大津シンフォニックバンド – Wikipedia

大津シンフォニックバンド(おおつシンフォニックバンド、Otsu Symphonic Band)は、1979年に滋賀県大津市に設立された吹奏楽団。略称はOSB[1]。 1979年、日本の吹奏楽の発展に情熱を傾けた東京藝術大学教授(当時)の山本正人を団長として創団。プロの吹奏楽団ではなく、いわゆる市民バンド(アマチュア団体)である。 同年に行われた関西吹奏楽コンクール初出場で銀賞を受賞した。その後の関西吹奏楽コンクールでは全て金賞を受賞。1989年に全国大会に初出場、金賞を受賞した。1998年からはほぼ毎年出場しており、現在では全日本吹奏楽コンクールの常連となっている。また、2003年に行われた第51回全日本吹奏楽コンクールで銀賞を受賞するまで「出れば金賞」の記録を5回としている。自由曲には、1998年に伊福部昭作曲「シンフォニア・タプカーラ」を演奏して以来、すべて邦人作品を採用しており、『邦人作品のOSB』といわれるほどの実績[誰によって?]を残している。 近年、吹奏楽における邦人作曲家の活躍の場が増えたことと相まって、邦人作品が吹奏楽コンクールの自由曲として採用される機会が多くなってきたが、OSBはその草分け的存在であるといえる[誰によって?]。 全日本吹奏楽コンクールでの成績は、2019年現在で出場18回、内訳は金賞14回、銀賞3回、銅賞1回。 定期演奏会は設立された1979年から行っている。3年目の第3回以降は春と冬の2回開催しており、2005年の第48回からはすべて滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホールで行われている。この他、滋賀県内での依頼演奏会や「21世紀の吹奏楽 響宴」への参加、滋賀県吹奏楽連盟主催の楽器別実技講習会の講師などの活動を行っている。 1979年 創団。(12月16日創団披露第1回定期演奏会を大津市民会館で開催) 1980年 第3回全日本アンサンブルコンテストに「金管五重奏」が初出場。銀賞受賞。(福岡郵便貯金会館) 1989年 第20回 日本吹奏楽指導者クリニックのモデルバンドとして出場。新譜紹介で、フィリップ・スパーク作曲「ドラゴンの年」の日本人による本邦初演。 1989年 全日本吹奏楽コンクールに初出場(結果は金賞)。 1990年

Continue reading

八百板正 – Wikipedia

八百板 正(やおいた ただし、1905年4月12日 – 2004年4月23日)は、日本の農民運動家・政治家。元日本社会党衆議院議員・参議院議員。 来歴・人物[編集] 福島県伊達郡飯野町に生まれる。福島中学校(現福島県立福島高等学校)に進むが、中退。福島中学の恩師だった阪本勝(のち衆議院議員・兵庫県知事)を頼り、安部磯雄らの日本フェビアン協会に参加。河上丈太郎・賀川豊彦・櫛田民蔵の知遇を得る。1929年に郷里に帰って東北新人会を結成、伊達郡を中心に小作争議を指導し度々投獄される。1933年に全国農民組合(全農)中央委員に選出。 戦後、日本農民組合(日農)の再建に関わり中央農地委員会委員・日農書記長・全日本農民組合連合会(全日農)会長を歴任。その一方で1947年第23回衆議院議員総選挙に福島1区から日本社会党公認で出馬し当選(以来当選11回)。日本中国農業農民交流協会(1971年設立)を改組し、1985年社団法人日中農林水産交流協会を設立、会長に就任。 社会主義協会との対立が激化(八百板は反協会派の旗頭の一人だった)する中、1979年の第35回衆議院議員総選挙では落選するが、翌年の第12回参議院議員通常選挙で福島県選挙区から参議院議員に鞍替え当選し、政界復帰を果たす。この間、左派社会党で党国会対策委員長、社会党再統一後に党中央執行副委員長・党参議院議員会長を歴任した。1992年に政界引退。 福島県知事選にも2度出馬し、特に1976年、当時の木村守江知事の汚職事件による辞職に伴う知事選では社会党・共産党推薦で立候補するが、自由民主党推薦の松平勇雄に惜敗した。 娘は翻訳家の八百板洋子。 『光を食べる』言叢社 1985 議会 先代:勝又武一 参議院逓信委員長1982年-1983年 次代:大木正吾 先代:伊藤宗一郎 衆議院逓信委員長1976年-1977年 次代:松本七郎

Continue reading

近藤一馬 – Wikipedia

この項目では、漫画家について説明しています。南西方面航空廠長などを歴任した海軍軍人については「近藤一馬 (海軍軍人)」をご覧ください。 近藤 一馬(こんどう かずま)は、日本の漫画家、イラストレーター。男性。妻は同じく漫画家の片岡人生。 代表作は、『交響詩篇エウレカセブン』(原作:BONES)、『デッドマン・ワンダーランド』(共に片岡人生との共作)。 作品リスト[編集] 漫画[編集] 月夜の誓い(角川書店、読切、角川新人賞奨励賞、未単行本化) 9999(角川書店、読切、角川新人賞佳作、『月刊少年エース』掲載、未単行本化) KRIEG(同人誌『喰 kuu』掲載、読切) 交響詩篇エウレカセブン(2005年 – 2007年、角川書店、『月刊少年エース』連載、原作:BONES・共作:片岡人生、全6巻) マジカル☆マイスター(同人誌『喰 kuu2』掲載、読切) デッドマン・ワンダーランド(2007年 – 2013年、角川書店、『月刊少年エース』連載、共作:片岡人生、全13巻)

Continue reading

ジェイムズ・リケッツ – Wikipedia

ジェイムズ・ブルーアートン・リケッツ(英: James B. Ricketts、1817年6月21日-1887年9月22日)は、アメリカ陸軍の職業軍人であり、南北戦争の時は東部戦線で北軍の将軍だった。 初期の経歴[編集] リケッツはニューヨーク市で生まれた。1839年に陸軍士官学校を同期31人中16番目の成績で卒業し、アメリカ第1砲兵隊に配属となった。カナダ国境騒動のときに守備隊任務に就き、1846年4月に中尉に昇進した。米墨戦争のときはモンテレーの戦いに参加するなどかなりの戦闘に参戦し、アブナー・ダブルデイと共に砲兵指揮官としてブエナ・ビスタの戦いでリンコナダ・パスを守った。その活動的な任務にも拘らず、仲間の士官達の多くのように米墨戦争の間に名誉昇進を果たさなかった。 メキシコから戻ると様々な陸軍基地で任務に就いた。1853年8月に大尉に昇進して、フロリダ州セミノール族インディアンと戦い、その後テキサス州の辺境任務となった。 南北戦争[編集] 南北戦争の開始時点で、リケッツはワシントンD.C.の防衛にあたっており、1861年初期に南軍が守っていたバージニア州アレクサンドリア占領のときは1個砲兵大隊を指揮した。その大隊は後にサミュエル・ハインツェルマン准将師団のウィリアム・B・フランクリン准将旅団に付けられた。7月21日の第一次ブルランの戦いでは、その大隊が南軍歩兵隊に制圧されたときに、銃弾を4発浴び捕獲された。圧倒的な敵を前にしてのその勇敢さの故に、同日付けで正規軍の中佐に名誉昇進し、アメリカ志願兵の准将となった。リケッツは戦争捕虜としてリッチモンドで拘束され、その妻ファニーはリッチモンドまで言って看護婦として留まることを許された。リケッツは1862年1月に仮釈放され、療養のために医療休暇扱いとされた。 リケッツと妻のファニー リケッツはアービン・マクドウェル准将の軍団で1個師団の指揮を任され、シーダー山の戦いではこれを指揮して、ナサニエル・バンクス少将軍の撤退を援護した。第二次ブルランの戦いでは、南軍ジェイムズ・ロングストリート少将の翼がストーンウォール・ジャクソン少将の翼と合流しようとしていたのを遮るために、その師団はマクドウェルによってサラフェア・ギャップに投入された。リケッツ隊は側面を衝かれ、遮断される危険性が増して撤退した。その後のアンティータムの戦いでは、乗っていた馬が2頭銃弾で倒れ、2回目のときは馬の下敷きになって重傷を負った。任務に差支えがないくらいに快復したとき、フィッツ・ジョン・ポーター少将の軍法会議への出席を指名された。この審判では、ベンジャミン・M・プレンティスを例外としてあらゆる判事がその在職期間あるいは近付いている昇進のことで陸軍長官エドウィン・スタントンに恩義を感じており、ポーターに有罪が宣告された。リケッツは恐らく無罪に投票し、昇進も無かった。 リケッツは1864年3月になって野戦指揮に復帰し、ジョン・セジウィック少将の第6軍団で1個師団を任され、ユリシーズ・グラント中将のオーバーランド方面作戦でこれを率いた。その部隊兵は質が低いと考えられており、多くは以前の第二次ウィンチェスターの戦いで非難を浴びたロバート・H・ミルロイ少将の部隊兵だった。その師団は荒野の戦いで功績を挙げられず、スポットシルバニア・コートハウスの戦いでも見るべきところが無かった。しかし、リケッツは1864年6月3日のコールドハーバーの戦いにおける勇敢で称賛に値する行動で、正規軍の大佐に名誉昇進した。このときはリケッツもその部隊も功績を挙げた。 1864年7月、その部隊は3,350名に過ぎなかったが、南軍ジュバル・アーリー中将のワシントンD.C.攻撃に対抗するために北に急行した。リケッツはルー・ウォーレス少将の下でモノカシーの戦いに参戦し、左側面を守っているときにかなりの損失を受けた。そこでの功績に対して、8月1日に志願兵の少将に名誉昇進した。その後フィリップ・シェリダン少将のシェナンドー渓谷方面作戦に参戦した。シーダークリークの戦いでは、戦闘の始めの時間帯で第6軍団を指揮したが、ミニー弾が胸に当たって負傷し、その後も障害を残した。1865年3月13日、リケッツはシーダー・クリークでの勇敢な行動でアメリカ陸軍の准将に名誉昇進し、「戦場での勇敢で称賛に値する行動」でアメリカ陸軍の少将に名誉昇進した。リケッツは健康が優れなかったが、ロバート・E・リー将軍がアポマトックス・コートハウスで降伏する2日前に師団長に復帰した。 戦後の経歴[編集] 1865年7月、リケッツはバージニア方面軍の1地区指揮官に任命され、これを1866年4月まで務めて、志願兵任務を解除された。7月にはアメリカ第21歩兵隊の中佐に任官されたが、これを辞退した。リケッツは戦闘で受けた傷による障害のために、1867年1月3日に現役任務から引退し、1869年1月までは様々な軍法会議に出席した。 リケッツはシェナンドー渓谷での従軍中に受けた胸の傷のためにその後も健康が快復することは無く、陸軍から除隊して余生はワシントンD.C.で過ごした。リケッツは1887年にそこの自宅で死に、アーリントン国立墓地に埋葬された。1900年に死んだ妻もその横に埋葬された。息子達の1人、バジル・ノリス・リケッツは米西戦争の時にセオドア・ルーズベルトの指揮するラフ・ライダーズで仕え、やはりリケッツの近くに埋葬されている。 リケッツの墓碑銘には次のように書かれている。 カナダ辺境で砲兵隊に配属された。メキシコとの戦争を通して従軍した。テキサス州で辺境任務に就いた。反乱軍(南軍)との27回の戦闘に参加した。負傷すること5回。リッチモンドで戦争捕虜。1887年9月27日、シェナンドー渓谷で第6軍案を指揮しているときに受けた傷がもとで死去。かれはその栄誉を世界に再度もたらした。かれの恵みは天国に行き、平和に眠っている。 — [1] 参考文献[編集]

Continue reading

ストーリー オブ トア 〜光を継ぐ者〜 – Wikipedia

『ストーリー オブ トア ~光を継ぐ者~』(ストーリー オブ トア ひかりをつぐもの)は、1994年12月9日に日本のセガから発売されたメガドライブ用アクションロールプレイングゲーム。 主人公であるポセイドニア王国のルオ王子を操作し、「銀の腕輪」を持つ者による古の魔人復活の野望を阻止する事を目的としている。アクションRPGでありながら、主人公の多彩なアクションや爽快感のある操作性を特徴としている。 開発はエインシャントが行い、プロデューサーおよび音楽はパソコン用ソフト『イースI』(1987年)や『ソーサリアン』(1987年)の音楽を手掛けた古代祐三、ゲーム・デザインはメガドライブ用ソフト『ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌』(1992年)を手掛けた内村語、キャラクター・デザインはメガドライブ用ソフト『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』(1991年)を手掛けた古代彩乃、イラストはメサイヤのPCエンジンSUPER CD-ROM2用ソフト『改造町人シュビビンマン3 -異界のプリンセス-』(1992年)を手掛けた有賀ヒトシが担当している。 2007年にWii用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信された他、2012年にWindows用ソフトとしてSteamにて、2017年にはAndroidおよびiOS用ソフトとして配信された。その他、欧米ではPlayStation 3およびXbox 360用ソフト『ソニック アルティメット ジェネシスコレクション』(2009年)に収録された。2019年9月19日にはセガが自ら手掛けリリースされる復刻系ゲーム機・メガドライブ ミニにプリインストールされる42作品の一つとして収録された。 後に続編としてセガサターン用ソフト『トア 〜精霊王紀伝〜』(1996年)が発売された。

Continue reading

七生養護学校事件 – Wikipedia

七生養護学校事件(ななおようごがっこうじけん)は、日本の東京都日野市にある都立七生養護学校(現東京都立七生特別支援学校)で知的障害を持つ児童に対して行われていた性教育の授業内容が不適切であるとの非難を受け、東京都教育委員会が当時の校長及び教職員に対し厳重注意処分を行った事件の通称。 この事件に関連し、都教委の処分が教育への不当介入に当たるとして都教委及び東京都議会議員3名に対して損害賠償を求める訴訟と、元校長が本件を理由とする降格処分の取り消しを都教委に求める2件の訴訟が起こされた。いずれも原告側(七生養護学校校長・教員ら)の勝訴となっている。 訴訟の原告(元教員)やその支援者の間では、中止された授業の名称に由来する「こころとからだの学習」裁判(「ここから」裁判)との通称が使用されている。 事件の概要[編集] 1997年に七生養護学校の在校生である女子生徒が男子生徒と性的関係を持ったことが発覚し、この問題を受けて教員と保護者が協議を重ね知的障害を持つ児童に対する同校独自の性教育プログラムを開発。「こころとからだの学習」と名付けられたこの授業は男性器と女性器の部位や名称を織り込んだ歌や人形を使った授業方法で注目を集め、同様の悩みを持つ他地域の養護学校からの研修も積極的に受け入れていた。 これに対し、2003年7月2日に都議会で質問した都議会議員・土屋敬之(当時民主党所属、2009年に党を除籍され、日本創新党を経て日本維新の会に所属。2013年都議選には出馬せず引退)は、授業内容を「世間の常識とかけ離れた教育だ」と批判し、都教委に「毅然とした対処」を要求。東京都知事・石原慎太郎も「異常な信念を持って、異常な指導をする先生というのは、どこかで大きな勘違いをしている」と答弁した。7月4日に七生養護学校を視察した土屋、自民党の古賀俊昭と田代博嗣、計3名の都議が授業内容につき「常識では考えられない」「不適切」としたうえで、養護教諭に対して「こういう教材を使うのをおかしいと思わないのか」「感覚がまひしている」と強く非難。さらに、田代が無断で資料を持ち去ろうとしたのを止められた際に「何を持っていくかは、俺達が責任をもって持って行くんだから、馬鹿なことをいうな! 俺たちは国税と同じだ。1円までも暴いてやるからな。生意気なことを言うな!このわけのわからない2人(養護教諭)は(学校から)出て行ってもらってもいいんだ」と発言(訴訟における原告側準備書面より)。この視察を受けて、7月23日には土屋が代表、古賀・田代の2名が副代表を務める「日本の家庭を守る地方議員の会」が都議会議事堂において「不適切な性教育教材展示会」を開催した。 こうした七生養護学校側への非難の高まりを受けて、都教委は9月に「授業内容が不適切である」として授業に使用された教材145点を没収すると共に、当時の校長に対しては「教員の定数について虚偽の報告を行った」等の理由で教諭への降格並びに停職1ヶ月の懲戒処分を命じた。また、授業に関わった教員ら31名に対しては厳重注意処分が下されたが、処分理由はいずれも問題視された授業内容とは直接関係の無いものであった。 この事件の余波は国政にも及び、自民党は2005年1月、安倍晋三幹事長代理を座長、山谷えり子を事務局長とする「過激な性教育・ジェンダーフリー教育実態調査プロジェクトチーム」を発足させる。5月26日には八木秀次らをパネリストに迎え「過激な性教育・ジェンダーフリー教育を考えるシンポジウム&展示会」が開催され、古賀が七生養護学校の性教育授業が中止されるまでの経緯について報告した。 2005年1月24日、東京弁護士会は処分を受けた教員らの人権救済申し立てに基づき、都教委の処分には重大な違法性が認められるとして警告文を送付した[1]。 なお古賀は13年後の2018年にも、足立区の区立中学校で行なわれた性教育の内容を「指導要領に沿っておらず不適切だ」と問題視し、都教育委員会に調査させている[2]。 裁判[編集] 元校長は処分の不当性を主張し、処分取り消しを求めて都教委を提訴。2008年2月25日、東京地方裁判所は処分理由である教員定数の虚偽報告について「事実とは認められない」とし、その他の処分理由も重すぎるとして裁量権の乱用を認定、請求を認める判決を言い渡した。都教委はこの判決を不服として控訴したが、2009年4月10日の東京高裁判決も一審判決を支持し、都教委側の控訴を棄却。都教委側はさらに上告したが、2010年2月23日、最高裁判所第三小法廷もこれを受理しない旨を決定し、元校長に対する処分を取り消す高裁判決が確定した[3]。 また、元教員および生徒の保護者は、都教委・土屋ら都議3名と授業内容について産経新聞紙面で「過激な性教育」等の見出しで報じた産経新聞社に対して教育現場への不当介入により精神的苦痛を受けたとして約2930万円の損害賠償と没収された教材の返還を要求する訴訟を起こした[4]。2009年3月12日に東京地裁で判決が言い渡され、矢尾渉裁判長は「都議らの行為は政治的な信条に基づき、学校の性教育に介入・干渉するもので、教育の自主性をゆがめる危険がある」として土屋ら3名の視察に際しての発言や行動に問題があったと指摘。また、都教委の処分については「教育内容の適否を短期間で判定するのは容易ではなく、いったん制裁的な取り扱いがされれば教員を萎縮させて性教育の発展が阻害されかねない」として裁量権の乱用を認定し、都議3名と都教委に210万円(うち10万円は古賀・田代・土屋に連帯責任)の支払いを命じたが、教材の返還については認められなかった。なお、産経新聞社への賠償請求は報道の範囲を逸脱しているとはいえないとして棄却された。都教委側は判決を不服として控訴したが、東京高等裁判所(大橋寛明裁判長)も2011年9月16日、一審を支持、控訴を棄却。 最高裁判所第1小法廷(金築誠志裁判長)は2013年11月28日付けで、原告被告双方の上告を棄却。都と三人に控訴審判決額の賠償を命じる判決が確定した[5]。 マスメディアの論調[編集] 産経新聞は2002年頃から紙面や自社系論壇誌『正論』において「過激な性教育・ジェンダーフリー教育」を糾弾する論調を強めており、2003年2月23日付主張「性教育 児童に過激な内容は慎め」において「都内の公立小中学校や養護学校で計11件の不適切な性教育が行われていた」と指摘し、具体名は挙げていないものの七生養護学校の授業内容を暗に指摘すると共に「事態を重く見た都教育庁は近く調査に乗り出す方針」としており、都議3名の視察に際してもマスメディアとして唯一、記者を帯同させた。 2009年3月の判決後は産経新聞に加え、読売新聞も社説で判決内容に疑問を呈する見解を表明。これに対し、朝日新聞・毎日新聞・東京新聞の社説は判決内容について一定の評価を下している。 参考文献[編集] 関連項目[編集]

Continue reading

咲かせて!ちびロボ! – Wikipedia

『咲かせて!ちびロボ!』(さかせて ちびロボ、Chibi-Robo!: Park Patrol)は、任天堂より2007年6月2日に発売されたニンテンドーDS用アクションゲーム。 『ちびロボ!』の続編で、今回は配属された公園を花でいっぱいにするのが目的。公園に隣接するタウンに住むおもちゃ達と交流しつつ、公園を整備していく。手に入れた乗り物や公園内に設置した施設で遊ぶことも出来る。 登場キャラクター[編集] ちびロボ シリーズの主人公。前作とは別機体で、「花咲かちびロボ」というオレンジ社の新モデル。ちびシャワー(小さな注射器)の水やりで花を育て、花のそばでダンスを踊ると花が種を周りに飛ばすという能力を持つ。カセット(外見は初期のファミコンカセット)により、さまざまな能力が拡張される。 トンペー マネージャーロボット。ちびロボハウス内にアームで接続している。だが少し頼りない。 リバティ 紳士姿のマリオネット。フランス製らしい。自由を求めている(なお、「リバティ(liberty)」という単語は英語で「自由」を意味する)。 フラリダ ものづくりの仕事を夢見る兵隊の人形。前作に登場したアーミー兵隊の一人と同一人物と思われる。 ペンとギン 炭酸飲料水「ペンギンソーダ」のマスコットキャラクターである双子の兄弟人形。サーフボードに乗ったウェットスーツのペンギン姿。 シェイク 「モンキーバーガー」というファストフード店のマスコット。アフロヘアーのダンサー猿。 マッチナ 自動車のおもちゃの女性。恋をしており、ダイエットに励んでいる。

Continue reading

化粧下地 – Wikipedia

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “化粧下地” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2011年7月) 化粧下地(けしょうしたじ)は、化粧をする前に使う化粧品。 ファンデーションの前に使用する。 クリーム、液状、乳状、ジェル状など様々な形態が存在する。 ファンデーションや白粉、その他アイシャドー、頬紅などの付き、伸び、そして保ちをよくする目的の他、メークアップ化粧品が肌に直接接触しないようにしたり、日焼け止め効果を持たせたりする目的を持たせたものもある。 また、肌色を整え、毛穴、くま、しわ、しみ、そばかすなどを隠すもの、あるいは後に使用するファンデーションで隠しやすくする目的を持たせた物もある。 アイシャドーの使用前に瞼に塗布するものや、口紅の使用前に唇に塗布するものなど、部分使用に特化した化粧下地もある。 クレンジングで化粧を落とした状態で、洗顔料で顔を洗い、化粧水、美容液で肌を整え、乳液、クリームで肌を締めるサンスクリーン剤で日焼けを防ぐこと。 関連項目[編集] コールドクリーム ハンドクリーム ワセリン

Continue reading

一番くじ – Wikipedia

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “一番くじ” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2015年1月) 一番くじ(いちばんくじ)とはBANDAI SPIRITS(ロト・イノベーション事業部)が全国のコンビニエンスストア・書店・バンダイナムコアミューズメントなどで販売している、キャラクターグッズが当たるハズレ無しのくじ引き(キャラクターくじ)である。 2003年にバンプレストが『ポケットモンスター 一番くじ』をセブン-イレブンにて発売。以降、ガンダムシリーズ、ポケットモンスターシリーズなど多彩な作品のくじが製作されている。バンダイナムコグループの再編に伴い、2018年4月1日付でBANDAI SPIRITSへ事業が移管された[1][2][3]。そのため、事業移管後の「一番くじ」商品・販促物には同社ロゴの青いバンダイマークに変更されている。 「一番くじ」の名称およびロゴタイプはBANDAI SPIRITSの登録商標[4]となっている。競合するサービスとして、タイトーは「タイトーくじ本舗」、サンリオは「サンリオ当りくじ」などがある。同じ『すみっコぐらし』関連でも、版権保有元のサンエックス自体も「すみっコくじ」の名称で文具店や雑貨店に展開されている都合上、すみっコぐらしの一番くじはコンビニが中心となっているため、すみっコくじと競合しない戦略を採っている。 くじで取り扱われる作品は日本のアニメ・ゲーム作品が多いが、ミッキーマウスやマーベルなどのディズニー関連作品、リラックマやカピバラさんといったファンシーキャラクター、『踊る大捜査線』のような実写映画作品が取り扱われることもある。 「一番くじプレミアム」や「一番くじV」といった様々な派生ブランドが存在する。 [脚注の使い方] ^

Continue reading

サン・フェルナンド (カディス県) – Wikipedia

サン・フェルナンド(スペイン語: San Fernando)は、スペイン・アンダルシア州カディス県のムニシピオ(基礎自治体)。かつては島であったことから、地元ではラ・イスラ(La Isla、島)とも呼ばれる。県都カディスの約14km南東にある。 19世紀に描かれたカディス湾とレオン島 サン・フェルナンドという市名は、19世紀初頭のスペイン王フェルナンド7世の、フランス軍侵攻時の英雄的行為を讃えて名付けられたものである。旧名のイスラ・デ・レオン(es:Isla de León、レオン島とも)は、15世紀にこの地を購入したポンセ・デ・レオン(カディス公侯爵家傍系)によって名付けられた。一部の作家によれば、レオンの由来は、ギリシャ神話のヘラクレスがネメアの獅子を退治した逸話にあるという。伝説によれば、古代ギリシャの島ガデイラス(es:Gadeiras)は現在のカディス県にあった島だという。 サンクティ・ペトリの沼地 サン・フェルナンドはかつてのレオン島にできた都市である。一方でイベリア半島本土とはサンクティ・ペトリ湿地(es:Caño de Sancti Petri)によって切り離され、スアソ橋でつながっている。以前はカディスとはアリリョ川で分かれていた(現在のアリリョ川はサン・フェルナンド=カディス間の高速道に覆われている)。19世紀までの都市の正式名は、レアル・ビリャ・デ・ラ・イスラ・デ・レオン(Real Villa de la Isla del León)といった。 都市のある地域から離れると、北の泥の島の上に築かれたカラカ工廠(es:Arsenal

Continue reading