愛田武 – Wikipedia

愛田 武(あいだ たけし、1940年7月1日 – 2018年10月25日)は日本の実業家。本名:榎本 武(えのもと たけし)[1]。愛田観光株式会社元代表取締役社長。歌舞伎町ホストクラブ協力会初代会長。その源氏名は大ファンであった歌手の愛田健二に因む[2]

人物・来歴[編集]

  • 1940年7月1日、新潟県北蒲原郡中条町(現・胎内市)で9人兄弟の6番目として誕生。
  • 1956年子宝に恵まれなかった中条町有数の名家へ養子となる。
  • 1960年 家業である農業が肌に合わず19歳のときに家出同然で東京へ上京。東京フランスベッドに入社。全国250店舗の営業成績で、ナンバー1の売り上げを記録する。
  • 1966年 防犯器具会社「日本ベル」を設立。
  • 1967年 防犯器具会社「日本ベル」が倒産。その後すぐに、かつら会社「クリーンヘア」を設立。
  • 1968年 ホストクラブ「ロイヤル」に入店。
  • 1969年 「ナイト宮益」に引き抜かれる。
  • 1971年 東京八重洲口日本最大のホストクラブ「ナイト東京」に入店(2フロアー160坪で当時日本最大のホストクラブ)。
  • 1971年 「ナイト東京」退店。独立し、新宿二丁目にクラブ「愛」(現在の愛本店。現存する日本で最も老舗のホストクラブ)をオープンさせる。
  • 1972年 2号店「ニュー愛」をオープンさせ、本店とともに翌年、歌舞伎町へ移転させる。
  • 1980年 新宿中央口に240坪の日本最大のホストクラブをオープン。
  • 1982年 日本最大のホストクラブを閉店。
  • 1988年 おなべクラブ「ニューマリリン」をオープンさせる。
  • 1995年 パブ「ダイアナ」とクラブ「ゲイン」をオープン。計5店舗のオーナー兼、売れっ子ホストとして活躍。
  • 2000年 クラブ「ゲイン」をパブ「ビブロス・愛」として新規オープンさせる(2009年現在、カサノバとして営業中)
  • 2001年 パブ「ダイアナ」をショットバーとしてリニューアル
  • 2005年 BAR「POWER HALL HAJIME」をオープン。
  • 2007年 BAR「POWER HALL HAJIME2」をオープン。
  • 2007年 おなべBAR「マリリン2」をオープン。
  • 2009年現在、「愛本店」、「ニュー愛」、「カサノバ」、「ニューマリリン」の4店舗で経営者として従業員300人を抱える。
  • 2009年1月10日、愛田の半生を描いた日本映画『NIGHT☆KING ナイトキング』(倉科遼原作、主演いしだ壱成)が公開された。
  • 2009年9月4日、妻 朱美が書いた自伝「ホストの女房」がフジテレビの金曜プレステージにて放映された。(朱美役は黒木瞳、愛田武役は寺島進)
  • 2011年 脳梗塞に倒れ、同時に認知症を発症する[3]。脳梗塞で倒れたのには酒好きがたたったともいう[4]
  • 2014年8月 愛田観光の社長を退任[3]。この頃から息子たちの間で覇権争いが勃発。男のみ3人兄弟だったが、最終的に長男以外の2人は自殺した。
  • 2015年老人介護施設に入居していたが、資産をほぼ全て失い年金頼みの生活だった[3]
  • 2018年9月に体調に異変が生じて入院。心臓にペースメーカーを埋め込み、胃ろうの処置を施したが、その約1か月半後の10月25日3時すぎ、東京都内近郊の病院で死去[5][6][7]。78歳没。
愛田観光グループ一覧
ホストクラブ 愛 本店1部
ホストクラブ 愛 本店2部
ニュー愛
Casanova1部
Casanova2部
おなべBar ニューマリリン
おなべBar ニューマリリン2
POWER HALL HAJIME
テレビ
DVD
  • Champagne Call(発売:エイベックス)
  • Champagne Call2(発売:エイベックス)
  • 「ホスト王が明かすいい女の法則」
  • 「ホスト王・愛田流 天下無敵の経営術」 

関連書籍[編集]

書籍
漫画

関連項目[編集]

外部リンク[編集]