エティエンヌ・ジョフロワ・サンティレール – Wikipedia

エティエンヌ・ジョフロワ・サンティレール
Geoffroy72.jpg

70歳頃のジョフロワ

生誕 1772年4月15日
フランス王国 セーヌ=エ=オワーズ県英語版エタンプ
死没 1844年6月19日
フランスの旗 フランス王国 パリ
居住 フランスの旗 フランス
国籍 フランスの旗 フランス
研究分野 博物学、比較解剖学、生物学、自然科学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

エティエンヌ・ジョフロワ・サンティレール(フランス語: Étienne Geoffroy Saint-Hilaire、1772年4月15日 – 1844年6月19日)は、フランスの博物学者。

ジョフロワ(前)とジョルジュ・キュヴィエ(奥)の漫画

1772年にフランス、セーヌ=エ=オワーズ県(Seine-et-Oise)エタンプで出生。最初、僧侶になるための教育を受けたが博物学に転身し、国立自然史博物館の教授に就任した。自身の研究で器官および組織の相同関係を明らかにして、動物界には共通した「構造の単一のプラン」があると説いた。

息子のイジドール・ジョフロワ・サン=ティレール(Isidore Geoffroy Saint-Hilaire, 1805年12月16日 – 1861年11月10日)は動物学者。

  • 解剖哲学(1818年 – 1820年)

関連項目[編集]

  • ジョルジュ・キュヴィエ
  • フレデリック・キュヴィエ
  • ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
  • ショウガラゴ、オオガラゴ – 双方ともジョフロワが学名を命名した。
  • ルネ=ジュスト・アユイ – フランス革命で投獄されたアユイの解放に尽力した。

ウィキメディア・コモンズには、エティエンヌ・ジョフロワ・サンティレールに関するカテゴリがあります。