マリオン郡 (ミズーリ州) – Wikipedia

座標: 北緯39度49分 西経91度37分 / 北緯39.81度 西経91.62度 / 39.81; -91.62

マリオン郡(英: Marion County)は、アメリカ合衆国ミズーリ州にある郡。2005年の推定人口は28,375人で、郡庁所在地はパルミラ(Palmyra)である。[1]

マリオン郡一帯は、郡の組織以前は「2つの川がある土地」(Two Rivers Country)と呼ばれ、その後1826年に郡が組織された。また、郡名はアメリカ独立戦争で活躍し、「沼の狐」と呼ばれたフランシス・マリオンからとられた。

マリオン郡はハンニバル小都市統計地域(Hannibal Micropolitan Statistical Area)の一部となっている。

アメリカ合衆国国勢調査局によると、この郡は総面積1,150 km2 (444 mi2)である。このうち1,135 km2 (438 mi2)が陸地で、15 km2 (6 mi2)が水域である。総面積の1.34%が水域となっている。

隣接する郡[編集]

幹線道路[編集]

人口動静[編集]

人口推移
人口 ±%
1900年 26,331 —    
1910年 30,572 +16.1%
1920年 30,226 −1.1%
1930年 33,493 +10.8%
1940年 31,576 −5.7%
1950年 29,765 −5.7%
1960年 29,522 −0.8%
1970年 28,121 −4.7%
1980年 28,638 +1.8%
1990年 27,682 −3.3%
2000年 28,289 +2.2%
ミズーリ州の各郡の人口推移

2000年現在の国勢調査[2]で、この郡は28,289人、11,066世帯、及び7,524家族が暮らしている。人口密度は25/km2 (65/mi2)で、11/km2 (28/mi2)の平均的な密度に12,443軒の住居が建っている。この郡の人種的構成は白人93.26%、黒人(アフリカ系)4.62%、先住民0.27%、アジア系0.28%、太平洋諸島系0.08%、その他の人種0.18%、及び混血1.32%で、人口の0.89%がヒスパニックまたはラテン系である。住民のうち28.5%がドイツ系、25.6%がアメリカ系、11.0%がアイルランド系、10.3%がイングランド系移民の子孫である。

11,066世帯のうち、33.30%は18歳未満の子供と暮らしており、53.50%は夫婦で生活している。11.40%は未婚の女性が世帯主であり、32.00%は家族以外の住人と同居している。28.10%は独身の人が住んでおり、13.80%は65歳以上の独居老人である。1世帯あたりの平均人数は2.44人であり、家庭の場合は2.98人である。

郡内の住民は25.70%が18歳未満の未成年、18歳以上24歳以下が9.50%、25歳以上44歳以下が26.40%、45歳以上64歳以下が21.70%、及び65歳以上が16.60%にわたっている。中央値年齢は37歳である。女性100人に対して男性は89.40人いて、18歳以上の女性100人に対しては男性は85.70人いる。

この郡の世帯ごとの平均的な収入は31,774米ドルであり、家族ごとでは41,290米ドルである。男性の30,935米ドルに対して女性は20,591米ドルの平均的な収入がある。この郡の一人当たりの収入(per capita income)は16,964米ドルである。人口の12.10%及び家族の9.30%は貧困線以下である。18歳未満の15.30%及び65歳以上の10.50%は貧困線以下の生活を送っている。

都市および町[編集]

(括弧内の数字は2000年時の人口)

外部リンク[編集]