セスナ サイテーション・ラティチュード – Wikipedia

デイトナビーチ国際空港から離陸するサイテーション・ラティチュード セスナ サイテーション・ラティチュード(Cessna Citation Latitude) (モデル680A)は、アメリカのセスナ社が開発した中型ビジネスジェット機である。製造はカンザス州ウィチタで実施されている。サイテーション・ソヴリン(英語版) (モデル680)を原型にしており、2015年6月に連邦航空局(FAA)によって認定された[4]。 設計と開発[編集] サイテーション・ラティチュードは2011年10月に発表された。それは、サイテーション・XLS +(英語版)よりも大きな航空機としてローンチされ、サイテーション・ソヴリンよりも安価であった。座席数は9でプラット・アンド・ホイットニー・カナダ PW306Dターボファンエンジンを搭載する。サイテーション・ラティチュードは十字形の尾翼と全金属製胴体を特徴とする[5]。 プロトタイプは、カンザス州ウィチタで2014年2月18日に初飛行した[6]。セスナは2015年6月8日にFAAの認定を達成したことを発表した[3]。 顧客への出荷は2015年第3四半期に始まり、2016年の終わりまでに引き渡されていた[1]。最初の顧客はネットジェッツで、150機が発注された[4]。 2016年12月には航空自衛隊の飛行点検機である老朽化したYS-11FCの後継と2016年の事故で損耗したU-125の代替選定において、680Aは低価格ながら十分な機体性能、対地警報装置が地図情報と連動し不要な警報が鳴らないなどのアビオニクスが評価され[7]、ボンバルディア チャレンジャー650とダッソー ファルコン2000Sを破り選定された。費用は機体購入費が3機で約108.7億円、予備エンジン費と定期交換部品費として約5億円、3機による20年分の燃料取得経費として約20.4億円などとされている[8][9]。 2020年3月21日 U-680A 2機が入間基地に到着。26日、自衛隊に納入された[10]。2021年1月20日 3機目が入間基地に到着した[11][12]。

Continue reading

住木諭介 – Wikipedia

住木 諭介(すみき ゆすけ、1901年(明治34年)2月10日 – 1974年(昭和49年)9月11日)は、日本の農芸化学者、農学博士。元理化学研究所副理事長、元東京大学農学部学部長、東京大学名誉教授、日本農芸化学会名誉会員。 目次 1 略歴 2 親族 3 著書 4 編書 5 校閲書 6 論文 7 脚注

Continue reading

尹秀吉事件 – Wikipedia

最高裁判所判例 事件名 退去強制令書発付処分取消請求 事件番号 昭和47(行ツ)65 昭和51年1月26日 判例集 集民第117号15頁 裁判要旨  いわゆる政治犯罪人不引渡の原則は、未だ確立した一般的な国際慣習法とは認められない。 第二小法廷 裁判長 岡原昌男 陪席裁判官 大塚喜一郎、吉田豊、本林讓 意見 多数意見 全員一致 意見 なし

Continue reading

馬場翔大 – Wikipedia

馬場 翔大(ばば しょうた、1993年10月23日 – )は岡山県岡山市出身の陸上競技選手。専門は長距離走。倉敷高等学校、駒澤大学経済学部卒。NTT西日本陸上競技部所属。 経歴・人物[編集] 姉の影響で小学校5年生から陸上を始める。 岡山市立上道中学校3年時、岡山県中学駅伝の1区で区間賞。都道府県対抗駅伝にも出場した。 倉敷高校3年時の第62回全国高校駅伝では3区を区間3位(日本人トップ)で走りチームを準優勝に導いた[1]。2012年3月の第11回アジアクロスカントリー選手権ではジュニア8kmの部で優勝を飾る。 高校卒業後は駒澤大学に進学。大学2年時の第45回全日本大学駅伝6区で学生駅伝デビュー。区間賞を獲得し優勝に大きく貢献する。第90回箱根駅伝では山登りの5区を区間3位で走り、1時間19分54秒と1時間20分を切る好タイムを記録した。3月の第19回世界大学クロスカントリー選手権では6位入賞を果たした。 3年時の関東インカレ2部ハーフマラソンで3位入賞。第46回全日本大学駅伝では最終8区を任され、区間5位で走り4連覇の優勝テープを切った。第91回箱根駅伝では再び5区を担当。トップでタスキを受けたが、猛烈なペースで追い上げてきた青山学院大学の神野大地に10.5kmで逆転を許すと、低体温状態に陥り次第に失速。21.9kmでは足の痙攣で立ち止まってしまう。ゴール直前では二度三度と地面に手をつき立ち止まりながらも歩を進め、最後は倒れこむようにゴールテープを切り、直後に緊急搬送された。結果として往路4位まで順位を下げチームも総合2位。レース後は一時陸上を辞めることも考えたが、家族の支えもあり競技を続行する。 4年時の関東インカレ2部ハーフマラソンでは2年連続の3位入賞。第47回全日本大学駅伝では、6区を担当し区間賞を獲得。第92回箱根駅伝では大八木弘明監督から走る区間の選択権を与えられたが、5区でリベンジをしたいという気持ちを抑え、チームのために8区を選択し、区間2位の好走を見せ笑顔でタスキをつないだ[2][3]。 NTT西日本では2017年・2018年と関西実業団駅伝6区で2年連続区間賞を獲得。ニューイヤー駅伝でもエース区間の4区を2年連続で担当した。 自己記録・成績[編集] 自己ベスト記録[編集] 大学駅伝成績[編集] 学年 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝

Continue reading

塚越健司 – Wikipedia

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。 出典が全くありません。存命人物の記事は特に、検証可能性を満たしている必要があります。(2016年12月)出典検索?: “塚越健司” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL 塚越 健司(つかごし けんじ、1984年6月- )は、日本の社会学者。専攻は情報社会学・社会哲学。拓殖大学非常勤講師。研究対象はミシェル・フーコーから、ウィキリークスやハッカー文化までネット社会の諸現象に及ぶ。 目次 1 来歴・人物 2 著書 2.1

Continue reading

鉄道コレクション – Wikipedia

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “鉄道コレクション” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2017年1月) 鉄道コレクションをNゲージ化した例 鉄道コレクション(てつどうコレクション)は、2005年からトミーテックより発売されている鉄道車両のディスプレイモデル(展示用模型)である。「鉄コレ」の通称で呼ばれている。シリーズの名称は「鉄道コレクション」だが、トミーテック公式ウェブサイト内では「The 鉄道コレクション」の表記も見られる[1]。 概要 トミーテックから発売されている「バスコレクション」や「カーコレクション」、「街並みコレクション」などと同じく縮尺1/150 が採用されている。 これまで同社が展開する鉄道模型ブランドであるTOMIX(トミックス)はもとより、同業他社が殆ど手がけてこなかった、大手・地方私鉄(現在は廃線となった路線も含む)の1960年代 – 1990年代前後に使用されていた車両を各種モデル化したのが特徴。 構造 製品の主なパーツ構成は射出成形によるプラスチック製の塗装済み車体と床板[注釈

Continue reading

川野一成 – Wikipedia

川野 一成(かわの かずなり、1944年1月25日 – )は、福岡県出身の日本の柔道家。段位は七段[1]。 柔道は中学3年の時に始めた[1]。常磐高校から国士舘大学へ進学するが、この当時大きな実績はあげていない。大学時代には指導者の上野孫吉から「オマエはもう柔道やめてくれ、邪魔だ!」と言われたこともあった[1]。大学を卒業すると、地元に帰らずもう少し東京に留まっていたかったことから国士舘高校の教員になると、先輩から頼まれて柔道部監督にも就任した。最初はそれほど乗り気でなかったものの、柔道部を指導していくうちに勝てない悔しさからどんどん指導にのめりこんでいった[1]。 後のロサンゼルスオリンピック及びソウルオリンピック95kg超級金メダリストの斎藤仁をスカウトした際には、直前に柔道部の寮が火事になってしまったことから着る物もなくて、やむを得ずペラペラのヤッケを重ね着して斉藤の住む青森県まで赴いた[1]。1977年にはその斉藤などの活躍によりインターハイ団体戦で初優勝を飾った[1]。1978年には病を患ったことから、コーチだった岩渕公一が代役で監督を務めてインターハイ2連覇を達成した[2]。その後復帰すると、1985年には新たに創設された国士舘中学柔道部の監督となった。一方で、岩渕が高校の監督を務める分業体制が確立して、中学高校の一貫指導が本格化していった(川野は中学及び高校の柔道部総監督も兼任)[1]。 1990年には全国中学校柔道大会で初優勝を飾った[3]。一方で、1995年には高校選手権団体戦で17年ぶりとなる高校での全国大会優勝を果たした。監督及び総監督として高校選手権では3連覇を含めて優勝8回、金鷲旗では9回の優勝、インターハイでは優勝14回と全国大会で数多くの優勝を成し遂げた[4][5][6]。2000年、2010年、2015年には高校団体3冠(高校選手権、金鷲旗、インターハイ)も達成した[7]。 また、近代柔道杯では優勝11回、全国中学校柔道大会では優勝14回、マルちゃん杯では16回もの優勝を果たした[3][8][9]。2010年と2016年には中学団体3冠(近代柔道杯、全国中学校柔道大会、マルちゃん杯)を達成した[10]。選手では斉藤の他に、元78kg級世界チャンピオンの日蔭暢年、アテネオリンピック100kg超級金メダリストの鈴木桂治、北京オリンピック100kg超級金メダリストの石井慧、アテネ及び北京オリンピック66kg級金メダリストの内柴正人、元無差別世界3位の高井洋平など、寝技重視の指導で多数の有名選手を育てた[1]。 なお、結果を出した選手に対して、「あの選手はオレが教えたんだ」と言うような態度は指導者として非常にカッコ悪いので、あくまでも子供たちの努力の結果であることを弁えておくべきだという[1]。 2002年に国士舘中学及び高校の副校長となると、2004年には校長に昇格した。2016年に退任後は、国士舘スポーツ振興会の会長に就任。中学及び高校の柔道部総監督も依然として続けている[1]。長男の一道は作陽高校の柔道部監督、次男の成道は国士舘中学柔道部の監督をそれぞれ務めている[1]。 監督及び総監督としての実績[編集] 高校選手権 優勝8回(1995年、1998年、2000年-2002年、2004年、2010年、2015年) 金鷲旗 優勝9回(1997年、2000年、2002年、2004年、2006年、2010年、2011年、2015年、2016年) インターハイ 優勝14回(1977年、1995年、1998年-2000年、2003年、2005年、2007年、2010年、2011年、2014年-2016年) (出典[4]、[5]、[6])。 近代柔道杯

Continue reading

浅岡齋 – Wikipedia

浅岡 齋(あさおか ひとし、1906年10月17日 – 1983年3月22日)は、日本の官吏、政治家、実業家。岡崎市役所職員として戦災復興と都市計画事業に大きく貢献。また、岡崎市助役として3期12年にわたって竹内京治・太田光二市政を支えた。愛知県議会議員を1期務めた。 愛知県額田郡広幡町大字伊賀(現・岡崎市伊賀町)に生まれる。両親は岡崎町大字松本(現・岡崎市松本町)で置屋「浅岡」を営んでいた。東京実業高等学校を2年で中退[2]。19歳の時に豊橋市の騎兵連隊に入隊。1929年(昭和4年)、母親を心臓病で亡くす。意気阻喪した浅岡は除隊し、樺太の造林会社に活路を見出した。森林から伐採した木材を積んだイカダに一旦乗った以上、イカダをつなぐ一本の綱が切れたら一巻の終わりという過酷な仕事に「どこをどうしても貫き通すつもりで」打ち込んだものの、会社の事業不振から2年足らずで内地に引き揚げることとなる。 27歳の時、市内元能見町の岡崎織布株式会社に入社。人事係に配置される。労働運動の盛んな頃であり、運動家の尖鋭分子たちに神社に一人で呼び出され「お互いに労働者でありながら、女工さんや職工諸君が少しでも人間らしい生活をしようとして立上れば、君がすぐ邪魔をする。少しは恥を知ったらどうだ」と凄まれたこともあったという。繊維会社時代は黒柳久太郎社長のもとでよく鍛えられたという。 1936年(昭和11年)、黒柳の会社を退社。4月に岡崎市役所に採用される。1945年(昭和20年)2月、防衛課長就任。同年7月20日未明の岡崎空襲においては市防空本部の監視哨長として市庁舎を戦火から守った。 1946年(昭和21年)4月、建設課長就任。1948年(昭和23年)2月11日、岡崎市消防長就任。なお、岡崎市消防本部はこの年の3月7日に発足している。 1954年(昭和29年)11月10日、編纂者の一人として携わった『岡崎市戦災復興誌』が刊行。 岡崎市助役に就任[編集] 1955年(昭和30年)4月に竹内京治が岡崎市長選挙に3選。同年6月、手腕と功績を買われ、助役に抜擢される[注 1]。戦災復興とこれに伴う都市計画事業推進のほか[注 2][注 3][注 4]、数多くの近代工場の誘致に尽力した(後述)。1959年(昭和34年)4月、義兄の太田光二[11]が市長選に立候補し、4選を狙う竹内を破る。 1967年(昭和42年)6月28日、任期満了により助役を退任[12]。退任後は、名鉄グループが出資設立した康生通西の西三河総合ビル、岡崎陸運株式会社[注 5]を前身とする岡陸タクシーの各代表取締役を務め経済界でも活躍した[14]。 1969年(昭和44年)7月に盟友の榊原金之助県議が脳卒中で倒れると[15][16]、周囲から後継者として出馬を勧められるようになる。義兄の太田市長が4選出馬の意思を固める前に運動を開始[17]。1971年(昭和46年)4月11日の愛知県議会議員選挙に自由民主党公認で立候補し初当選した[18]。なお、4月25日には市長選も行われ、太田は前県議の内田喜久に敗れた。県議選の結果は以下のとおり[注 6]。

Continue reading