無相流 – Wikipedia

無相流には二つの系統がある。

  1. 嶌家の家伝である無相流逆捕
  2. 中條が無相流逆捕と他数流を学んで創始した無相流新柔術

ここでは、主に無相流新柔術について記す。


無相流新柔術(むそうりゅうしんじゅうじゅつ)とは、讃岐国(現在の香川県)で伝承されていた柔術の流派の一つ。

無相流新柔術は、中條勝次郎澄友(1799-1846)が開いた流派である。

中條勝次郎澄友は十四歳の時に丸亀雑賀の嶋友三(嶋左之右衛門家貞)の門人となり無相流逆捕組討、天下無双流捕縄術、関口流居合を学び十七歳で全ての免許を受けた。また、嶋友三の門人図子與之助に師事し関口眼流柔術(岸流)、浅山流、萩野流火術、静流長刀を学んだ。他に赤羽流所秘大国火、村上流鉄鎖、無天流剣術も学んだ。 また、中條は直心影流剣術の免許皆伝を持っている。

文政七年(1824年)ごろに自宅に中條塾を新設し、昼間は武士に夜間は百姓町人に文武を教えた。その後、嶋から学んだ無相流逆捕に工夫を加え新たに無相全流を創始し、天保三年(1832年)に流派名を無相流新柔術に改めた。

天保十一年(1840年)、中條勝次郎が41歳の頃に、文武の門人が増加して210余名を数え道場は全盛をきわめた。県内や他国からの武者修行者が相次いだとされる。

中条塾の名が広まったのは二代目の中條秀次郎の時代である。高松藩の留守居寄合となり領主から目を掛けられていた。明治24年に西庄村(坂出市西庄町)の白峰宮の神職となった。中條秀次郎の門下には千田伝四郎、綾野孫七、福井利吉、宮武浪次郎の「中條四天王」と呼ばれる免許皆伝の高弟がおり、自宅に道場を設けて多くの師弟を育成していた。

空手家の小西康裕も松井三蔵から無相流を学んでいる。
無双流と書かれることもある。

無相流逆捕[編集]

嶌理休翁が創始した。
丸亀城で武術指南役をしていた嶌家の家伝武術である。逆捕組討とも書かれる。
嶌家は嶌左近の末裔と伝わる。

無相流の乱捕における寝技は有名であり、これらの技術は松井三蔵、宮武浪次郎、宮武京一らによって県下に普及し当時の讃岐は寝技王国讃岐と言われていた。また、講道館の嘉納治五郎は松井三蔵と山下義韶の乱捕を見て、寝技の重要性に気付き松井に講道館に入門して寝技を指導してほしいと懇願したという。しかし、松井は投技主体の講道館の乱捕が無相流の逆 絞 主体の乱捕に比べ甘く感じ入門しなかったとされる。松井三蔵の門下からは講道館柔道10段の岡野好太郎が出ている。

後に講道館柔道が全国に広り講道館に迎合する形で吸収されたので、当時の香川県の柔道家は無相流出身者が多かった。

讃岐柔道史によると明治38年に大日本武徳会で乱捕の形が制定された際、松井三蔵の並々ならぬ努力によって無相流新柔術から片羽絞が採用されたとしている[1]

四天王、十傑[編集]

中条塾四天王

  • 千田源次郎(千田伝四郎)
  • 綾野喜一(綾野孫七)
  • 福井利吉
  • 宮武浪次郎(講道館9段の宮武京一の父)

中条塾十傑

  • 松井三蔵
  • 藤井友太郎
  • 井宮熊太郎
  • 宮武仁八(四天王の宮武浪次郎の弟)
  • 加賀菊次
  • 川田政吉
  • 中條勝次郎澄友
    • 中條繁太郎
    • 中條秀次郎藤原澄靖(中條勝次郎澄靖)
      • 中條澄朗
      • 綾野孫七(綾野喜一)[2][3]
        • 加賀菊次
        • 三野小助
        • 綾井八郎
        • 石井菊市
        • 向畑平吉
      • 千田伝四郎(千田源次郎)
        • 北村喜三次
        • 福家国八
        • 土居米吉
        • 谷二一
      • 宮武浪次
        • 宮武京一(高松講道館長、九段範士)
          • 藤川三郎(明道館)
        • 宮武卯一(修武館)
      • 松井三蔵[4]
        • 河田政吉
        • 前川宗一
        • 岡野好太郎
        • 宮武京一
        • 秋山忠雄
        • 香川節次
        • 大野慶三郎
        • 村井真一
        • 植松秀太郎
        • 島利吉
        • 吉本官次
        • 吉田新助
        • 雨宮正男
        • 小西康裕
        • 小西財三郎
      • 中村周吉
        • 塩田好太郎
        • 井宮熊太郎
        • 片岡市太郎
        • 大島庄太郎
        • 深井好太郎
        • 三木弥八
        • 増田
        • 玉井太吉
        • 磯崎直太郎
        • 菊池喜次郎
        • 三好好太郎
        • 岡太次郎
      • 福井利吉
      • 加賀菊次
      • 宮武仁八
      • 大林春次
      • 永田為一
      • 千田栄三郎
      • 藤井友太郎
        • 角谷七五郎
          • 井上淸三郎(演武館)
      • 大捕雪次靖親
        • 宮下七五郎靖隆
        • 尾崎嘉作
      • 川田政吉
      • 津島金吾
      • 須崎国蔵
      • 大熊才八
      • 樋口政次郎正義
      • 高木岩三郎
      • 三好坂蔵
      • 高畑政次郎

無相流新柔術の内容[編集]

捕手や組討、縄などからなる。

また、奥伝に殺活法(当身、急所、活法)、整骨、口伝や心得などを伝えていた。

当身を重視しており、海亀の甲羅に当身を入れる稽古法があった。乱捕は寝技を主体としていた。

捕縛法
腰固、無相緘、鸚鵡返、手車、浮木、兒手車、
右迫、左迫、違引、腰固、旋風、襟縛、巴、
面潰、面潰 變化、車返、蹴込、𩋙返
小太刀合
朽折、稲妻、無刀捕、小手留、奏者、射向之勝、押付之勝
大小捌
前柄碎、左右柄碎、後鐺返、右行左行、切身
捕縛法
冠投、貫投、磯嵐、雉子股、拳當、肩羽セメ、一足不去、
二度ノ勝、乱獅子、乱獅子 変化、片輪車、嵐、蜘之糸、鷹之羽返
組討刺撃法
指物飜、真向斬、鐔止、後捆、眉廂覆、相搦、俘付縄、相引、精眼、陰陽、両刀剥
仕合三體
腰固、組落、組討
拳踵術
胴碎、襟取殺、助碎、陰碎、竒正拳
腕固、逆固、守固、海老固、足當、中殺
中極意
鷙鳥、鷲ノ逆落、廻詰、誘捕、返捕、必死、兩拳、鷲之一足、萬死ノ秘術
要法
三ノ先、衣塵始末之傳、間合足蹈之傳、野中ノ幕、投幕、飛剱、
礫捕、砂捕、水捕、火捕、煙殺、早着込ノ傳、戸入戸脇ノ傳、
敵ノ居所知事、槍合勝負心得、宰人心得、介錯三段ノ曲尺、
甲冑着用、馬上槍持様、馬上弓鉄砲持様、馬上組討ノ事、
馬上太刀討ノ事、鎧武者首討様ノ事、忍文ノ事、留ノ事、
柴繋之事、十間殺之事、天理之勝、察危急、目付ノ事
早縄、下廻、鶴、手取縄
極意
早縄納所ノ事、泊縄ノ大事、三寸縄四寸縄、棒縛、大将免縄、極意髙上ノ口訣
奥秘
膽落、稲妻帯剱捕、微塵、陰陽ノ活、一針殺
必勝心法、必負心法、捨身金剛、陰陽和合、先機、心明、無怪

殺活法(急所、当身、活法など)
整骨
  1. ^ 山田竹系 著『讃岐柔道史』香川印刷、1966年12月
  2. ^ 『綾・松山史』p708 第十四章 武芸とスポーツ p714にも記載あり。
  3. ^ 内弟子、無相流四天王の一人
  4. ^ 『讃岐人物風景16巻 異色の人材』p240

参考文献[編集]

  • 『坂出市史』第四章 敎育 第三節庶民敎育機關としての中条塾  第四節武術道場としての中条塾
  • 『綾・松山史』第十四章 武芸とスポーツ
  • 『讃岐人物風景16巻 異色の人材』p240 柔道列伝 松井三蔵についての記述あり。
  • 『飯野村史』p91 無相流新柔術の傳統
  • 『讃岐柔道史』
  • 『讃岐香川郡志』

関連項目[編集]