パウル・イェッケル – Wikipedia

この人物の日本語表記には、主に以下のような表記揺れがあります。

  • パウル・ジャッケル
  • ポール・ジャッケル
  • パウル・ジェッケル
パウル・イェッケル Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Paul Jaeckel
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1998-07-22) 1998年7月22日(23歳)
出身地 アイゼンヒュッテンシュタット
身長 189cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 1.FCウニオン・ベルリン
ポジション DF
背番号 3
利き足 右足
ユース
2011–2014 ドイツの旗 エネルギー・コットブス
2014–2017 ドイツの旗 VfLヴォルフスブルク
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2017–2018 ドイツの旗 VfLヴォルフスブルクII 15 (0)
2018 ドイツの旗 VfLヴォルフスブルク 3 (0)
2018–2021 ドイツの旗 SpVggグロイター・フュルト 67 (2)
2018–2019 ドイツの旗 SpVggグロイター・フュルトII 7 (1)
2021- ドイツの旗 1.FCウニオン・ベルリン
代表歴2
2015–2016 ドイツの旗 ドイツ U-18 5 (0)
2016 ドイツの旗 ドイツ U-19 1 (0)
2020– ドイツの旗 ドイツ U-21 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年5月27日現在。
2. 2021年5月27日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説)■サッカー選手pj

パウル・イェッケル[1](Paul Jaeckel, 1998年7月22日 – )は、ドイツ・ブランデンブルク州アイゼンヒュッテンシュタット出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・1.FCウニオン・ベルリン所属。ポジションはDF。

クラブ経歴[編集]

エネルギー・コットブスのユースアカデミーを経て、2014年にVfLヴォルフスブルクと契約。翌年U-18ユースチームに昇格。2シーズンでU-18ユースリーグに48試合に出場し、2016-17シーズン途中にチームIIに昇格。更に2017-18シーズン終盤にはトップチームに昇格。2018年4月7日のSCフライブルク戦で先発で起用され、ブンデスリーガデビュー。試合も2-0の完封勝利[2]。同シーズンはトップリーグで3試合に起用された。

2018年8月30日、SpVggグロイター・フュルトと3年契約を締結[3]。加入後出場機会が増え、3年目の2020-21シーズンは2部で上位争いに加わり、2021年4月には1.FCウニオン・ベルリンからの関心が報じられた[4]。同月28日に2021-22シーズンよりウニオン・ベルリンに加入することが発表[5]。一方、グロイター・フェルトは2部で2位で終え、2012-13シーズン以来のブンデスリーガ復帰を決めた[6]

  1. ^ キッカー日本語版
  2. ^ FREIBURG VS. WOLFSBURG 0 – 2”. Soccerway (2018年4月7日). 2021年5月27日閲覧。
  3. ^ 2部フュルト、ヴォルフスブルクから若手CBイェッケル獲得”. キッカー日本語版 (2018年8月31日). 2021年5月27日閲覧。
  4. ^ ウニオン、フュルトからイェッケル獲得に迫る”. キッカー日本語版 (2021年4月8日). 2021年5月27日閲覧。
  5. ^ ウニオン、フュルトからパウル・イェッケル獲得”. キッカー日本語版 (2021年4月29日). 2021年5月27日閲覧。
  6. ^ ボーフムとグロイター・フュルトが1部昇格! キールが3位後退でケルンと入替戦/ブンデス2部最終節”. サッカーキング (2021年5月24日). 2021年5月27日閲覧。

外部リンク[編集]