中央委員、書記局員
  • 2007年 – 第21回参議院議員通常選挙に再選(比例代表)、参議院国会対策委員長
  • 2013年 – 第23回参議院議員通常選挙に3選(比例代表)
  • 2019年 – 第25回参議院議員通常選挙に4選 (比例代表)

政治的主張[編集]

  • 当選以来、野党共同提案の民法改正案の提案者にも常に名を連ねるなど、選択的夫婦別姓制度の導入推進に力を入れている。2012年には民法改正を求める緊急院内集会において、「離婚の場合は旧姓に戻すことも元の姓を名乗ることも、子どもだけが元夫の姓を名乗ることも許されている。婚姻家族には認めないのは女性の人格権を蔑ろにしている」[2]「国会には一部だが根強い反対の声があって進まないが、実現できるように全力をあげたい」[3] と述べている。当選した際の最初の質問も選択的夫婦別姓に関するものであった[4]
  • 原子力発電所の再稼働に反対する[5]
  • 2006年4月26日に東京・永田町の参議院議員会館で行われた「共謀罪に反対する超党派国会議員と市民の緊急院内集会」の呼びかけ人を務めた[6]
  • 2003年、静岡空港建設反対の国会議員署名活動で署名者に加わっている[7]
  • 日本共産党の機関誌しんぶん赤旗によれば、陸上自衛隊ヘリコプターの不正発注による官製談合で問題になっていた川崎重工業(神戸市)への防衛省からの天下りを指摘し、批判した[8]

所属団体・議員連盟[編集]

  • アムネスティ議員連盟(副会長)
  • サッカー外交推進国会議員連盟(副会長)
  • 死刑廃止を推進する議員連盟(幹事)
  • 司法改革推進議員連盟(幹事)
  • 在外被爆者に援護法適用を実現させる議員懇談会(世話人)
  • 人権外交を推進する議員連盟[9]
  • 国連難民高等弁務官事務所国会議員連盟
  • 核軍縮議員ネットワーク・日本
  • 交通事故問題を考える国会議員の会
  • 金融消費者保護推進議員連盟
  • 犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟
  • 日中友好議員連盟
  • 日朝国交正常化推進議員連盟(委員)
  • 参議院ASEAN議員機構対話推進議員連盟
  • ハンセン病問題の最終解決を進める国会議員懇談会
  • 薬害ヤコブ病問題を考える議員の会
  • 公共事業チェック議員の会
  • 恒久平和のために真相究明法の成立を目指す議員連盟
  • 「国会に保育室を!」推進議員連盟
  • 共謀罪に反対する超党派国会議員と市民の集い(呼びかけ人)[10]
  • 家族は妻と1女[11]
  • 趣味は読書、水泳、サッカー。サッカー国会議員チームに加わり、韓国、中国、イングランド、ロシアの国会議員チームとの試合に出場。2006年の韓国戦では「共産党は専守防衛だからセンターバックをしてほしい」といわれ、体を張った「防衛」で優秀選手に選ばれた[11]
  • 被爆二世であることを公表している。(母親が広島で入市被爆)[11]

関連項目[編集]

  • 穀田恵二
  • 寺前巌
  • 山原健二郎
  • 古堅実吉

外部リンク[編集]