Category: wiki

ガタガール – Wikipedia

『ガタガール』は、小原ヨシツグによる日本の漫画作品。『月刊少年シリウス』(講談社)にて連載が開始され、その後『マガジンポケット』にて続編にあたる『ガタガール sp. 阿比留中生物部活動レポート』が連載された。作者初の連載作品。 中学校の生物部を舞台に、海辺や学校での出来事を描いている。海洋生物の蘊蓄や、グラップラー刃牙やHUNTER×HUNTERをはじめとするバトル系少年漫画のパロディが随所に盛り込まれているのが特徴である。 あらすじ[編集] インドア系の中学生・干太は、大学生の姉に連れ出されて干潟散策会に参加する。そこで出会ったのは、干潟を愛する少女「ガタガール」だった。 登場人物[編集] 潮崎 干太(しおざき かんた) 阿比留中学校2年2組男子10番。身長164cm[1]。 休日はもっぱら家でテレビゲームなどをして過ごすインドア系。同じクラスの汐を「オレのアイドル」として意識しているものの、具体的な行動を起こすことはなかった。汐をはじめとして女子の言動を勘違いしてしまうことが多く、その下心は姉である満理子には全てお見通し。だが時折、とっさの機転で部員の窮地を救う冷静さと優しさを見せる。汐の助手として生物部に入部する。阿比留小学校出身。 七瀬 汐(ななせ うしお) 阿比留中学校2年2組女子11番。3月6日生まれ。AB型。身長152cm[1]。生物部部長。 学校裏サイトでは校内美少女ランキング1位とされている。授業中などはとても大人しい生徒だが、放課後や休日に生物と関わる時には活き活きとしている。「私が教えたげる」が口癖で、干潟初心者の干太に蘊蓄を披露するときは楽しそうにしているものの、プライドが高く、自分の知識や発見したことが評価されないと突然機嫌が悪くなる。また、感情が昂ると九州方言が出る。おじいちゃん子で、九州方言も祖父の影響のように描写されている。主に干潟の生物、特に甲殻類に興味があり、自分の好きなものに没入するタイプ。素の自分が世間一般からズレていることを認識しており、普段は隠している。哺乳類への関心は薄く、人の顔を覚えたりすることは不得意である。人気女児向けアニメ「ヒトデちゃん」のグッズを愛用している。干潟では前髪を上げて後ろは結び、麦わら帽子とタオルを身に付けるため、学校とは別人のように見える。採集や観察会の時には、LOLYMPOS製のデジタルカメラのほか、タモ網や小型スコップなどを装備する。走るのが苦手でとても足が遅い。本人いわく「運動能力のステ振りを水辺に特化させた局地戦型」とのこと。七ツ瀬小学校出身で、紫や海は小学1年生の頃からの友人。 岡谷 紫(おかや むらさき)

Continue reading

チランジア・ブッツィー – Wikipedia

チランジア・ブッツィー Tillandsia butzii はハナアナナス属のアナナスの1種。いわゆるエアープランツの1つで、細長くくねった葉と縞模様が特徴である。 茎は伸ばさず、葉の基部が球根状に膨らみ、先端が細長く伸び出す[1]。全体の高さは普通は20-30cmほど。葉の伸び出した部分は針状で長さ25cm以下、幅は3mm、先端は糸状に尖り、全体としては強く曲がったりうねったり内向きにねじれるなど変化に富んだ形をなす。表面は淡緑色の鱗片で一面に覆われており、両側の縁には粗い毛があるが、これは早い時期に落ちてしまう。葉の基部は葉鞘となっており、これは折り重なって太いラッキョウのような形になって偽鱗茎を構成する。この部分は濃緑色ら色づいて紅褐色になり、長さ25-45mm。壷状の部分には特徴的な縞模様が入る[2]。 なお、基部の膨らみの内側には野外ではアリが住み込むことが知られており、いわゆるアリ植物であるとされる[3]。 花茎は細く直立して伸び出し、花茎苞は葉状で瓦重ね状に配置する。先端の穂状花序は羽形に配置し、4-8花を含む。花序は外形としては線形で長さ6-8cm、幅1cm、花茎の先端に数個が掌状に付くか、時に単独で付く。1次苞はほぼ葉と同じ形で葉と同じ色をしている。花苞瓦重ね状に配置、卵形で先端が尖り、長さ20-28mm、幅10mm、やや革質で脈が走り、一面に鱗片がある。花にはほとんど柄がない。萼片は狭楕円形で先端は鈍く尖り、革質で毛がなくて長さ12-15mm。花弁は真っ直ぐで長さ30-35mmで菫色をしている。雄しべは花弁から突き出す。朔果は細い円柱状で先端がくちばし状に曲がり、長さ3cmになる。 なお、種名は人名による。分類的にはティランジア亜属に含まれる。 メキシコ南部、西インド諸島からコロンビア、ガイアナに分布し、標高2000mにまで見られる[4]。 いわゆるエアープランツとして栽培される。普及品である。栽培は容易で、水を好み、強い光が当たらないようにする[5]。また開花せずとも子株を出すことがよくあり、子株の集まった集団、いわゆるクランプを作りやすく、模様などもあって人気がある[6]。 ^ 以下、園芸植物大事典((1994),p.1547 ^ 鹿島(2016),p.69 ^ Chew et al.(2010),p.87 ^ 園芸植物大事典((1994),p.1547

Continue reading

コロボリンクス – Wikipedia

コロボリンクス Coloborhynchusは、アンハングエラ科(もしくはオルニトケイルス科)の翼竜の属の一つ。イギリスの白亜紀前期バランジュ期(140-136 Ma:Maは百万年前)に生息しており[1]、属する種によっては、オーブ期(113-100.5 Ma)まで広がる。長い間無効名とされていたが90年代半ばからまた使われ始め、その後も分類に関して議論が続いている。 様々な角度から見たC. clavirostrisの顎の断片 ホロタイプは部分的な上顎骨のみで知られる。そのため、ロドリゲス Rodrigues とケルナー Kellner による2008年の再評価では、コロボリンクス・クラヴィロストリス Coloborhynchus clavirostrisは歯槽の位置の独特な組み合わせによってしか近縁の動物と区別することができない。コロボリンクスは、前の2本の歯が前方に伸び、他の歯よりも顎における位置が高いのに対し、次の3対の歯は外側に伸びていた。最後の(少なくとも保存された中で)2対の歯は下に伸びている。最後に、独特な楕円形のくぼみが、第1対の歯の下に位置している[2]。 近縁のアンハングエラとウクテナダクティルスのように、顎の後ろ側の狭さとは対照的に、吻端が広いロゼット状に広がる。しかし、典型的にアンハングエラに属する種のロゼットは丸いスプーン型だが、コロボリンクス・クラヴィロストリスでは厚みがある箱形である。 近縁の属のように、コロボリンクスの顎の前にはキール状の隆起があるが、他の属が一様に細い隆起を持つのに対し、基部では幅広く上部に向かって薄くなっている。この様な肥厚した隆起は、最も近縁な属で、同属とされることもあるシロッコプテリクス・モロッケンシスにも見られる。それはまた他の種類のものとは違って、湾曲していないまっすぐな前縁を持ち、他の種が口先のすこし後ろ側から隆起するのに対し、口先の先端から始まっている[2]。 これらと同じ特徴を持つ第二の標本は、2007年にダレン・ナイシュによってブラジルの古生物学者アレクサンダー・ケルナー Alexander Kellner に報告され、おそらくC. clavirostris

Continue reading

政剣マニフェスティア – Wikipedia

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “政剣マニフェスティア” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2020年9月) 『政剣マニフェスティア』は、DMM.comより配信されていたブラウザゲーム。サービス期間は2016年2月2日 – 2020年7月10日。基本プレイ無料(アイテム課金制)。 2021年5月18日にテクノードよりSteamオフライン版が配信。同バージョンについても本項で扱う。 「政霊」を操り「政剣」奪取を目指す魔物「ヤトー」を「戦挙」で倒すのが目的のタワーディフェンス型シミュレーションゲーム。通常のタワーディフェンスと違い、「政霊」を自由に動かして「砦」や「城」を攻略する[1]。 開発担当はテクノード。代表取締役の鎌田寛昭のインタビューによると、開発当時のタワーディフェンスは海外のものが多く、日本人に合いそうなビジュアルのものは少なかった。そのため、女の子が出てくるタワーディフェンスが作りたいと考え、本作品の開発が始まった[1]。 2016年2月にサービス開始。開始当初は事前登録もなくひっそりとしたリリースであり、存続も危惧された[2]が、その後ゲーム性が話題になり、DMMのランキングの上位に入るようになった[1]。 2018年8月には大幅アップデートが行われ、第2章と覚醒能力が実装された[3]。 2020年7月10日をもってオンラインサービスを終了[4]。サービス終了と同日にCAMPFIREにてSteam版の開発のクラウドファンディングが開始となった。それに先立ち、サービス終了の1ヶ月前の2020年6月10日に運営Twitterにてダウンロード版を遊びたいかについてのアンケートが行われ、「ダウンロード版でも遊びたい」を選んだ人が76.5%となっていた[5]。クラウドファンディングは開始2時間足らずで目標額に到達したことが運営Twitterより発表され、Steam版の開発が開始されることとなった[6]。 2021年5月18日、テクノードより買い切り型のオフラインゲームとしてSteam版の配信が開始[7]。2022年3月31日より配信元のテクノードの解散に伴い購入停止状態となっている。 システム[編集]

Continue reading

アスラー – Wikipedia

この項目では、ドイツの都市について説明しています。インドの神話や宗教におけるアスラーについては「アスラ」を、メソポタミアのアスラーについては「アッシリア」をご覧ください。 アスラー (ドイツ語: Aßlar, [ˈaslar][2]) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州ギーセン行政管区のラーン=ディル郡の市である。 ベルクハウゼンとヴェールドルフの間のディル川 位置[編集] アスラーはオーバーヴェスターヴァルト(ヴェスターヴァルト(ドイツ語版、英語版)、西部)がクロフドルフ=ヘーニヒスベルクの森やヘレ山(グラーデンバッハ山地)に接するディル川の谷(ウンテレス・ディルタール)に位置する。ディル川は隣のヴェッツラーでラーン川に合流する。 対角線法による地理上のラーンディル郡の中心が、ベルクハウゼン市区の南西にある。 地質学[編集] 中核市区とヴェールドルフ市区はディルタールの船状盆地の底に位置している。残りの市区はレムプタール(オーバーレムプ、ベルモル)または、ラーン=ディル山地の高台(ベルクハウゼン、ベヒリンゲン)に位置している。 隣接する市町村[編集] アスラーは、北はミッテンアールおよびホーエンアール、南東はヴェッツラー、南はゾルムス、西はエーリングスハウゼン(いずれもラーン=ディル郡)と境を接している。 市区[編集] アスラー(クライン=アルテンシュテッテンを含む) ベヒリンゲン ベルクハウゼン ベルモル オーバーレムプ

Continue reading

大相撲平成26年7月場所 – Wikipedia

大相撲平成26年7月場所(おおずもうへいせい26ねん7がつばしょ)は、2014年7月13日から7月27日までの15日間、愛知県名古屋市中区の愛知県体育館で開催された大相撲本場所である。 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(13勝2敗・2場所連続30回目)。 場所前の話題など[編集] 前場所で29回目の幕内最高優勝を果たした横綱白鵬が、この場所を制すれば大鵬、千代の富士に次ぐ史上3人目の優勝30回を達成できるとして注目された[1]。 番付・星取表[編集] 幕内 十両 ※ 赤文字は優勝力士の成績。 優勝争い[編集] 中日終了時点で白鵬、琴奨菊、髙安の3人が全勝で並び、鶴竜が唯一の1敗力士として追いかける展開となっていた[2]。 9日目、優勝争い先頭の3人のうち白鵬は全勝を守ったものの、琴奨菊は鶴竜に、髙安は妙義龍に敗れたため、単独首位の白鵬を1差で鶴竜、琴奨菊、髙安の3人が追いかける展開に変化した[3]。 10日目、全勝の白鵬と1敗の琴奨菊、髙安は勝ったが、同じく1敗の鶴竜は豪栄道に敗れて2敗に後退した[4]。 11日目は全勝の白鵬が豪栄道に敗れて初黒星[5]。1敗の髙安は常幸龍に敗れて2敗に後退したため、優勝争いの首位は白鵬と琴奨菊が1敗で並ぶ形となった[6]。 12日目は1敗同士で白鵬と琴奨菊の直接対決となり、白鵬が1敗をキープ[7]。白鵬は単独首位となり、2敗で鶴竜、琴奨菊、髙安が追いかける展開に変わった[7]。 13日目は琴奨菊と髙安が2敗をキープしたが、鶴竜は日馬富士に敗れて3敗に後退[8]。唯一1敗の白鵬も稀勢の里に敗れたため、優勝争いの先頭は白鵬、琴奨菊、髙安の3人が2敗で並ぶ展開となった[8]。 14日目は琴奨菊と髙安の2敗同士による直接対決が組まれ、琴奨菊が勝って2敗をキープ[9]。2敗の白鵬も勝って2敗をキープし、優勝の可能性を残すのは2敗の2人に3敗の豪栄道と髙安の4人になった[9]。 千秋楽、3敗の髙安は豪風に敗れて優勝争いから脱落[10]。3敗の豪栄道は2敗の琴奨菊を引きずりおろして優勝の可能性を残したものの、白鵬は結びの一番で日馬富士に勝ったため、この瞬間に白鵬の2場所連続30回目の幕内最高優勝が決定した[11]。 トピック[編集] 三賞は、殊勲賞が白鵬と鶴竜の2横綱に勝利した豪栄道、敢闘賞が千秋楽まで優勝争いを演じた髙安に決定した[12]。技能賞は該当者がいなかった[12]。なお、日馬富士と鶴竜の2横綱に勝利した大砂嵐も千秋楽の取組に勝てば殊勲賞受賞と決まっていたが、敗れて7勝8敗と負け越したため、大砂嵐は殊勲賞受賞を逃した[12]。

Continue reading

パトリック・シック – Wikipedia

パトリック・シック(Patrik Schick, 1996年1月24日 – )は、チェコ・プラハ出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・レバークーゼン所属。チェコ代表。ポジションはフォワード。 クラブ経歴[編集] デビュー[編集] チェコのACスパルタ・プラハのユースチームでキャリアをスタートさせ、2014年5月3日、FKテプリツェ戦でデビューを果たした。 サンプドリア[編集] 2016年7月13日、イタリアのUCサンプドリアに移籍[2]、この2016-17シーズンは32試合で11ゴールを挙げるを見せると、2017年6月22日、ユヴェントスFC移籍に向けてメディカルチェックを受けることが発表されたが[3]、移籍は破談した[4]。 ローマ[編集] 2017年8月29日、ASローマに買取義務付のレンタルで移籍した[5]。契約期間は5年で、レンタル料金の500万ユーロに加えて、買い取りには900万ユーロを支払う必要があり、さらに2020年2月までに2000万ユーロを支払う義務がある。条件達成次第で最大800万ユーロのボーナスを支払う必要がある。2020年2月前に売却された場合、ローマはサンプドリアに2000万ユーロか、売却金額の50%が2000万ユーロより高額の場合は売却金額の50%を支払う[6]。背番号は14番。2018年3月1日、シックがローマに完全移籍したことが発表された[7]。 ライプツィヒ[編集] 2019年9月2日、RBライプツィヒに1年間のレンタルで移籍した[8]。レンタル料は350万ユーロと最大50万ユーロのボーナスで、RBライプツィヒが2020-21シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの出場権を獲得した場合は2900万ユーロ、それ以外では2800万ユーロでの買取オプションが付随している[9]。 レバークーゼン[編集] 2020年9月8日、バイエル・レバークーゼンと5年契約を結んだ[10]。移籍金は2650万ユーロ[11]。 チェコ代表として各年代でプレーした。2016年5月27日、マルタとの親善試合でA代表初ゴールを決めた。 2021年6月、UEFA EURO 2020ではグループステージ初戦のスコットランド戦では2ゴールを挙げて勝利に貢献、このうち2点目のゴールは相手GKの意表を突いた、45メートルを超えるものであった[12]。続く第2戦のクロアチア戦ではデヤン・ロヴレンから受けた肘打ちで流血するも、そのファールで得たペナルティーキックを決めた[13]。ラウンドオブ16のオランダ戦でもゴールを挙げベスト8進出に貢献。準々決勝のデンマーク戦でも得点ランキング1位のクリスティアーノ・ロナウドに並ぶ大会5点目となるゴールを決めたが、試合は1-2と敗れた[14]。

Continue reading
Exit mobile version