Warning: mysqli_query(): (HY000/1712): Index szlgt_options is corrupted in /var/www/html/jp/wiki2/wp-includes/wp-db.php on line 1924
September 2020 – Enzyklopädie

Month: September 2020

ラミー 自分探しの旅 – Wikipedia

『ラミー 自分探しの旅』(原題: Ramy)は、2019年から放送されているアメリカ合衆国のコメディドラマシリーズ。アメリカのニュージャージーで暮らすムスリムの生活を描く[1][2]。主演のラミー・ユセフがA24と制作し、他にムハンマド・アーメル、ヒアム・アッバスらが出演する[3]。アメリカでは2019年5月からHuluオリジナル作品として配信された。日本ではHuluから配信されず、2020年4月よりSTARZPLAYから配信された[4]。本作は第3シーズンへの更新が決定している[5]。 作品は高く評価され、第77回ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)をラミー・ユセフが受賞した[6]。 あらすじ[編集] アメリカに暮らすムスリムであるラミーは、中東からの移民である信心深い両親のもとで、”イスラム教徒の教え”と”自由で刺激的なアメリカの生活”の板挟みになる[7]。 キャスト[編集] メイン[編集] ラミー 演 – ラミー・ユセフ(英語版) ミレニアル世代のアメリカ人。ムスリム。 ムー 演 – ムハンマド・アーメル(英語版) Maysa Hassan 演

Continue reading

ANAクラウンプラザホテル秋田 – Wikipedia

ANAクラウンプラザホテル秋田(ANAクラウンプラザホテルあきた、英: ANA Crowne Plaza Akita)は、秋田県秋田市にあるシティホテルである。秋田駅前の再開発ビルである秋田中央ビルディングに入り、秋田ホテル株式会社が運営する。 秋田駅前は、戦後間もなくバラック建ての商店街「金座街」が形成され発展したが、隘路や雑然としていたため、防災上や美観さらには都市機能の観点からの問題が指摘されていた。このため、1974年(昭和49年)3月、秋田市によって「秋田駅前市街地再開発事業基本計画」 が策定され[2]、市街地再開発事業における都市計画が決定した。これを受け、地区の中核施設とすべく旧仙台高等裁判所秋田支部跡地に建てられた秋田中央ビルディングに、1984年(昭和59年)5月、日本ビューホテルグループの秋田県初出店のホテルとして開業した。2019年(令和元年)6月、トリップアドバイザーの選ぶエクセレンス認証を受けた[3]。 リブランド[編集] 2021年(令和3年)4月30日、日本ビューホテルからホテルやスキー場の運営を手掛けるアビラ(長野県飯山市)に事業譲渡され、同日付で「秋田ホテル」に改称し[4]、5月24日、アビラが英国系の大手ホテルチェーンIHG・ANA・ホテルズグループジャパンと運営受託契約と結んだと発表した[1][5]。これに伴い、12月に名称は「ANAクラウンプラザホテル秋田」に再度改められ、2022年(令和4年)冬までにフロント、客室は全面的に刷新され、レストラン、宴会場も部分的に改装される。工事中も営業は継続する[5]。 チャペル挙式場や神前挙式場の結婚式場、宴会場、レストラン、バー、トレーニングジム、サウナ、スパなどの施設をもつ大型シティホテルであり、高層階からは、秋田駅を始め、太平山地の主峰である太平山や久保田城の本丸・二の丸跡地に整備された千秋公園など市内を眺めることが出来る。   客室[編集] 宴会場[編集] 12Fスカイバンケット「ジュリアン」 – 面積230㎡(70坪)の宴会場。  4F「飛翔」 – 面積1,000㎡(302坪)のホテル最大の宴会場。 4F「光琳」

Continue reading

ディスカウントジャパン運動 – Wikipedia

ディスカウントジャパン運動(ディスカウントジャパンうんどう、朝: 디스카운트 재팬[1][2])とは、韓国による国際社会における日本の価値や評判を下げて、日本の地位失墜をめざす運動のこと[1][3]。2005年に韓国のインターネット運動組織であるVANKが宣言して以降、様々な運動が実施されている[1]。ジャパン・ディスカウントとも呼称される[4]。鈴置高史は、この運動を「世界を舞台に日本を貶めて快哉を叫ぶ韓国の国民的運動」と定義し、「卑日」という言葉で表現している[5]。 鈴置は反日との違いは、反日が「日本に譲歩をさせて何かを得る」ことを目的であり終着点であるのに対して、この運動は「日本を貶める、卑しめる」ことを目的とし、日本が誠実な対応をしても、「日本の存在」そのものが攻撃対象のために終わりがないと説明している[5]。 VANK[編集] 2005年3月25日、韓国政府が後援する民間組織[6] (VANK) が、「日本の歴史歪曲や竹島領有権主張は、単に韓国と日本両国の問題ではなく、世界の平和に深刻な脅威になることがあるという点を全世界に知らせる」ことを目的とし、国際社会における日本の価値や評判を下げて、日本の地位失墜をめざす『ディスカウント・ジャパン運動』を提唱した[1]。VANKのパク・ギテ団長は「アジア各国と米国人の感情を引き出し、『米国真珠湾襲撃』『南京大虐殺』『フィリピン捕虜虐殺』を入れた動画を製作、英文ウェブサイトに掲載して米国とアジア各国に広報して、日本を世界から孤立させる『過去の歴史包囲網(과거사 포위망)』を構築する」「この{{Lang ko|왕따}}(いじめ)プログラムは日本国民がアジアと世界に向けて堂々と立てられるように助けるために推進する」と宣言している[7]。 日本でのオリンピック招致妨害工作[編集] 2020年の夏季オリンピック開催地の決定に向けて日本が候補となった際に、韓国ではディスカウントジャパンとして「放射能がいっぱいで、危ない国・日本」のキャンペーンが行われた[8]。 開催地決定直前の2013年9月6日、韓国政府は福島第一原子力発電所の汚染水問題を理由に青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県の日本産水産物を全面輸入禁止にすると発表した[9][10][11]。その時期から日本でのオリンピック招致を妨害しようとする工作であり[11]、日本が落選するためのネガティブキャンペーンの一環であるとの見方がなされた[10][12]。 慰安婦問題[編集] 第二次世界大戦中の日本軍の慰安婦・慰安所制度について、性奴隷制度であったとする慰安婦の碑、慰安婦像の世界各地での建立運動など積極的な非難活動を行っている。韓国メディアの東亜日報によれば、日本に恥をかかせるため、世界に広める運動を行っているとしている[13][4]。 アングレーム国際漫画祭での慰安婦関連作品の展示[編集] 2013年、韓国政府は、日本の慰安婦問題を世界に流布させるためにフランスのアングレーム国際漫画祭に慰安婦を描いた漫画を出品させる計画をすすめ[14][15][16]、2014年1月に開幕した漫画祭では韓国館の大半を使用して、日本軍の従軍慰安婦に関する漫画、アニメが展示された[17][18]。韓国女性家族相の趙允旋は、「ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)は多くの人が知っているが、従軍慰安婦は世界にあまり知られていない」と述べ、この問題が世界で知られることを望むと会見で述べた[18]。 2014年2月3日、菅義偉内閣官房長官は「文化交流や友好促進など(開催)趣旨にそぐわない」と韓国政府を批判した[19]。 ユネスコ世界遺産への登録妨害[編集] 旭日旗を「戦犯旗」と呼称[編集]

Continue reading

ペリリュー飛行場 – Wikipedia

ペリリュー飛行場 (英語: Peleliu Airfield (FAA LID: C23[1]) ) はペリリュー島に存在する飛行場。 大戦期[編集] ペリリュー飛行場は昭和14年(1939年)に大日本帝国海軍が建設したもので、長さ1200m、幅80mの交差した滑走路を2本持つ飛行場であった。昭和18年(1943年)には戦闘機および攻撃機をはじめとした200機の航空機が配備されていたとされる。 昭和19年(1944年)3月30日、31日のパラオ大空襲にて飛行場は多大な損害を受けたが海軍の方針によりパラオは事実上放棄され、9月15日に始まったペリリューの戦いでは少数の稼働機が残るのみであった。米軍の第1海兵師団は飛行場の西であるペリリュー島南西海岸へ上陸し、対する日本兵は航空要員をはじめとする陸戦隊など1万1千人で守備していた。16日、第5海兵連隊(英語版)は北部の高台からの激しい砲火の下を多数の死傷者を出しながらもすばやく突き抜けて、飛行場を奪取しペリリュー島の南部東岸まで進出した。残る島内最南部の日本軍は依然数多くのトーチカに立てこもり、激しい抵抗を続けていたが、第7海兵連隊(英語版)が掃討を行った。気温は46°C近くであり、海兵隊は熱疲憊による多くの死傷者にも悩まされた。また、海兵隊が唯一利用可能な補給用の水が油で汚染されたことも状況を困難にした。それでも23日までには第5、7海兵連隊は島内の空港及び島内南部を確保する目標を完遂した。 アメリカ軍は飛行場占領後、18日には利用可能な状態に持っていった。海兵隊第1観測中隊(英語版)“グラスホッパー”はすぐに海兵隊砲兵と艦砲射撃のための観測活動を開始した。1944年9月26日、海兵隊第114戦闘機中隊(英語版)のF4Uが到着した。F4Uはペリリュー島内での急降下爆撃活動を開始し、洞窟陣地に立てこもる日本軍と戦うために有用な2つの兵器をもたらした。F4Uはロケット兵器によって日本兵が立てこもる洞窟の入口を爆破した。また、太平洋戦争で2度目となるナパーム弾による攻撃も行われ、洞窟陣地を隠す植生を焼き尽くし、内部に隠れる兵士を無力化するのに有用であることが証明された。 アメリカ軍が島を占領すると、飛行場はすぐに修繕され、アメリカ軍の航空基地となった。1944年、2本の滑走路はそれぞれ1,800 m × 91 m、1,200 m ×

Continue reading

大阪私学7強 – Wikipedia

この記事には参考文献や外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。適切な位置に脚注を追加して、記事の信頼性向上にご協力ください。(2020年12月) 大阪私学7強(おおさかしがく7きょう)は、日本の高校野球の各種の大会に出場歴のある、日本の私立の高等学校のうち、1960年代から1980年代にかけて甲子園球場の全国大会出場の常連校であり、当時全国屈指の強豪校でもあった大阪府の私立高等学校7校のことを指す。 大阪私学7強と称されていた学校[編集] 1970年当時の学校名で表記する。 甲子園出場7回 優勝1回 甲子園出場12回 優勝1回 八強4回 甲子園出場37回 優勝7回 準優勝4回          四強6回 八強6回 甲子園出場32回 優勝4回 準優勝3回         四強2回 八強7回 甲子園出場14回 準優勝1回 四強1回         八強2回 甲子園出場12回 優勝1回 八強2回 甲子園出場7回 準優勝1回 四強1回         八強1回 これらの7校は、大阪府予選において覇を競い、毎年春・夏の甲子園出場の常連校となっていた。7校の中で甲子園大会での優勝経験がないのは、北陽・大鉄の2校のみである。 1990年代以降は大阪桐蔭高等学校(甲子園春夏通算9回優勝)・上宮高等学校(甲子園春1回優勝)・履正社高等学校(甲子園夏1回優勝)の3校が台頭し、相対的に大阪私学7強の大阪府予選の優勝が遠のくようになった。このうち明星高等学校などは一時期には大阪府予選の初戦で敗退することが多かった。それでも21世紀に入って8・18年目となった2008・18年の第90回・第100回全国高等学校野球選手権記念大会では近畿大学附属高校(近大附属)が南大阪代表として出場するなどの実績がある。さらには2021年、興國高校が府大会決勝に進むも大阪桐蔭高校に4-3でサヨナラ負けを喫し準優勝に終わるなど些細なものではあるが、健闘を見せている。 1978年の夏の大会で逆転のPLとして名を馳せたPL学園高等学校では、硬式野球部が2016年7月15日の大阪府予選を最後に無期限の休部となったため、大阪府予選敗退以降は、この先に開催予定の各大会(2017年以降の大阪府予選を含む)への出場予定はなくなっている。 エピソード[編集] 大阪私学7強の衰退後の2010年、同年の全国高校野球選手権大会大阪府予選では大鉄高等学校を改称した阪南大学高等学校が、南地区の1回戦でいきなり興國高等学校と対戦した。また、同じ南地区には浪商高等学校を改称した大阪体育大学浪商高等学校が入り、大阪私学7強時代の強豪校の内の3校が同じ地区に入る状況であった。

Continue reading

昭和53年台風第26号 – Wikipedia

昭和53年台風第26号(しょうわ53ねんたいふうだい26ごう、国際名:リタ / Rita[1][2]、フィリピン名:ケイディン / Kading)は、1978年10月に発生し、フィリピンに甚大な被害をもたらした台風である。 1978年10月18日、マーシャル諸島の北東(日付変更線に近い東経175度付近)で台風26号が発生[3][4]。台風は勢力を強めながら西進を続け、22日23時30分の飛行機観測で中心気圧897hPaを観測して以降、中心気圧900hPa以下の猛烈な勢力が続き、25日12時17分の飛行機観測では878hPaという最低気圧を記録した[3]。台風はその後もほとんど勢力が衰えることなく、ルソン島へ向かって西に進み続け、中心気圧905hPaという猛烈な勢力で、26日の夜遅くに上陸した[3]。上陸後間もなく、台風の中心にあった小さくはっきりした眼は一気に見えなくなった[3]。その後ルソン島を通過して、27日に南シナ海へと抜けた頃には勢力もかなり衰えていた。 この台風はフィリピンを中心に甚大な被害をもたらし、少なくとも300人以上の犠牲者を出した。 この台風による被害の後、台風委員会は台風の解析と予報の作業マニュアルの作成を提言し、「TOPEX」と称するプロジェクトを立ち上げた[3]。作業マニュアルの作成にあたり、モデル台風として選定したのがこの台風26号であった[3]。日本の台風作業手順をベースに台風が接近する3日程前から、上陸・通過に際してどのようなタイミングで観測体制の強化や解析予報作業体制の強化、情報発表体制の強化等を進めていくかを各国が共同で作成し、実際の台風を使った作業訓練も行って、マニュアルが作られた[3]。このマニュアルは、改良されながら現在も東南アジア各国の台風作業に活用されているため、この台風の貢献は大きいといえる[3]。 この台風は、台風としての記録を複数残した。 この台風において、「猛烈な勢力」であった期間は90時間 (3日18時間) と非常に長く、台風の最大風速に関する記録が残る1977年以降では最長の記録となっている[5]。台風が猛烈な勢力を72時間以上も維持する確率はわずか0.3%程と極めて低いにも関わらず、この台風がこの記録を残した理由は、海水温が30℃前後に達するフィリピンの東海上を、長距離かつ長時間にわたって移動したためであると考えられる[5]。 またこの台風における移動距離は7,179kmと、歴代7位の長さとなった[6]。 またこの台風は、猛烈な勢力の台風が陸地に上陸すると、地形の影響を受けて(ルソン島では東海岸に沿って山地が連なっている)、中心部の非常に急峻な気圧傾度の部分が、一気に崩壊した事例となった[3]。 移動距離が長い台風 順位 名称 国際名 年 移動距離

Continue reading

京王杯2歳ステークス – Wikipedia

京王杯2歳ステークス(けいおうはいにさいステークス)は、日本中央競馬会 (JRA) が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。 寄贈賞を提供する京王電鉄は、東京都多摩市に本社を置く鉄道会社[4]。 正賞は京王電鉄株式会社賞[2]。 阪神ジュベナイルフィリーズと朝日杯フューチュリティステークスの前哨戦として位置付けられており、中央競馬で行われる2歳馬限定の重賞競走としては3番目に長い歴史を持つ[5][6]。 1965年に「京成杯3歳ステークス(けいせいはいさんさいステークス)」の名称で創設され、1998年に「京王杯3歳ステークス(けいおうはいさんさいステークス)」と改称[注 1]、2001年より現名称となった[5][6]。第1回は中山競馬場の芝1200mで行われたが、1980年より東京競馬場・芝1400mに変更され現在に至る[5][6]。 外国産馬は1989年、地方競馬所属馬は1995年からそれぞれ出走可能になり、2010年からは外国馬も出走可能な国際競走となった[5][6]。 JRAで行われる沿線大手私鉄5社の冠競走に於いて、スプリングカップと同じGII競走である[注 2]。 競走条件[編集] 以下の内容は、2021年現在[2]のもの。 出走資格:サラ系2歳 JRA所属馬(外国産馬含む、未出走馬及び未勝利馬は除く) 地方競馬所属馬(後述) 外国調教馬(優先出走) 負担重量:馬齢(牡馬・セン馬55kg、牝馬54kg) 朝日杯フューチュリティステークスのステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は朝日杯フューチュリティステークスの出走候補馬(3頭まで)に優先出走が認められている[7][8]。また、本競走で2着以内の成績を収めた地方競馬所属馬には朝日杯フューチュリティステークスの優先出走権が与えられる[7][8]。 賞金[編集]

Continue reading

セレブレーション (フロリダ州) – Wikipedia

セレブレーション(英: Celebration)は、アメリカ合衆国フロリダ州オセオラ郡の国勢調査指定地域および計画都市である。ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート近郊に位置し、ウォルト・ディズニー・カンパニーにより開発された。人口は2010年アメリカ合衆国国勢調査(英語版)時点で7427人。行政上はオーランド–キシミー大都市統計地域に属する[3]。同地域は州法にもとづきコミュニティ開発地区(英語版)に指定されている。そのため、投票権は土地所有者のみに限定される。最大の土地所有者はウォルト・ディズニー・カンパニーの傘下団体である[4]。 セレブレーション建設後、ディズニーは当初の計画通り、都市の運営からはほとんどの面において撤退しているが[5] 、町内のオフィスビルにはひきつづきディズニーの事業部門が複数入居している。また、ウォルト・ディズニー・ワールドはインフラ部門としてスマート・シティ・テレコム(Smart City Telecom)とリーディ・クリーク・エナジー・サービス(英語版)の2社を経営しており、町内においてもサービスを提供している。セレブレーションはディズニー・ワールド・リゾートに隣接しており、マジック・キングダムを起点とする道路、ワールド・ドライブ(World Drive)を通じてランド内の各施設と繋がっている。 セレブレーションの建設には多くの現代古典主義建築(英語版)家が参加している。セレブレーション中心市街の郵便局はマイケル・グレイヴス、隣接するウェルカム・センターはフィリップ・ジョンソン、医療施設はロバート・スターンの設計である[6] 。セレブレーションの建設に参加したその他の著名な建築家として、プレビュー・センター(Preview Center)のチャールズ・ムーア、ボヘミアン・ホテル(Bohemian Hotel)のグラハム・ガンド(英語版)、サントラスト・バンク(SunTrust Bank)のロバート・ヴェンチューリとデニス・スコット・ブラウン(英語版)、映画館のシーザー・ペリなどがいる[7]。 初期の開発[編集] 1990年代初頭、ディズニー・デベロップメント・カンパニー(英語版)(Disney Development Company、DDC)はリーディ・クリーク改善地区(英語版)南部にある4,900エーカー (20 km2)の土地開発を推し進めるため、セレブレーション・カンパニー(Celebration Company)を設立した[8]。プロジェクトの総投資額は25億アメリカ合衆国ドルと見積もられている[9]。 セレブレーションのマスタープランは、ドリーハウス建築賞(英語版)を受賞した2名、クーパー・ロバートソン(英語版)とロバート・スターンが、広範囲の景観・公園・道路の設計はサンフランシスコの設計事務所であるEDAW(現在のAECOM)が手掛けた[10]。ペンシルバニア州ピッツバーグのアーバン・デザイン・アソシエイツ(英語版)は新しい建築物をデザインするためのガイドラインとして、パターンブック(英語版)を制定した[11]。セレブレーションは20世紀的な建築様式でデザインされており、高密度住居に適した区画にはなっていない。セレブレーションは2001年にアーバンランド・インスティテュート(英語版)により「New Community

Continue reading

ベア郡 (テキサス州) – Wikipedia

ベア郡(ベアぐん、英: Bexar County、[1])は、アメリカ合衆国テキサス州の中央部南に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は1,714,773人であり、2000年の1,392,931人から23.1%増加した[2]。アメリカ合衆国の郡では人口で第19位である[3]。郡庁所在地は州都サンアントニオ市(人口1,327,407人[4])であり[5]、同郡で人口最大、テキサス州で第2位、アメリカ合衆国で第7位の都市でもある。古スペイン語で”Béxar”は [ˈbeʃar] と発音される。 ベア郡はサンアントニオ・ニューブローンフェルズ大都市圏の中心となる郡である。テキサス州は共和党支持の伝統があるが、ベア郡は大統領選挙で二大政党が競り合うところである。1972年以降ベア郡を制した大統領候補が全て全国を制して当選してきた。 1836年12月20日、ベア郡が創設され、その町域はテキサス共和国西部全体に広がっており、ニューメキシコ州西部や北のワイオミング州までその後の論争があった地域までが含まれていた。テキサス州が州となった後に、ベア郡の中から128の郡が創設された。 ベア郡はテキサスが独立を果たしたときに、23あった自治体(管理区分)の1つであるサンアントニオ・デ・ベハルからその名前が得られた。サンアントニオ・デ・ベハルは当初サンフェルナンド・デ・ベハルの村だったが、スペイン領テキサスでは最初の市民政府が樹立されたところだった。1731年、サンアントニオ川の水源周辺に設立されていた伝導所近くに、カナリア諸島からの移民55人が入ったときに、この町が造られた。この開拓地は、伝導所を守っていたスペインの軍事基地サンアントニオ・デ・ベハル砦に因んで名付けられた。サンペドロ泉に位置するこの砦は1718年に設立されており、スペインのベハル侯爵の次男で、メキシコ副王バルタザル・マヌエル・デ・ズニハ・イ・グスマン・ソトマヨル・イ・サルミエントに因んで名付けられた。ベハルはスペインの町の名だった。 アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は1,257平方マイル (3,256 km2)であり、このうち陸地1,247平方マイル (3,230 km2)、水域は10平方マイル (26 km2)で水域率は0.78%である[6]。 ベア郡はテキサス州中央部南にあり、ヒューストン市の西190マイル (305 km)、メキシコ湾から内陸に140マイル (225 km) に位置している。 バルコーンズ断崖が郡内西部から北東に横切っている。断崖の北はテキサス・ヒル・カントリーの岩の多い丘陵、泉と峡谷である。断崖の南は黒土プレーリーと南テキサス平原である。サンアントニオ川がサンアントニオ市中心街の北にある泉から流れ出し、郡内の南と南東方向に向かって流れている。

Continue reading

イワン・ストロゴフ – Wikipedia

イワン・ストロゴフ プロフィール リングネーム イワン・ストロゴフ 本名 オマール・ファン・デル・シュレン ニックネーム ロシアの荒熊 身長 190cm[1] 体重 130kg(全盛時)[1] 誕生日 1939年3月12日[2] 死亡日 2009年11月??日(満70歳没)[2] 出身地 ベルギー[2] テンプレートを表示 イワン・ストロゴフ(Ivan

Continue reading