中元南 – Wikipedia

中元 南(なかもと みなみ、女性、1997年5月14日 – )は、日本のバレーボール選手。ニックネームはミナミで、シャツネームはNAKAMOTO。V.LEAGUE Division1のデンソーエアリービーズに所属している[1][2][3]

千葉県千葉市出身。2人兄妹の長女。9歳のときに友人の影響を受け自身もバレーボールを始めた[2]

――バレーボールを始めたきっかけ
 私がバレーボールを始めたきっかけは、小学校3年生の時に、仲の良い1つ年上の友達がバレーボールをしていたことと、母がママさんバレーをしていたので、自分もやってみたいと思ったのがきっかけです。 — 中元南「デンソーエアリービーズ|がんばれ!バレーボールキッズ vol.01 中元南選手」より[4]

2014年7月16〜24日にかけて台湾で開催された「第17回アジアジュニア女子バレーボール選手権大会(U-19)」の代表メンバー12名が発表。中元はこれに柳田光綺、坂本奈々香、古賀紗理那、白井美沙紀、小野寺友香、間橋香織、丸尾遥香、小池杏菜、宮本菜月、高野由里加、中田紫乃らと共に選出された。今大会で中元は坂本、間橋らと共に攻撃の中核を担い、日本の銀メダル獲得に貢献[5]

2016年2月1日、デンソーエアリービーズ公式サイトにて入団内定が発表された。同期入団は工藤嶺、小口樹葉、中川千世ら[6]

2018年1月8日、この年新成人となる中元と工藤嶺による挨拶がデンソーエアリービーズ公式サイトに掲載された[7]

こんにちは!いつも応援ありがとうございます。こんな私も20歳になりました。20歳の目標は、今よりもっと大人な女性になることです。先輩の皆さんに追いつけるように努力します!また、バレーの面でもみんなに負けていられません。今はだめでも、絶対に活躍できる選手になります。頑張りますので、応援よろしくお願いします。20歳の私もどうぞよろしくお願いします。 — 中元南「デンソーエアリービーズ|新成人のごあいさつ」より

選手としての特徴[編集]

――兵頭選手から見た中元選手の良い部分を教えてください。
 スキルがありますね。どんなボールでもいろんなコースに打っていけます。相手のコートが見えている感じです。どこにでも打てるのが本当にすごいなって思います。サーブレシーブも安定して波がない。すごい選手だと思います。 — 兵頭由希「バレーボールマガジン|デンソー・中元南『チームに欠かせない存在になれるように』、姫路・溝口由利香『崩されても直接失点はしない』」より[8]

所属チーム[編集]

  • 第17回アジアジュニア女子バレーボール選手権大会(U-19)[5]

個人成績[編集]

V.LEAGUEの個人成績は下記の通り(交流戦・プレーオフを含む)[9]

大会 所属 出場 アタック バックアタック アタック決定本数 ブロック サーブ サーブレシーブ 総得点
試合数 セット数 打数 得点 失点 決定率 打数 得点 失点 決定率 セット平均 得点 セット平均 打数 ノータッチ エース 失点 効果 効果率 受数 成功 成功率
V1 20-21 デンソー 26 80 671 199 38 29.7 73 11 7 15.1 2.49 10 0.12 272 1 5 17 84 8.4 575 420 61.8 215
V1 19-20 26 85 757 249 59 32.9 68 16 6 23.5 2.93 11 0.13 276 4 9 16 85 11.0 384 254 52.6 273
V1 18-19 22 26 185 57 13 30.8 16 3 1 18.8 2.19 1 0.04 79 0 4 12 25 9.2 6 3 41.7 62
V2 16-17 7 5 14 3 0 21.4 1 0 0 0.0 0.60 0 6 0 1 0 2 25.0 5 2 40.0 4
通算:4大会 81 196 1627 508 110 31.2 158 30 14 19.0 2.59 22 0.11 633 5 19 45 196 9.8 970 679 57.9 554

外部リンク[編集]

プロフィール

SNS

その他

関係のある人物[編集]

千葉県立柏井高等学校時代のチームメイト