ブレット・ニコラス – Wikipedia

ブレット・ニコラス
Brett Nicholas
シカゴ・ホワイトソックス (マイナー)
Brett Nicholas on August 31, 2016.jpg

AAA級ラウンドロック時代(2016年8月31日)

基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アリゾナ州フェニックス
生年月日 (1988-07-18) 1988年7月18日(33歳)
身長
体重
6′ 2″ =約188 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手
プロ入り 2010年 MLBドラフト6巡目
初出場 2016年4月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
  • ピナクル高等学校英語版
  • ゴンザガ大学
  • スコッツデール・コミュニティカレッジ英語版
  • ミズーリ大学
  • テキサス・レンジャーズ (2016 – 2017)

ブレット・ジェームズ・ニコラスBrett James Nicholas, 1988年7月18日 – )は、アメリカ合衆国アリゾナ州フェニックス出身のプロ野球選手(捕手)。右投左打。MLBのシカゴ・ホワイトソックス傘下所属。愛称はジェスロJethro[1]

プロ入りとレンジャーズ時代[編集]

2010年のMLBドラフト6巡目(全体196位)でテキサス・レンジャーズから指名され、プロ入り。契約後、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・レンジャーズでプロデビュー。A-級スポケーン・インディアンス英語版でもプレーし、2球団合計で54試合に出場して打率.242、3本塁打、35打点、2盗塁を記録した[2]

2011年はA-級スポケーンとA+級マートルビーチ・ペリカンズでプレーし、2球団合計で66試合に出場して打率.270、6本塁打、45打点、1盗塁を記録した[2]

2012年はA+級マートルビーチでプレーし、122試合に出場して打率.285、8本塁打、63打点、5盗塁を記録した[2]。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、サプライズ・サグアロス英語版に所属した。

2013年はAA級フリスコ・ラフライダーズでプレーし、136試合に出場して打率.289、21本塁打、91打点、2盗塁を記録した[2]。オフには再びアリゾナ・フォールリーグに参加し、2年連続でサプライズ・サグアロスに所属した。

2014年はAAA級ラウンドロック・エクスプレスでプレーし、127試合に出場して打率.274、10本塁打、58打点、4盗塁を記録した[2]

2015年もAAA級ラウンドロックでプレーし、109試合に出場して打率.268、12本塁打、63打点、2盗塁を記録した[2]

2016年はAAA級ラウンドロックで開幕を迎えたが、4月10日にロビンソン・チリノスが故障者リスト入りしたため、メジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[3]。翌11日のシアトル・マリナーズ戦でメジャーデビュー。その後、5月4日にはAAA級ラウンドロックへ降格し、9月のロースター拡大後は昇格したものの出場機会は無かった。この年メジャーでは15試合に出場して打率.275、2本塁打、4打点を記録した[2]

2017年7月26日のマイアミ・マーリンズ戦では8-18と大差でリードされた9回表にメジャー初登板を果たした。イチローとの対戦時には、4球目に山なりの45mph(約72km/h)の超スローボールを投じたが、イチローは捕手側に2足分ほどステップを踏み、不格好なスイングながら左前に落とす安打を打たれた(この試合の投球内容は1回4失点)[4]。この年メジャーでは21試合に出場して打率.238、2本塁打、11打点を記録した。

2018年3月7日、ティム・リンスカムの加入に伴ってDFAとなり[5]、13日にマイナー契約に切り替わってAAA級ラウンドロックへ配属された[6]

パドレス傘下時代[編集]

2018年4月7日にエマヌエル・クラセとのトレードで、サンディエゴ・パドレスへ移籍となり、傘下のAAA級エルパソ・チワワズに配属された。同球団では117試合に出場して打率.291、16本塁打、83打点、1盗塁を記録した。オフの11月2日にFAとなった[2]

ホワイトソックス傘下時代[編集]

2018年11月19日にコロラド・ロッキーズとマイナー契約を結んだが、2019年3月26日に自由契約となった。

その後、4月4日にシカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結んだ[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]















O
P
S
2016 TEX 15 45 40 5 11 5 0 2 22 4 0 0 0 0 4 0 1 9 2 .275 .356 .550 .906
2017 21 65 63 7 15 4 0 2 25 11 0 0 0 0 2 0 0 13 2 .238 .262 .397 .658
MLB:2年 37 110 103 12 26 9 0 4 47 15 0 0 0 0 6 0 1 22 4 .252 .300 .456 .756
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 63(2016年)
  • 6(2017年)
  1. ^ Ryan Posner (2017年8月24日). “Explaining Rangers Players Weekend nicknames” (英語). MLB.com. 2018年4月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i MLB公式プロフィール参照。2019年4月28日閲覧。
  3. ^ Rangers’ Brett Nicholas: Added to active roster
  4. ^ イチ“初体験”野手攻略!72キロ超スロー球を「下がり打ち」”. スポーツニッポン (2017年7月28日). 2017年8月7日閲覧。
  5. ^ Jeff Todd (2018年3月7日). “Rangers Designate Brett Nicholas, Announce Signing Of Tim Lincecum” (英語). MLB Trade Rumors. 2018年3月10日閲覧。
  6. ^ T.R. Sullivan (2018年3月13日). “Rangers likely to start season with 13-man staff” (英語). MLB.com. 2018年3月14日閲覧。

関連項目[編集]

  • メジャーリーグベースボールの選手一覧 N

外部リンク[編集]