オットー・フランケ – Wikipedia

彼の生家にある記念碑

オットー・フランケ(Otto Franke、1863年9月27日 – 1946年8月5日)は、ドイツの東洋学者。とくに中国史の研究で知られる。主著に『中華帝国史』(5巻)がある。

フランケはゲルンローデ(今のザクセン=アンハルト州ハルツ郡クヴェードリンブルクの一部)に生まれ、フライブルク大学で歴史学と比較言語学を専攻して卒業した後、ゲッティンゲン大学でサンスクリットを学び、インド学の研究で博士の学位を得た[1]。その後、中国語を学び、1888年から1901年まで中国駐在ドイツ大使館の通訳として北京に赴任した。任期中フランケは中国各地およびモンゴル、朝鮮半島、日本を旅行した[1]。1902年に帰国して、アジア関係のジャーナリストとして働いた。

1910年、ハンブルク植民地研究所(1919年からハンブルク大学)に新設された東アジアの言語・文化の教授に就任した[2]。1923年にはベルリン大学に移った。同年、プロイセン科学アカデミーの会員に選ばれた[2]。1931年に退官し、その後は『中華帝国史』の執筆に集中した。1937年に巻3を出した後に第二次世界大戦のために執筆は中断したが、それでも1944年に巻4を出版することができた[1]。巻5(巻4の追補)は没後に出版された。

『Asia Major』誌は1933年にオットー・フランケの70歳記念特集号を刊行した。1933年までの著作一覧を含む[3]

家族・親族[編集]

  • 息子:ヴォルフガング・フランケ(ドイツ語版、1912-2007)も中国学者。

主な著書[編集]

主著の『中華帝国史』は1938年に『支那正史』の題で日本語訳されている。

  • Geschichte des Chinesischen Reiches. Leipzig: Walter de Gruyter. (1930-1952) (5巻)
    • 『支那正史』高山洋吉訳、東学社、1938年。(3巻)

外交官時代の日記と写真は2009年に出版された。

  • Renata Fu-sheng Franke; Wolfgang Franke, ed (2009). „Sagt an, ihr fremden Lande …“ Ostasienreisen: Tagebücher und Fotografien (1888–1901). Steyler. ISBN 3805005628 

参考文献[編集]