Month: April 2022

リチャード・カールソン (俳優) – Wikipedia

リチャード・カールソン(Richard Carlson, 1912年4月29日 – 1977年11月25日)は、アメリカ合衆国の俳優である。 1912年、ミネソタ州のアルバート・リーに生まれる。父親はデンマーク系アメリカ人の弁護士だった[1]。ミネソタ大学ツインシティー校で演劇を学び、学位を取得して卒業後は同州のセントポールに劇団を設立している[2]。しかし、うまくいかずにニューヨークへ渡り、1935年にブロードウェイの舞台を踏んでブロードウェイデビューを果たした[2]。 舞台で経験を積んだ後、ロサンゼルスへ渡り、1938年に青春コメディ映画『心の青春』で映画デビュー。翌年にはアン・シェリダンと共演して『冬のカーニバル』へ主演している。1940年代からは映画を中心に順調にキャリアを重ね、主役級の役柄で数多くの映画へ出演した第二次世界大戦中はアメリカ海軍へ従軍したが、退役後もハリウッドへ戻り、俳優として活躍した。SF映画などへも多く出演しており、ジャック・アーノルドが監督の『大アマゾンの半魚人』や同監督の『イット・ケイム・フロム・アウター・スペース』、レイ・ハリーハウゼンが特撮を手掛けた『恐竜グワンジ』などへもクレジットされている。1967年のSF映画『SF失われた島』では、脚本家として参加した他、テレビドラマや映画の監督としても活躍した。 死去[編集] 1977年、脳内出血のため、カリフォルニア州のエンシノで死去[1]。65歳だった。 出演作品[編集] 映画[編集] 心の青春 The Young in Heart (1938) The Duke of

Continue reading

ラコーヌ – Wikipedia

ラコーヌ (Lacaune、オック語:La Cauna)は、フランス、オクシタニー地域圏、タルヌ県のコミューン。 ラコーヌ山地の中にある、中央高地のコミューンである。山岳地帯に入るその標高のため、オー・ラングドック地域圏自然公園の一部となっている。ラコーヌの気候は、海洋性気候、地中海性気候、山岳気候の影響を受けている。 オック語の地名La Caunaとは、『洞窟』を意味している。 ラコーヌのユダヤ人強制収容記念碑 ラコーヌの中世の憲章は、ジョゼフ・ゴートラン僧がオック語で記したラコーヌの書に集められている。 1942年1月から、トゥールーズ知事の決定により、『行動や態度、国籍や宗教が住民の不安や不満の要因となりうる個人』を収容するためラコーヌに強制滞在センターが設置された。1944年まで、650人のユダヤ人が収容されていた[1]。 1942年8月26日には、グループ・モビール・ド・レゼルヴ(ヴィシー政権が創設した準軍事ユニット)が襲撃を実行した。依然としてプロテスタントの歴史が染み込んでいたラコーヌとその周辺に衝撃が広がった。この襲撃は、地元の警察官も含めた住民たちがユダヤ人支援を行う引き金となった[2] · [1]。この時代の記憶は、1999年のユダヤ人強制収容記念碑建設によって、絶えず続いている[3]。複数のラコーヌ住民が、諸国民の中の正義の人として顕彰されている[4]。 1854年から、温泉のおかげでラコーヌはスパの町だった。第二次世界大戦後にスパは衰退し、2005年に再び温泉が湧出されるようになった。過去には温泉カジノがあったこともある。 主な経済活動は、食肉加工業やヒツジの飼育である。 ラコーヌの名は、ヒツジの名にもつけられている。ラコーヌ種のヒツジの乳は、ロックフォール・チーズの原料に使われている。 人口統計[編集] 1962年 1968年 1975年 1982年 1990年

Continue reading

ペドロ・ムニョス – Wikipedia

ペドロ・ムニョス UFC 269のメディアインタビューにて(2021年) 本名 ペドロ・エンリケ・ロペス・ムニョス(Pedro Henrique Lopes Munhoz)[1] 生年月日 (1986-09-07) 1986年9月7日(35歳)[2] 出身地 ブラジルサンパウロ州サンパウロ[2] 通称 ザ・ヤング・パニッシャー(The Young Punisher) 居住 アメリカ合衆国カリフォルニア州トーランス 国籍

Continue reading

2016年アメリカ合衆国大統領選挙におけるロシアの干渉 – Wikipedia

この記事は英語版の対応するページを翻訳することにより充実させることができます。(2022年4月) 翻訳前に重要な指示を読むには右にある[表示]をクリックしてください。 英語版記事の機械翻訳されたバージョンを表示します(各言語から日本語へ)。 翻訳の手がかりとして機械翻訳を用いることは有益ですが、翻訳者は機械翻訳をそのままコピー・アンド・ペーストを行うのではなく、必要に応じて誤りを訂正し正確な翻訳にする必要があります。 信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。 履歴継承を行うため、要約欄に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。記述方法については、Wikipedia:翻訳のガイドライン#要約欄への記入を参照ください。 翻訳後、{{翻訳告知|en|Russian interference in the 2016 United States elections}}をノートに追加することもできます。 Wikipedia:翻訳のガイドラインに、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。 ODNIが公開した「近年のアメリカ合衆国の選挙におけるロシアの活動と意図」の評価。 2016年アメリカ合衆国大統領選挙におけるロシアの干渉(2016ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょにおけるロシアのかんしょう、英: Russian interference in

Continue reading

フロリンド・サッソーネ – Wikipedia

フロリンド・サッソーネ (Pedro Florindo Sassone、1912年1月12日 – 1982年1月31日)は、タンゴ楽団の代表、ヴァイオリニスト、作曲家。 ハープヤヴァイブラフォンを使う点はフレセド的、弦楽器のイントネーションはディ・サルリ的、サビのトーン・クラスターは後期プグリエーセ的と様々なモダン・タンゴを折衷させた楽団。日本公演[1]も実現し、数々の歌謡曲を演奏した。 必ずヴァイブラフォンに、モーターをかけながらオクターブで跳躍させる曲頭のトレードマークで有名。そのトレードマークは1956年収録のLagrimasから始まった。 曲芸的な瞬間は他団体よりは控えめだが、現地では人気を保った。 ディスコグラフィー[編集] A Night in Buenos Aires, Capitol Records (stereophonic) (recorded in

Continue reading

ツグミヒタキ – Wikipedia

ツグミヒタキ(学名: Cossypha caffra; 英: cape robin-chat, cape robin)は、スズメ目ヒタキ科に分類される鳥類。 ウガンダ、ケニア、コンゴ民主共和国、ザンビア、ジンバブエ、スーダン、スワジランド、タンザニア、ナミビア、マラウイ、南アフリカ共和国、南スーダン、モザンビーク、ルワンダ、レソトに分布[1]。 人間との関係[編集] 主にケニア南部に暮らすキクユ人のことばでニャメンディギ(nyamĩndigi)と呼ばれる鳥は本種ないしはその近縁の種であるが、民話にしばしば登場する[2]。民話のなかでもよく知られたものは人間の死の起源に関するものであり、そのおおまかなあらすじはカメレオンが神の使いとして、人間が永遠に生きることをおもむろに伝えようとしていたところにニャメンディギが現れ、人間は皆死ぬ運命であるということをカメレオンよりも先に告げたというものである[3][4]。アフリカのほかの民族からも同様の話が記録されているが、カメレオンは大方共通しているのに対し、もう一方の生物については同じケニアのカンバ人の場合はハタオリドリ[5]、南アフリカのズールー人の場合はサラマンダー(ドイツ語: Salamander)[6]というようにぶれが見られる。 参考文献[編集] 英語: “nyamĩndigi” in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English

Continue reading

マイコプラズマ・ホミニス – Wikipedia

Mycoplasma hominis 分類 学名 Mycoplasma hominis (Freundt 1953) Edward 1955 マイコプラズマ・ホミニス(Mycoplasma hominis)は、マイコプラズマ属の細菌の一種である。この細菌にはヒトの細胞内に入りこむ能力がある[1]。ウレアプラズマ(英語版)と共に最小の自由生活生物として知られる。 細胞壁がないため、検出にグラム染色は行わない。 骨盤腹膜炎[2][3]、細菌性膣炎に関連する[4]。また男性の不妊症に関連する[5]。また、性感染症のマイコプラズマ・ホミニス感染症(英語版)の原因となる[3]。 関連項目[編集] ^ “Mycoplasma hominis PG21”. Site

Continue reading

滬東中華造船 – Wikipedia

沪东中华造船(集团)有限公司 各種表記 繁体字: 滬東中華造船(集團)有限公司 簡体字: 沪东中华造船(集团)有限公司 拼音: Hùdōng Zhōnghuá Zàochuán(Jítuán)Yǒuxiàn Gōngsī 発音: フートン ツュンファ ツァオチュアン(チートゥアン)ヨウシャン コンスー 英文: Hudong-Zhonghua Shipbuilding (Group)

Continue reading

川口勝 – Wikipedia

川口 勝(かわぐち まさる、1960年11月2日 – )は、日本の実業家。株式会社バンダイナムコホールディングス代表取締役社長、株式会社バンダイ取締役会長、一般社団法人日本玩具協会副会長。 神奈川県小田原市出身[1]。神奈川県立西湘高等学校を経て[2]、1983年3月、駒澤大学経済学部経済学科卒業。同年4月、バンダイに入社。福岡営業所所長、バンダイ・デジタル・エンタテインメントへの出向、ベンダー事業部ゼネラルマネージャー、 トイ事業統括部ゼネラルマネージャー等を経て、2006年に取締役。2015年に代表取締役社長に就任。2018年にBANDAI SPIRITSを設立、代表取締役社長。 2020年、バンダイナムコホールディングス取締役副社長。2021年、同 代表取締役社長、バンダイ取締役会長に就任。 1983年4月、バンダイ入社 ホビー事業部配属[1][3]。 1994年4月、バンダイ 福岡営業所所長[4]。 1996年1月、バンダイ・デジタル・エンタテインメント出向。 2002年4月、バンダイ執行役員 ベンダー事業部ゼネラルマネージャー[5]。 2005年4月、バンダイ執行役員 トイ事業統括部ゼネラルマネージャー[6]。 2006年4月、バンダイ取締役

Continue reading

内藤十湾 – Wikipedia

内藤 十湾(ないとう じゅうわん)は、江戸時代後期の盛岡藩士、秋田県の教育者、学者、著述家である。内藤湖南の父である。幼名は幾太郎、初めの諱は貞善、字を子祥といった。後に諱を調一、字を千里と改めた。十湾はその号である。調一は主君の桜庭綱清から賜ったもので、荀子の王制編からとられたものである。秋田戦争直後の「出陣日記」には、待時盧主人記や有待盧主人記とされていて「有待盧ハ三餘堂ノ別号ナリ」と傍記している。これらは全て秋田戦争直後に用いた号であると考えられている[1]。 天保3年(1832年)3月に盛岡藩毛馬内の学者である内藤天爵(仙蔵)の息子として生まれる。幼い頃は父について儒教を学ぶ。13歳まで四書五経や左伝、史記を習得している。その後、泉沢修斎の元で学習し、泉沢修斎の長女の容子を妻にする。一度江戸で学習するも、泉沢修斎に諫められて鹿角に戻る。 鹿角には、古学、朱子学、陽明学など先行各派に偏らず、諸説を取捨折衷する折衷学派の系譜を引く「鹿角学」が継承されており、内藤家はその中心であった。父の天爵はそれを実学の方向へ導いた人物であった。さらに、十湾は勤王派の那珂通高から強い影響を受け、その影響で吉田松陰に心酔していた。十湾は吉田松陰の東北旅行の際に実際に面会している。また、息子の内藤湖南の幼名である虎次郎の名は、吉田松陰の通称の寅次郎からとったものである。 秋田戦争では親友の熊谷助右衛門と共に出陣し、桜庭祐橘隊に属して従軍し「出陣日記[2]」2巻を記す。熊谷助右衛門は板沢村での戦いで死亡し、「出陣日記」で熊谷の死を惜しんでいる。 維新後は、妻や長男文蔵が相次いで死亡した。毛馬内で塾を開いて子弟の教育に当たりながら、湖南の養育に全力を注いだものの、経済的には厳しい状態であった。その後、江差県学職を命じられ教育事業に従ったのち、尾去沢鉱山所長の要望により、秘書として湖南を伴い尾去沢鉱山に赴き経済的にも安定し、湖南を秋田師範学校に入れたり、元柏崎館の中に住宅を建てたりした。 晩年は私塾「育焉亭」を開き、塾生の教育と郷土資料の収集に当たった。そして、70歳になってから「鹿角志」の編集にとりかかった。父がまとめた文章を息子の湖南が校正を加える形で、十湾75歳の時「鹿角志」は完成し、1907年(明治40年)3月出版された。この年京都旅行をし、帰途逗子に避寒して悠々自適の生活をしていたが、翌年1908年(明治41年)3月22日鎌倉で老衰のため死亡した。 ^ 『鹿角市史資料編 第一集』p.9 ^ 『鹿角市史資料編 第一集』収録 参考文献[編集] 『十和田町の先輩』 『鹿角市史資料編 第一集』、「出陣日記」解説

Continue reading