フランス地質学会 – Wikipedia

フランス地質学会
英語名称 Geological Society of France
公用語表記 Société géologique de France
略称 SGF
専門分野 地球科学系
設立 1830年3月17日
事務局 フランス
会員数 1,200人(2006年現在)
刊行物 Bulletin de la Société géologique de France
ウェブサイト http://www.geosoc.fr/
テンプレートを表示

フランス地質学会(フランスちしつがっかい、フランス語: Société géologique de France、略称: SGF)は、フランスの地質学会である。1830年3月17日に創立された。2006年時点の会員数は1,200人である。

設立メンバーは、コンスタン・プレヴォ英語版、アミ・ブーエ、ジェラール・ポール・デエー、ジュール・デノアイエ英語版らであった。初代の会長はアミ・ブーエが務めた。1832年4月、7月王政のフランス王ルイ・フィリップの承認を得た。1843年にアルシド・ドルビニが会長になり、ルイ・コルディエ 、アンドレ・ヴィリエ英語版、アレクサンドル・ブロンニャール、アルマン・デュフレノア、ジャン=バティスト・エリー・ド・ボーモン、アンリ・ブランヴィル らが最初の委員に選ばれた。1850年頃には約38%の会員をチャールズ・ダーウィン、チャールズ・ライエル、ロデリック・マーチソンらの外国人会員が占めるようのなった。

学会の設立以来(誌名の変更はあるが)、Bulletin de la Société géologique de France を発行している。

関連項目[編集]

  • 学会

外部リンク[編集]