1,1-ジクロロエチレン – Wikipedia

1,1-ジクロロエチレン
識別情報
CAS登録番号 75-35-4 
PubChem 6366
ChemSpider 6126 
UNII 21SK105J9D 
KEGG C14039 
ChEBI
特性
化学式 C2H2Cl2
モル質量 96.94 g/mol
密度 1.213 g/cm³
融点

-122 °C

沸点

32 °C

双極子モーメント 1.3 D
危険性
NFPA 704

4

2

2

引火点 −22.8 °C (−9.0 °F; 250.3 K)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

1,1-ジクロロエチレン(1,1-Dichloroethene、1,1-DCE)は、C2H2Cl2という分子式を持つ有機ハロゲン化合物である。可燃性の極めて高い、無色で不快臭の液体である。水には溶けないが、エタノール、ジエチルエーテル、アセトン、ベンゼン、クロロホルムには溶解する。

1,1-DCEはポリ塩化ビニル、ポリアクリロニトリルなどのポリマーを作るときにコモノマーとして加えられる。
また、直接重合させるとポリ塩化ビニリデンを生成する。

1,1-DCEは半導体工学で、純粋な二酸化ケイ素フィルムを製造するのに使われる。

1,1-DCEを吸入した場合の最も大きな影響は中枢神経系に表れ、高濃度では鎮静、酩酊、痙攣、昏睡などの症状が出ることがある[1]

人の健康に関わる物質として、環境基準が設定されている[2]。労働安全衛生法による2019年有害物ばく露作業報告対象物に指定されている。

関連項目[編集]

  • 1,2-ジクロロエチレン
  • 1,1-ジクロロエタン
  • ポリ塩化ビニリデン
  1. ^ epa.gov Archived 2015年06月16日, at the Wayback Machine.
  2. ^ [1]