パウル・クラウス – Wikipedia

パウル・クラウスPaul Kraus; 1904年 – 1944年)は、セム諸語と、中世イスラーム圏の科学史と哲学を専門に研究した学者[1]。プラハでドイツ語を話すユダヤ系の家に生まれ、カイロで亡くなった(#生涯)。

パウル・エリーゼル・クラウス(Paul Eliezer Kraus)は、1904年12月11日にチェコ(オーストリア=ハンガリー帝国時代)のプラハに生まれた[1][2]。歴史的にプラハの町は化学との結びつきが強く、その土地柄もあってクラウスは早いころから化学の歴史に興味を示した。クラウスは1923年に中等教育を終え、1925年までプラハにあるドイツ大学に在籍した[1]。クラウスの生家はユダヤ系ドイツ人の家系であり、一家は1925年にパレスチナに移住してキブツ運動に参加した[1]。しかしクラウス自身はキブツでの生活に不満を抱き、翌1926年に、開学したばかりのヘブライ大学で学び始めた[1]。この年、クラウスはレバノンやトルコを訪れて考古学やセム諸語、聖書研究を続けた[1]。聖書研究においては聖典中に言及される長さや距離といった計量的な問題に興味を示す。研究仲間はクラウスの発想の突飛さに驚いた。

1927年にクラウスはベルリン大学へ移り、アッシリア学のブルーノ・マイスナー英語版の指導で古代バビロニアの書簡学の分野で博士論文を書き、博士号を得た[1]。ベルリンでまた、このころにクラウスはイスラーム教徒の歴史や科学の歴史に興味を持ち、その後の生涯でこれらのテーマを追い求めていくことになる[1]。クラウスはなおもベルリンで研究を続けたが、ユダヤ系の学者が次々と大学のポストを追われていることがわかり、1933年にベルリンを去ってパリへ移住した[1]。パリでは3年ほどの間、高等研究応用学院やパリ第1大学科学史哲学研究所フランス語版で、ルイ・マシニョン英語版とともに研究を続けたが、フランスの市民権を持っていなかったため大学等からポストを得ることができなかった[1]

1936年にカイロ大学(当時は「エジプト大学」という名称)が史料批判とセム諸語の講座をクラウスのために用意し、クラウスはこれに応じてエジプトへ移住した[1]。クラウスは1944年に亡くなるまでこのポストにあったが、その一方で、パリやエルサレムにたびたび出張して調査を指導したり、ルイ・マシニョン英語版、アンリ・コルバン、シュロモ・ピネスフランス語版といった研究仲間と議論したりした[1]。1941年にクラウスは、ベルリンにいたころにすでに知り合っていた女性、ベッティーナ・シュトラウスと結婚した[3][4]。ベッティーナは哲学者のレオ・シュトラウスの妹である[3][4]。1942年に娘(ジェニー英語版)が生まれるが、ベッティーナはお産の時に亡くなった[3][4][5]

クラウスは引き続き、エジプトとパレスチナを往復してカイロ大学、アレクサンドリア大学、ヘブライ大学で講義や研究を続け[1]、1944年の夏にヘブライ大学で中世英文学を教えていた熱心なシオニスト、ドロシー・メトリツキ英語版と再婚した[5][6]。その1,2か月後にクラウスは、娘と妻をエルサレムに残して、単身でカイロへ戻った[5][6]。第二次世界大戦とアラブ民族主義運動のさなかにあった当時のエジプトは政治的状況が悪化していた[1][5]。カイロ大学のディーンでありクラウスの精神的支えでもあったターハー・フサインは政治的理由によりすでに大学を辞めさせられていた[1]。1944年10月12日にカイロの自宅の浴室で、クラウスが死んでいるのが発見された[1]。自宅はレバノン出身の学生アルベール・フーラーニーフランス語版とその弟が部屋を借りており、クラウスの遺体は彼らにより発見された。クラウスは、理不尽な理由で大学のポストを追われることになることを知った直後であった[1]

エジプトの警察はクラウスの死を自殺として処理した[1][4]。しかし義兄のレオ・シュトラウスは殺人を示唆する証拠があることから疑いを持ち、後年にはクラウスの死が政治的理由による謀殺であると信じるようになった[1][3][4][5]。シュトラウス夫妻は4歳になる遺児ジェニー英語版を養女として引き取った[1][4][7]

パウル・クラウスはイスラーム圏における化学を含む科学の研究で功績があり、主要な研究はジャービル・ブン・ハイヤーンに関するものである[2]

クラウスはユリウス・ルスカ英語版と共同研究したこともあるが、ルスカがアルシミ(alchimie: 錬金術)を初期のシミ(chimie: 化学)と考えがちであったのに対し、クラウスはこの点で非常に異なり、錬金術を思想史の一部のようにとらえた。クラウスによると、「アラブの錬金術師ジャービル」は、歴史上、唯一無比の存在である。ジャービルの著作は、複数の者が入念に書き上げた原稿を集成したものであって、その大部分にカルマト派イスマーイール主義のプロパガンダが隠されている。クラウスは、主著である、Jâbir ibn Hayyân – Contribution à l’histoire des idées scientifiques dans l’Islam – Jâbir et la science grecque (1942-43) において、知識の意図的な散逸、ナバテア人の農業、性的行動における錬金術、軍事戦略、ピュタゴラス派の数秘術、中国の技術、言語の起源といったテーマについて論じた。

Alchemie, Ketzerei und Apokryphen im frühen Islam: Gesamelte Aufsatze は、アンリ・コルバンが集めた論文原稿をレミ・ブラーグフランス語版がドイツ語で出版した、クラウスの遺稿集である。この遺稿集の序文で、アレクサンドル・コジェーヴは「クラウスの著作を読み、そのおかげで私はイスラームのことについて何も知らないということを知った」と書いている。クラウスは、パリにおけるコジェーヴのヘーゲル研究会に欠かさず出席していた。

著作一覧[編集]

  • Contribution à l’histoire des idées scientifiques dans l’Islam. Le Caire, Imprimerie de l’Institut français d’archéologie orientale, 1943.
  • Jâbir ibn Hayyân: Contributions à l’Histoire des Idées Scientifiques dans l’Islam I: Jâbir et la Science Grecque. Mémoires de l’Institut d’Égypte 44, 1 (1942).
  • Jâbir ibn Hayyân: Contributions à l’Histoire des Idées Scientifiques dans l’Islam II: Le Corpus des Écrits Jâbiriens. Mémoires de l’Institut d’Égypte. 45, 1 (1943).
  • Alchemie, Ketzerei, Apokryphen im frühen Islam. Gesammelte Aufsätze, Herausgegeben und eingeleitet von Rémi Brague, Hildesheim et al., Olms, 1994, XIII + 346 p.

関連文献[編集]

  • クラウスの生涯については以下を参照。
    • Rémi Brague, « Paul Kraus: Person und Werk (1904-1944) », dans l’ouvrage Alchemie, Ketzerei, Apokryphen im frühen Islam, Olms, 1994, p. VII-XIII.
    • Joel L. Kraemer, « The Death of an Orientalist: Paul Kraus from Prague to Cairo » dans The Jewish Discovery of Islam: Studies in Honor of Bernard Lewis, Université de Tel Aviv, 1999, viii + 311 p.