カール=テオドール・ツー・グッテンベルク – Wikipedia

ドイツ ドイツの旗の政治家

カール=テオドール・ツー・グッテンベルク

Karl-Theodor zu Guttenberg

Karl-Theodor Freiherr von und zu Guttenberg cropped.jpg

カール=テオドール・ツー・グッテンベルク(2011年)

生年月日 (1971-12-05) 1971年12月5日(50歳)
出生地 西ドイツの旗 西ドイツ、バイエルン州ミュンヘン
出身校 バイロイト大学
所属政党 キリスト教社会同盟 (CSU)
配偶者 シュテファニー・ビスマルク=シェーンハウゼン(1976年生)
宗教 カトリック
サイン Karl-Theodor zu Guttenberg - Unterschrift 2010.png
公式サイト Karl-Theodor zu Guttenberg

ドイツの旗 ドイツ連邦共和国国防大臣
在任期間 2009年10月28日 – 2011年3月3日

ドイツの旗 ドイツ連邦共和国経済技術大臣
在任期間 2009年2月10日 – 2009年10月27日

キリスト教社会同盟事務局長
在任期間 2008年11月3日 – 2009年2月10日

ドイツの旗 ドイツ連邦議会クルムバッハ選出
在任期間 2002年9月22日 –
テンプレートを表示

カール=テオドール・マリア・ニコラウス・ヨーハン・ヤーコプ・フィリップ・フランツ・ヨーゼフ・ジルヴェスター・ブール=フライヘア・フォン・ウント・ツー・グッテンベルク(ドイツ語: Karl-Theodor Maria Nikolaus Johann Jacob Philipp Franz Joseph Sylvester Buhl-Freiherr von und zu Guttenberg[1], 1971年12月5日‐)は、ドイツの政治家。所属政党はキリスト教社会同盟(CSU)。2009年2月より第1次メルケル内閣で経済・科学技術相を、同年10月より国防相を務めたが、博士論文盗用が明るみに出て2011年3月に辞任した。

家族と生い立ち[編集]

バイエルン州ミュンヘン生まれ。姓の一部のフライヘア(Freiherr、「男爵」)が示すように、フランケン地方の貴族の家系の出身である。祖父カール・テオドールは1967年から69年までクルト・ゲオルク・キージンガー内閣の首相府政務次官を務めた政治家、父エノッホは指揮者である[2]。母も伯爵家の出身だが、1977年に父と離婚、1985年にヨアヒム・フォン・リッベントロップの息子と再婚した。

1991年にアビトゥーアに合格後、兵役に従事、予備役下士官となる。大学で法学と政治学を学び、司法試験に合格。2007年に憲法に関する論文で法学博士号を取得。その一方1994年から一族の経営する会社に参画し、経営責任者となった。また1996年から2002年まで、病院の監査役を務める。2000年にビスマルク=シェーンハウゼン伯爵家の娘(オットー・フォン・ビスマルクの玄孫)と結婚し、二女をもうけている。

政治活動[編集]

グッテンベルクはバイエルン州のユンゲ・ウニオン(ドイツキリスト教民主同盟=CDUの青年団体)に参加、2008年まで同団体の地区代表を務める。2002年からクルムバッハ郡議会議員を務め、またドイツ連邦議会選挙に初当選した2002年からクルムバッハ地区のCSU代表団入り。2007年12月、周囲の予測に反してCSUオーバーフランケン地区の代表に選出され、CSU執行部入り。CSU外交委員会委員長。CDU/CSU議員団軍縮政策担当スポークスマン。ドイツ・イギリス友好議員連盟代表。バイエルン州議会選挙後の2008年11月からCSU事務局長。

大臣職[編集]

連邦経済相ミヒャエル・グロースが突然辞意を表明した2009年2月、その後任として第1次メルケル内閣に入閣した。37歳での経済相就任はドイツ連邦共和国史上最年少である。オペル社救済問題では親会社であるゼネラルモーターズのあるアメリカ合衆国を訪問して交渉に当たり、注目を集めた。第2次メルケル内閣が成立した同年10月に、辞職した前任者を引き継いで国防相に転じた。これもドイツ連邦共和国史上最年少での国防相就任となる。

2009年9月27日に投開票された2009年ドイツ連邦議会選挙では68%もの票を集めてトップ当選。これは全議員の中でも最高水準であり、南ドイツ新聞は「得票王」との見出しを付けた。公共放送局のZDFが2009年10月末に実施した世論調査では、メルケル首相やペール・シュタインブリュック元財務相を抑え「最も評価が高い政治家」に選ばれる。メルケルの有力後継候補とも見られたが、2011年になって2007年にバイロイト大学に提出した博士論文に既存の論文などからの盗用疑惑が持ち上がり、国防相辞任を求める声が野党から上がった[3]。バイロイト大学より博士号を剥奪され、3月1日には混乱の責任を取り辞表を提出した[4]
同時にドイツ連邦議会議員も辞職した。国防相時代には財政難を背景に徴兵制度の見直し(実質的な廃止)の推進を行なった。

退任後[編集]

博士論文盗用疑惑を受け、著作権侵害の容疑でホーフ地方検察局による捜査が行われた。グッテンベルク自身は家族とともに7月にアメリカ合衆国コネチカット州に移住し[5]、9月からワシントンD.C.にあるシンクタンク・戦略国際問題研究所の無給職に招かれたと報じられている[6]

きっちり手入れされた髪型に笑顔、スマートな身のこなしに貴族という出自もあってドイツ国内でもファンが多い。

子供の頃から6億ユーロ相当もの資産を運用していた。

  1. ^ 23. Februar 2011 – Karl-Theodor zu Guttenberg verliert den Doktortitel Offizielle Internetpräsenz Westdeutscher Rundfunk. Abgerufen am 14. November 2016.
  2. ^ “Trauerfeier für Enoch zu Guttenberg”. Welt. (2018年6月30日). オリジナルの2018年7月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/TtXlJ 2018年7月1日閲覧。 
  3. ^ “人気の独国防相に論文盗用疑惑、辞任要求強まる” (日本語). 読売新聞. (2011年2月19日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110219-OYT1T00702.htm 2011年2月19日閲覧。 
  4. ^ “盗用疑惑の国防相辞任=メルケル政権に打撃−ドイツ” (日本語). 時事通信. (2011年3月1日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011030100954 2011年3月3日閲覧。 
  5. ^ http://www.spiegel.de/politik/deutschland/0,1518,785483,00.html
  6. ^ http://www.spiegel.de/politik/ausland/0,1518,788969,00.html

外部リンク[編集]

公職
先代:
フランツ・ヨーゼフ・ユング
ドイツの旗 ドイツ連邦共和国国防大臣
2009 – 2011
次代:
トーマス・デメジエール
先代:
ミヒャエル・グロース
ドイツの旗 ドイツ連邦共和国経済技術大臣
2009
次代:
ライナー・ブリューデルレ