Author: lordneo

島秀行 – Wikipedia

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。出典検索?: “島秀行” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2016年12月) 島 秀行(しま ひでゆき、1969年(昭和44年)12月6日 -)は、神奈川県出身の作曲家、ベーシスト、イベントプロデューサー。 米国マサチューセッツ州ボストン、バークリー音楽院卒業。シックスノース、ニクラス・ウインター・カルテット、田中公平バンドなどで演奏活動後フリーの作曲家に転身。代表的な仕事にNHK連続クイズホールドオン!のオープニング及びエンディングテーマ曲、KiramuneリーディングライブのBGM(2014~)[1] などがある。アダルトゲームなどでは四十万行道のペンネームを使っている。 神奈川県横浜市で出生。祖父は国鉄D51形蒸気機関車、新幹線の開発や宇宙開発事業団(NASDA)の初代理事長として知られ、文化勲章受章者である島秀雄。[2] 生後間もなく東京都品川区に引っ越す。幼少時よりバイオリンを習い絶対音感を身に着ける。 高校の時にロックに興味を持ち、卒業後、趣味の宅録に目覚め、その時にベース演奏と作曲を始める。 1989年に音楽を通して国際交流をするプログラムUp With

Continue reading

水谷哲也 – Wikipedia

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。 出典が不足しています。存命人物の記事は特に、検証可能性を満たしている必要があります。(2020年11月) 広告・宣伝活動的であり、中立的な観点で書き直す必要があります。(2020年11月) 雑多な内容を羅列した節があります。(2020年11月)出典検索?: “水谷哲也” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL この項目では、ファッションデザイナーについて説明しています。高校野球指導者については「水谷哲也 (野球)」をご覧ください。 みずたに てつや 水谷 哲也 生誕 (1970-07-05)

Continue reading

船場川 – Wikipedia

船場川(せんばがわ)は、兵庫県姫路市の南部を流れる船場川水系の本流で、二級河川。但し水系としては、事実上市川の支流である。 播磨平野西部、姫路市の市街地から南部の飾磨へかけ、概ね南流する。流域はほぼ平坦。 姫路市保城の飾磨井堰で市川から分かれ、市川のやや西側を南西流。北には増位山や広峰山が聳える。姫路市街に入ると姫路城中濠と並行し、男山の東で大野川を合わせる。一帯は城の西側で、古い街並が残り、男山からは市街を一望できる。また男山の麓には「姫路文学館」がある。 国道2号と交差する白鷺橋で中濠が途切れる付近から南流するようになり、市街地西側を潤す。山陽新幹線をくぐる辺りから川沿いに古びた柱や桁が目立つようになるが、これは市営モノレールの廃線跡である(1966年開業、1974年休止、1979年廃止)。西岸の手柄山は、水族館・植物園・遊園地や各種スポーツ施設などを備えた「手柄山中央公園」となっている。 手柄以南では田園地帯を流れるが、沿岸では近年住宅開発が進んでいる。飾磨区に入り山陽電鉄網干線をくぐると、関西有数のショッピングセンターであるイオンモール姫路リバーシティーが現れる。国道250号が渡る「思案橋」には、菅原道真伝説が伝わっている([1]を参照)。思案橋以南は工業地帯を流れ、播磨灘へ注ぐ。なお、旅客港としての姫路港(飾磨港)は船場川沿いではなく、外堀川(三左衛門堀、野田川)の河口に位置する。 古代には市川の本流であったと言われ、当時は現在の市川流路が支流だったとされる。市川上流からの土砂堆積により、流路を幾度か変えてきた。 姫路へ入った池田輝政は1601年(慶長6年)、姫路城の本格築城に加え、市川を現在の流路に近づけ本流化するなどの河川改修にも着手し、旧本流の船場川も併せて改修した。これは水運や流域の灌漑のみならず、船場川流路を姫路城の防禦にも活用しようとする巧みなもので、現在船場川が一部で濠に沿っているのもこのためである。船場川はこの頃、妹背川または三和川と呼ばれていた。 1617年(元和3年)、池田光政に代わって姫路に封じられた本多忠政は飾磨津(現在の姫路港)まで4kmの間に舟運を計画。河川名もこの折に船場川と改められた。 流域の自治体[編集] 兵庫県 姫路市 主な支流[編集] 流域の観光地[編集] 並行する交通[編集] 鉄道[編集] 1986年(昭和61年)11月1日の廃止まで、国鉄播但線(飾磨港線)も並行していた。イオンモール姫路リバーシティー西側の船場川東岸に飾磨駅があった。 関連項目[編集] 外部リンク[編集] ウィキメディア・コモンズには、船場川に関連するカテゴリがあります。

Continue reading

光が丘大サーカス – Wikipedia

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “光が丘大サーカス” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2017年1月) 光が丘大サーカス(ひかりがおかだいサーカス)は、バナナマン・おぎやはぎ・劇団ひとり・バカリズム・アルファルファ・スピードワゴン・エレキコミックによるコントユニット。 2002年9月15日・16日、光が丘IMAホールにて『光が丘大サーカス〜サーカスのできない人たち〜』を開催。 バナナマン・ラーメンズ・おぎやはぎによる「君の席」に続き、日本テレビが2002年に主催したお笑いライブの第2弾。ソフト化はされていないが後日BS日テレで放送された。 その後BS日テレでは2003年に『デジタル笑劇研究所』を放送。前半30分に光が丘大サーカスメンバーであるバナナマンとおぎやはぎによる『epoch TV square』、後半30分に同じくメンバーのバカリズムとエレキコミックによる『エレバカ!』を放送した。 2010年放送の『ゴッドタン』(テレビ東京)「東京ドスベリサミット」でおぎやはぎ・劇団ひとり・バナナマン・バカリズム・東京03(元アルファルファ)が共演し、このユニットについての話が繰り広げられた。  なおライブで披露された「地獄のピクニック」は、2011年に行われた「第12回東京03単独公演『燥ぐ、驕る、暴く。』」東京追加公演で東京03、ゲストの矢作兼(おぎやはぎ)・浜野謙太によってリメイクされた。 メンバー[編集] バナナマン(設楽統、日村勇紀) おぎやはぎ(小木博明、矢作兼)

Continue reading

高知高等学校 (旧制) – Wikipedia

旧制高知高等学校(きゅうせいこうちこうとうがっこう)は、高知県に設立された官立の旧制高等学校。 改正高等学校令に基づき官立の三年制高等学校として設立され、高等科 (文科・理科) を設置した。 寄宿舎として 「南溟寮」 が設置された。 第二次世界大戦後の学制改革により新制高知大学に包括され、1976年(昭和51年)までの文理学部、現在の人文社会科学部・理学部の母体となった。なお、理学部は2017年(平成29年)4月に、理工学部に改組された。 1921年(大正10年): 高知県、高知市江ノ口の水田2万坪を買上げ、文部省(現:文部科学省)へ献納。 1922年(大正11年)8月24日: 勅令第391号文部省直轄諸学校官制改正により高知高等学校設置。 1923年(大正12年)4月6日: 第1回入学式。初代校長は江部淳夫。 江部は「感激あれ若人、感激なき人生は空虚の生活なり」 と訓辞[1]。 1923年(大正12年)10月: 校歌制定。『自由の空に』 (松野仁 作詞、弘田龍太郎

Continue reading

エリック・アシュビー – Wikipedia

クイーンズ大学ベルファスト校のアシュビー棟 エリック・アシュビー(Eric Ashby, Baron Ashby[1], 1904年8月24日 – 1992年10月22日)はイギリスの植物学者・教育者。 エセックスのレイトンストーンにて生誕。ロンドン市学校に通った後、王立科学カレッジを卒業し、理学士を取得。1926年から1929年までインペリアル・カレッジで実験助手(demonstrator)を務める。1929年、シカゴ大学からハークネス・フェローシップを受ける[2]。1931年から1935年までインペリアル・カレッジ講師、1935年から1938年までブリストル大学講師を歴任した。 1938年、アシュビーはシドニー大学の植物学教授に就任し、1946年まで教鞭をとった。1944年から1945年の間、モスクワの科学カウンセラーを務めた。1947年から1950年まで、マンチェスター大学植物学講座のハリソン主任を務めた。バージェスとエデンによると、「植物学に対するアシュビーの情熱と才能によって、マンチェスター大学は植物学分野においてイギリス国内でも指折りの名門校になった」[3]。 1950年から1959年にかけて、クイーンズ大学ベルファスト校の学長(president)・副総長(vice-chancellor)を務めた。また、ケンブリッジ大学においても、1959年から1975年までクレア・カレッジのマスター(Master)、1967年から1969年まで副総長(vice-chancellor)の役職にあった。1968年から1974年まで、カルフォード・スクールの理事長(Chairman of the Governors)、1970年から1973年まで環境汚染についての王立委員会の委員長を歴任した。1956年にナイトの称号を授与され[4]、1973年7月6日にはサフォーク州ブランドンのアシュビー卿として一代貴族となった[5]。 1935年から1938年まで実験生物学会の秘書、1962年から1963年にかけてイギリス科学促進協会の会長を務めた[6]。1961年、アメリカ芸術科学アカデミーの名誉国外会員に選出された[7]。 1968年、タスマニア王立協会からセンテナリー・メダルを授与され、1973年にはクイーンズ大学ベルファスト校の学長・副総長に就任した。また、イギリス国立果実貿易協会のアドバイザー、王立協会(FRS)のフェローを務めた[1]。1966年、バース大学から名誉学位(理学博士号)を授与された[8]。 アシュビーはエリザベス・ヘレン・マーガレット・ファリースと結婚している。彼女とは細胞組織における炭素測定のための焼却技術についての共同研究する中で出会った。マイケルとピーターという2人の息子をもうけた。 単著[編集] Scientist in

Continue reading

ジ・アメイジング・バド・パウエル Vol.2 – Wikipedia

ジ・アメイジング・バド・パウエル Vol.2(The Amazing Bud Powell Vol.2)は、ジャズピアノ奏者バド・パウエルのアルバム(10インチLP)。1954年リリース。レコード番号BLP5041。1955年には収録曲を変更して12インチLP盤(レコード番号BLP1504)がリリースされた。 10インチLP盤[編集] A面[編集] リーツ・アンド・アイ – Reets And I ニューヨークの秋 – Autumn In New York アイ・ウォント・トゥ・ビー・ハッピー

Continue reading

焙煎 – Wikipedia

「煎る」はこの項目へ転送されています。少量の油を使って加熱する調理法については「炒め物」をご覧ください。 ロースト終了直後のコーヒー豆は直ちに冷却槽に移される 焙煎(ばいせん)または乾煎り(からいり、英: dry roasting、単にロースト(roast)とも[1])とは、加熱プロセスの一つで、熱媒体として油や水を使わずに食材を加熱乾燥させる。他の乾式加熱の方法とは異なり、ナッツや種のような食材に使用される。むらなく確実に加熱されるよう、食材は攪拌して焙煎する。 焙煎にはフライパンや中華鍋 (一部料理での香辛料を乾煎りするのに用いられる[2])、もしくは専用のロースター(コーヒー豆やピーナッツなど)が使用される。焙煎することで、食品中のタンパク質の化学的性質が変化して風味が変わる。また香りや味が強くなる香辛料もある。香辛料を焙煎する際には一般に、さまざまなハーブや調味料を加えて、色がつくまで加熱する。 焙煎した食品には、ピーナッツバター(焙煎したピーナッツから作られる[3])、茶(摘採後ただちに、もしくは発酵させたのちに焙煎した茶葉から作られる[4])、コーヒーやチョコレート(焙煎したコーヒー豆、焙煎したカカオ豆[5]からそれぞれ作られる)などがある。 コーヒー豆の乾煎り(エチオピア) 焙煎は水分を飛ばし、あるいは消化しやすい性質に変えたり香ばしい風味を付けたりするために行われる。 コーヒー豆[編集] コーヒー豆は専ら焙煎して用いられる。焙煎の程度によって、「浅煎り(あさいり)/シナモン」、「中煎り(ちゅういり)/ハイ」、「中深煎り/シティ」、「深煎り(ふかいり)/フレンチ」[6]などという。 茶葉[編集] 緑茶では茶葉を加熱処理する工程があるが、中国の緑茶や一部の日本茶(嬉野茶の伝統的な製法など)では焙煎により加熱処理を行い、「釜炒り茶」と呼ぶ[7]。また、緑茶を茶葉が変色するまで強く焙煎することを「焙(ほう)じる」といい、焙じた茶をほうじ茶と呼ぶ。 穀物[編集] 穀物では、玄米、大麦など、豆類ではピーナッツ、アーモンド、マカダミアナッツなどに焙煎がよくおこなわれる。 ^ 英語でローストは、乾煎り以外にもっと広い意味で使われる。Roasting ^ (英語)“Healthy

Continue reading

オディセ・ロシ – Wikipedia

オディセ・ロシ(Odise Roshi, 1991年5月22日 – )は、アルバニア・フィエル出身の同国代表サッカー選手。ディオーシュジュールVTK所属。ポジションは、ミッドフィールダー(右ウィング)。 クラブ経歴[編集] 地元クラブのKFアポロニア・フィエルでキャリアをスタート。ユース時代にパリ・サンジェルマンFCのトライアウトを受験するも不合格だった[1]。その後16歳でトップチームに昇格。 2008-09シーズン冬、KSフラムルタリ・ヴロラに移籍。UEFAヨーロッパリーグ 2009-10予選・マザーウェルFC戦では敗れたものの2試合で1得点を挙げた[2]。 2011年5月19日、1.FCケルンにフリーで加入[3][4]。2012年1月5日の1.FCカイザースラウテルン戦では72分の途中投入から99秒でゴールを挙げ、同カード22年ぶりの勝利に貢献した[5][6]。 2012年8月6日、FSVフランクフルトに1年間のレンタルで加入。翌シーズンより完全移籍に移行し、2年契約を締結した[7]。 2015年6月6日、HNKリエカにフリーで加入。契約は3年[8]。2015年7月23日のUEFAヨーロッパリーグ 2015-16・アバディーンFC戦で加入後初出場[9]。2015年10月4日のNKザグレブ戦で加入後初ゴール[10] 2016年7月21日、FCテレク・グロズヌイに移籍[11]。2018年8月18日のFCルビン・カザン戦で後半から投入されるが、左膝前十字靭帯を断裂し長期離脱となった[12]。 2021年2月15日、ディオーシュジュールVTKへシーズン終了までの契約で期限付き移籍となることが発表された[13]。 2011年10月7日開催の親善試合・フランス戦でA代表デビュー。フル出場したが0-3で敗れた[14]。 ゴール[編集] ^ “Roshi le

Continue reading

ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート2016 – Wikipedia

ポータル クラシック音楽 ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート2016(ドイツ語: Neujahrskonzert der Wiener Philharmoniker 2016)は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による2016年のニューイヤーコンサート。指揮者はマリス・ヤンソンスが務めた(3回目の登場)。 目次 1 特色 2 演奏曲目 2.1 第一部 2.2 第二部 2.3 アンコール 3 参考文献

Continue reading
Exit mobile version