聖ナウム修道院 – Wikipedia

修道院内の聖ナウム教会

聖ナウム修道院(せいナウムしゅうどういん、マケドニア語: Манастир Свети Наум)は、北マケドニア共和国のオフリドにある東方正教会の修道院。この修道院を興した中世の聖人ナウム(英語版)(ブルガリア語: Свети Наум)にちなんで名づけられた。ナウム市街地の29km南のオフリド湖沿いにあり、アルバニアとの国境線に隣接している。

修道院は聖ナウムにより905年のブルガリア帝国の時代に開設され、開祖の聖ナウムは910年にこの修道院内の教会に埋葬された[1]。この教会はオスマン帝国領であった時代に破壊された後、16世紀から17世紀に再建されたものが現在見られるものである[2]。1912年から1928年6月まで、修道院のある土地はアルバニア領であった。その後、アルバニア大統領ゾグー1世により、アルバニアとユーゴスラビアの友好のしるしとして修道院のある土地はユーゴスラビアに割譲された(最終的にユーゴスラビア社会主義連邦共和国は解体し、この地を承継したマケドニア共和国に属することとなった)。

中世より多くの巡礼者が訪れる地[3]であるとともに、現在はマケドニア共和国内の著名な観光地である。

交通機関[編集]

  • オフリド市街地より路線バス(所要約40分)

座標:

北緯40度54分50秒 東経20度44分26秒 / 北緯40.91389度 東経20.74056度 / 40.91389; 20.74056