アルゼンチン航空386便食中毒事件 – Wikipedia

アルゼンチン航空386便食中毒事件(アルゼンチンこうくう386びんしょくちゅうどくじけん)とは、1992年2月14日に、コレラで汚染された食品がアルゼンチン航空386便の乗客に提供され、乗客1人が死亡した食中毒による航空事故である。

事件の概要[編集]

1992年2月14日、ミニストロ・ピスタリーニ国際空港(アルゼンチン・ブエノスアイレス)発ホルヘ・チャベス国際空港(ペルー・リマ)経由のアルゼンチン航空386便ボーイング747-200B形旅客機が、ロサンゼルス国際空港(アメリカ・カリフォルニア州)に到着した[1][2][3]。この便のリマ – ロサンゼルス間には乗客336人と乗員20人が搭乗しており[4]、乗客336人のうち297人がアメリカを[1]、2人はカナダを、37人は日本を最終目的地としていた[1][3]

この事件の1年ほど前からペルーではコレラが流行しており、ペルーの首都リマで386便が機内食を搭載した際にコレラ菌に汚染されたエビが混入[2][3][4]、乗客5人がロサンゼルス国際空港へ着陸直後に体調不良を訴えた[2]。7日後には体調不良を訴えた乗客は76人に上り[5]、うち70代前半の男性1人が死亡した[1][3][6]。コレラに汚染された食品はアメリカ国内の他地域に広まることはなかった[1]

リマでアルゼンチン航空へ食品を提供したペルーのケータリング会社は、同じ日に他の航空会社にも食品を提供し、アルゼンチン航空386便以外では病気の兆候は報告されなかったが、アルゼンチン航空はこのケータリング会社が機内に汚染された食品をもちこんだと糾弾した[7]。この主張は論争を引き起こしたが、アルゼンチン航空がリマへのフライトを中断し、ペルーが領内へのアルゼンチン航空の運航を禁止したことで終結した[2]

調査とその後の進展[編集]

アメリカ食品医薬品局による調査は、食品安全にかかわる法律群に多々の問題があることを浮き彫りにした[8]

国際民間航空機関 (ICAO) は、ケータリングやその他のサービスを第三者に発注した場合でも、運行会社には安全に関する責任があると発表した[9]

1995年、世界保健機関はICAOや国際海事機関の監修のもと、航空機や船舶でコレラや他の伝染病が拡散されることのリスク管理に関する合意を形成した[10][11][12][13][14]。この合意に従い、航空機の殺菌手順が1998年に改訂されている[15]

その後ICAOは、国際トラベルケータリング協会英語版の助言に従っている[16]

関連項目[編集]

  1. ^ a b c d e Mydans, Seth (21 2 1992). “Cholera Kills One and Fells Many on Flight”. The New York Times. オリジナルの1 3 2012時点におけるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/65qYoLH2w 27 7 2012閲覧。 
  2. ^ a b c d Nash, Nathaniel C. (10 3 1992). “Latin Nations Feud Over Cholera Outbreak”. The New York Times. オリジナルの1 3 2012時点におけるアーカイブ。. http://webcitation.org/65qXDMLCU 
  3. ^ a b c d Malnic, Eric (21 2 1992). “25 on Flight to LAX Show Signs of Cholera”. Los Angeles Times. オリジナルの27 7 2012時点におけるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/69TqmFLUl 27 7 2012閲覧。 
  4. ^ a b “Cholera Associated with an International Airline Flight, 1992”. Morbidity and Mortality Weekly Report (Centers for Disease Control and Prevention) 41 (8): 134–135. (28 February 1992). ISSN 0149-2195. http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/00016154.htm 2011年2月16日閲覧。. 
  5. ^ Marian Segal. “Contaminated Food Causes Flight Fatality”. BNET. http://findarticles.com/p/articles/mi_m1370/is_n6_v26/ai_12487853/pg_2/?tag=content;col1 11 1 2012閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ Comas, José (22 2 1992). “Un locutor de radio muere de cólera por la comida en Aerolíneas Argentinas [A radio broadcaster dies from cholera in food on an Aerolíneas Argentinas flight]” (Spanish). El País. オリジナルの27 7 2012時点におけるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/69TsD95im 27 7 2012閲覧。 
  7. ^ “Cholera Cases on Jet Up to 65”. The New York Times. (23 2 1992). オリジナルの28 7 2012時点におけるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/69Tz0mFVE 28 7 2012閲覧。 
  8. ^ “When you eat on airlines or ships from foreign countries: dine at your own risk – food safety regulations are not standard”, Nutrition Health Review, (22 June 1993), http://findarticles.com/p/articles/mi_m0876/is_n67/ai_14676069  (also archived here)
  9. ^ The ICAO Safety Management Manual para 2.1, International Civil Aviation Organization[リンク切れ]
  10. ^ Plotkin, Bruce Jay; Kimball, Ann Marie (1月 – 3月 1997). “Designing an International Policy and Legal Framework for the Control of Emerging Infectious Diseases: First Steps”. Emerging Infections Diseases 3 (1). オリジナルの13 4 2013時点におけるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6FqvGN9Ro. 
  11. ^ Fox J. (1996). “Convention on international civil aviation.”. The regulation of international commercial aviation: the international structure. Dobbs Ferry, New York: Oceana Publications. Booklet 2 
  12. ^ International Civil Aviation Organization. “Facilitation”: annex 9 to The Convention on international civil aviation. Montreal: International Civil Aviation Organization, 1990.
  13. ^ “ICAO meeting seeks ways to facilitate international air travel”. ICAO Journal 50: 23–4. (May 1995). 
  14. ^ Medical Resolutions at=A35-12[リンク切れ], IACO
  15. ^ Medical Manual (1st ed.). International Air Transport Association. (June 2004). ISBN 92-9195-242-7. オリジナルの23 April 2007時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/*/http://www.iata.org/NR/rdonlyres/F38C6572-2215-411D-BF7E-B1238FC83696/0/Medical_Manual_1stEdition_1June2004.pdf 
  16. ^ Jones, Peter. Flight Catering. ISBN 0-7506-6216-6. http://www.itcanet.com/publications/book.asp [要ページ番号]

外部リンク[編集]