Warning: mysqli_query(): (HY000/1712): Index szlgt_options is corrupted in /var/www/html/jp/wiki2/wp-includes/wp-db.php on line 1924
October 2018 – Enzyklopädie

Month: October 2018

コンピュータステレオビジョン – Wikipedia

コンピュータステレオビジョン(英: Computer stereo vision、計算機立体視)は、CCDカメラによって得られるようなデジタル画像から三次元(3D)情報を抽出する技術である。2つの視点から見た光景の情報を比較することによって、2つのパネルに写っている物体の相対的な位置を調べることで、3D情報を抽出することができる。これは生物学的な過程である「立体視」に似ている。 従来のステレオビジョンでは,人間の両眼視(英語版)と同じように,ある光景の異なる2つの視点を得るために水平方向に配置された2台のカメラが用いられる。これらの2つの画像を比較することによって、相対的な奥行き情報を、対応する(英語版)画像点の水平座標の差を符号化した視差マップの形で得ることができる。この視差マップの値は、対応するピクセル位置での光景の深さに反比例する。 人間が2つの映像を比較するためには、立体視装置で重ね合わせ、右のカメラの映像は観察者の右目に、左のカメラの映像は左目に見せる必要がある。 コンピュータビジョンシステムでは、いくつかの前処理工程が必要である[1]。 画像はまず、たる型歪みと接線歪みが除去されていなければならない。これにより、観測された画像が理想的なピンホールカメラの投影と一致するようになる。 画像のペアを比較するためには、画像を共通の平面に戻して投影しなければならない(画像の平行化(英語版))。 2つの画像を比較する情報量を最小化する。これにより、2つの画像内の特徴の位置が最もよく推定され、視差マップが作成される。 任意で、受信した視差マップを3D点群に投影する。カメラの投影パラメータを利用することで、既知のスケールでの測定値を提供するように点群を計算することができる。 能動ステレオビジョン[編集] 能動(アクティブ)ステレオビジョンは、ステレオマッチング問題を単純化するために、レーザーや構造化光(英語版)といった光を積極的に利用するステレオビジョンの形態である。対義語は受動(パッシブ)ステレオビジョンである。 従来型構造化光ビジョン 従来型の構造化光ビジョン(structured-light vision, SLV)は構造化光やレーザーを用いて、プロジェクターとカメラの対応関係を求める[2][3]。 従来型能動ステレオビジョン 従来型の能動(アクティブ)ステレオビジョン(active stereo

Continue reading

マダガスカルトゲマユカレハ – Wikipedia

マダガスカルトゲマユカレハ 分類 学名 Borocera madagascariensisBoisduval, 1833[1] 和名 マダガスカルトゲマユカレハ[2] マダガスカルトゲマユカレハ(学名:Borocera madagascariensis)[2]は、チョウ目カレハガ科に属するガの一種。マダガスカル島の固有種である。マダガスカルでは野蚕を意味する « ver à soie sauvage » 又は、大きい蚕を意味するランディベ « landibe » と呼ばれている。気候不順などに対して強い、丈夫な虫であるが、他の種により危険にさらされている可能性がある。 この節の加筆が望まれています。 マダガスカル島においては、野蚕( Ver

Continue reading

大阪教育大学 – Wikipedia

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2021年10月) 古い情報を更新する必要があります。(2021年10月) 独自研究が含まれているおそれがあります。(2021年10月)出典検索?: “大阪教育大学” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL 大阪教育大学 柏原キャンパス N棟 大阪教育大学 大学設置 1949年 創立 1874年

Continue reading

バッド・マイロ! – Wikipedia

『バッド・マイロ!』(Bad Milo!)は2013年のアメリカ合衆国のコメディ映画。監督はジェイコブ・ヴォーン、主演はケン・マリーノが務めた。 ストーリー[編集] ダンカンはストレスを溜め込みやすい性格で、職場での人間関係に悩まされていたが、それを上手く吐き出すことができずにいた。妻のサラはそんな夫を心配していた。ある日の夜、ダンカンの腹部に激痛が走った。不安になったダンカンが消化器内科を受診したところ、大腸に巨大なポリープが発見された。ちょうどその頃、アライグマと思しき凶暴な生物が人間を襲って殺すという事件が発生し、世間を震撼させていた。 ほどなくして、ダンカンはポリープと事件の間に関連があると知らされる。実は、ダンカンのポリープは自我を宿しており、彼にストレスを与えた人間を殺害していたのである。ダンカンはポリープをマイロと名付け、彼と共存する道を探ることになった。その過程で、ダンカンは両親が隠していたある秘密を知ることになった。 キャスト[編集] ※括弧内は日本語吹替 製作・公開[編集] 2013年3月10日、本作はサウス・バイ・サウスウェストでプレミア上映された[4]。18日、マグネット・リリーシングが本作の全米配給権を獲得したと報じられた[5]。2014年9月29日、スクリームワークス・レコーズが本作のサウンドトラックを発売した[6]。 マーケティング・興行収入[編集] 2013年7月30日、本作のレッドバンド・トレイラーが公開された[7]。31日、本作の全年齢版予告編が公開された[8]。10月4日、本作は全米11館で限定公開され、公開初週末に4503ドル(1館当たり409ドル)を稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場94位となった[9]。 本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには34件のレビューがあり、批評家支持率は62%、平均点は10点満点で5.86点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『バッド・マイロ!』はそのグロテスクな設定で観客の期待値を大きく下げており、実際に異様な雰囲気を纏ってはいるが、どうにか面白い作品に仕上がっている。」となっている[10]。また、Metacriticには14件のレビューがあり、加重平均値は62/100となっている[11]。 外部リンク[編集]

Continue reading

今池町 (堺市) – Wikipedia

今池町(いまいけちょう)は、大阪府堺市堺区にある地名。2020年現在の行政地名は今池町一丁から今池町六丁。住居表示は実施済み[5]。 堺区の北部に位置する。東は浅香山町、南は北田出井町・田出井町、西は南清水町・錦綾町・北庄町、北は香ヶ丘町。西から順に二丁~六丁、二丁の南に一丁がある。 沿革[編集] 1950年(昭和25年)から一 – 六丁がある。 1922年(大正11年)、堺市向井町大字北庄の一部より成立。 一部が、1932年(昭和7年)向陽町に、1939年(昭和14年)北清水町一 – 三丁・南清水町一 – 三丁・錦綾町一 – 三丁・北庄町一 – 三丁になる。 1950年(昭和25年)、浅香山町・田出井町・北田出井町一 – 三丁・南庄町一 –

Continue reading

ねじれた絆 – Wikipedia

『ねじれた絆 -赤ちゃん取り違え事件の十七年-』(ねじれたきずな あかちゃんとりちがえじけんのじゅうななねん)は、奥野修司によるノンフィクション作品。 第二次ベビーブームだった高度経済成長期に多発し、社会問題とまでなった「赤ちゃん取り違え事件」。1971年に当時米国施政下の沖縄で実際に起きた赤ちゃん取り違え事件を、日本施政下に入れ替わった後の1977年の発覚から、当時週刊誌記者であった奥野修司が実に25年間取材し続けたノンフィクションのドキュメンタリー作品。 二度のテレビドラマ化のほか、第66回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した映画『そして父になる』の参考文献でもある。 書誌情報[編集] テレビドラマ[編集] 2004年版[編集] 2004年4月21日21:00 – 22:54(JST)にTBS系列「水曜プレミア」で『ねじれた絆〜赤ちゃん取り違え事件の真実〜』のタイトルで放送された。 ストーリー[編集] 宇野夫妻の長女で、幼稚園に通う6歳の里美(美山加恋)は、小学校就学時健診での血液検査でA型と診断された。しかしそれは、O型とB型の夫妻の血液型からは絶対に産まれることのない、ありえない血液型だった。再度検査をするが結果は同じであった。原因は、出生時に病院で起こったミスによる新生児取り違えであった。 6年間我が子と信じて育ててきた娘が、実は他人の子供。その時から始まった、親達と子供達の複雑な悲劇を描いていく。 キャスト(2004年版)[編集] スタッフ(2004年版)[編集] 撮影協力[編集] 2013年版[編集] 2013年10月11日21:00-22:52(JST)にフジテレビ系列「金曜プレステージ」枠で実録ドラマスペシャル『ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件

Continue reading

ブラックフィッシュ (映画) – Wikipedia

ブラックフィッシュ Blackfish 監督 ガブリエラ・カウパースウェイト 脚本 ガブリエラ・カウパースウェイト、エリー・デスプレス、ティム・ジマーマン 製作総指揮 ジュディ・バート、リック・ブルックウェル、エリカ・カーン、マニュエル・オティーザ、 音楽 ジェフ・ビール 撮影 ジョナサン・インガルス、クリストファー・トーウィー 編集 エリー・デスプレス、ガブリエラ・カウパースウェイト 製作会社 マグノリア・ピクチャーズ 配給 公開 2013年7月19日 上映時間

Continue reading

告うた3〜あなたへ贈る歌2〜 – Wikipedia

この記事のほとんどまたは全てが唯一の出典にのみ基づいています。他の出典の追加も行い、記事の正確性・中立性・信頼性の向上にご協力ください。出典検索?: “告うた3〜あなたへ贈る歌2〜” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2020年6月) 『告うた3〜あなたへ贈る歌2〜』(こくうたスリー あなたへおくるうたツー)は、ericaの3枚目のオリジナルアルバム。2019年2月20日、ユニバーサルJより発売された。 あなたへ贈る歌2 LIVE de DIVE お薬タイム 作詞:erica 作曲:erica、Carlos K. 編曲:Carlos

Continue reading

オーリードのイフィジェニー – Wikipedia

『オーリードのイフィジェニー』(フランス語: Iphigenie en Auride、ドイツ語: Iphigenie in Aulis)は、ドイツに生まれ、現在のオーストリアとフランスで活躍した作曲家クリストフ・ヴィリバルト・グルックが作曲した全3幕のフランス語のオペラで『オリドのイフィジェニー』、『アウリスのイピゲネイア』などとも表記される。1774年4月19日にパリ・オペラ座にて初演された[1]。 イフィジェニーを演じたソフィー・アルノー 本作はグルックのオペラ改革による最初の抒情悲劇であり、初演後に若干の改訂を行い、改定後のものを正式な作品としている[2]。グルックがパリで作曲(改訂を含む)した7作のフランス語オペラのうち、最初に手掛けた作品で、それらと共に19世紀のパリで中心になるグランド・オペラにまで繋がる役割を果たしたのだった。本作と『トーリードのイフィジェニー』は、むしろ『オルフェとウリディス』を超える傑作であり、グルックの実力が十分に発揮された作品である[3]。 1774年4月19日の初演はソフィー・アルノー(英語版)演じるイフィジェニーによって幕を開け、成功裡に終わったが、続演はそれほど長くは続かなかった。ルイ15世が亡くなったため、打ち切られたのであった。初演に際して、マリー・アントワネットとその夫で後のルイ16世も臨席していた。1750年代に起こったブフォン論争の際は、フランス・オペラに反対する立場の急先鋒だったジャン=ジャック・ルソーは本作を大いに称賛する立場となった[3]。 『オペラ史』を著したD・J・グラウト(英語版)によれば「アガメムノンが最後に素晴らしいモノローグでイフィジェニーの命を救おうと決心する偉大なシーンで、グルックが示した劇作家としての感動力は彼自身の後の『トーリードのイフィジェニー』の一部を除けば並ぶものがない」、そして「もう一つの美しい場面は第3幕のイフィジェニーが別れを告げる《さようなら!いつまでも覚えていて》(Adieu, conservez dans votre âme)で、18世紀の最も完全な感動の表現である」ということである[4]。本作が「『オルフェオとエウリディーチェ』や『アルチェステ』と異なる最も大きな点は、筋の運びがはるかに早く、厳しいことである。それは動きの乏しい画面の連続ではなく、ハラハラさせるような事件に満ちたドラマである。そのため、リズムは一層活発で表現は鋭く、音楽的には小さな範囲でまとまりがあり、しかもそれが一層連続的に巧みに繋がれ、以前の作品のように個々の部分が孤立していない」のである[4]。 音楽的特徴[編集] ベリヤールによるグルック グルックは声の名人芸といったものを追い払い、和声、管弦楽、そのほか彼の熟知している形式と構造のあらゆる手段を用いて、もっぱら表現の直截性と簡潔さを実現しようと試みる。本作はイタリア型アリアを採用せず、しかもバレエを強化したり、合唱の部分に重要性を持たせたりしている点で、フランス様式のものであった[5]。 内藤義博は「本作の特徴は音楽のリズムと適合することが非常に難しいフランス語のアナペスティックな韻律を尊重しながらも、レシタティフにおいても聞き取りやすい旋律を劇詩につけることに成功した点である。その結果、このオペラでは全編がアリアでできているかと勘違いするほど歌うような旋律でできており、ジャン=バティスト・リュリのオペラと違ってオーケストラ伴奏は誠に重厚であるにもかかわらず、歌詞を明確に聞き取ることができる。歌詞の韻律の尊重と音楽性が見事に融合しているのが、グルックの音楽の特徴である。本作の台本作家であるデュ・ルレはグルックの音楽について「言語の韻律が細心綿密に尊重されているので、この曲では全てがぴったりだと思われる。フランス人の耳に奇妙に聞こえるところは何もない」と述べているほどである。音楽的リズムと詩の拍子が完全に一致しているので、詩句の理解はオーケストラ伴奏によって妨げられることが全くない。これは音楽美学面での大きな効果である。第二の特徴は音楽が登場人物の感情を表現するように作られていることである。-中略-あえて言えば、彼の改革オペラでは歌詞が理解できなくても登場人物の感情の状態が理解できる」と解説している[6]。 今谷和徳によれば「グルックの大きな功績は、伝統的なフランス・オペラの復活とその後のフランス・オペラへの多大な影響という点である。フランス・オペラは周知のとおりリュリの手で確立されたが、リュリが生み出したトラジェディ・リリック(抒情悲劇)というオペラの形は、その後アンドレ・カンプラなどによって引き継がれ、18世紀の中葉にはジャン=フィリップ・ラモーによって充実した姿を見せるようになっていた。しかし、この頃からパリではイタリアのオペラ・ブッファの人気が高まり、その影響から伝統的なフランス・オペラの上演に陰りが見え始めるようになる。そうした状況を一掃し、伝統的なトラジェディ・リリックを新しい要素を付け加えることによって見事に復活させたのがグルックであった」ということである[3]。

Continue reading