ルイス・セラーノ・アラルコン – Wikipedia

ルイス・セラーノ・アラルコンLuis Serrano Alarcón、1972年 – )はスペインの作曲家、指揮者。

バレンシアで生まれ、チバ英語版の音楽協会で作曲、管弦楽法、ソルフェージュ、音楽理論、初見演奏、移調、ピアノ教育法を学んだ。

また、アルボラチェスペイン語版のラ・プリミティバ音楽協会(Sociedad Musical la Primitiva)、チバのラ・アルティスティカ音楽協会(Sociedad Musical La Artística)、ベニマクレート英語版の音楽教育センター(Centro Instructivo Musical)交響吹奏楽団の指揮者、ベテラの音楽芸術センター(Centro Artístico Musical)交響吹奏楽団の首席指揮者を歴任した。現在はバレンシア専門音楽院(Conservatorio Superior de Música de Valencia)でアナリーゼと作曲を教えている。

吹奏楽のための作品が特に多く演奏されている。2006年の「前奏曲と夜明けの踊り」がコルチャーノ国際吹奏楽作曲コンクールで第1位を獲得し、2009年のLa Dama Sentinelaで、第1位を二度獲得した初めての作曲家となった。世界の25ヵ国以上で作品が演奏されており、ティモシー・レイニッシュ(Timothy Reynish)は「現在、特に傑出したスペインの作曲家の一人である」と述べている[1]

主要作品[編集]

吹奏楽曲[編集]

  • コンチェルタンゴ (Concertango, para saxo alto, jazz trío (pno, cb, bat) y banda sinfónica)
  • 金管五重奏と吹奏楽のための前奏曲と夜明けの踊り (Preludio y Danza del Alba, para quinteto de metal y banda)
  • マルコ・ポーロ三部作
    • マルコ・ポーロ ~シルクロード~ (Marco Polo, La Ruta de la Seda, para banda sinfónica)
    • マルコ・ポーロ ~キャセイ・イヤーズ~ (Marco Polo, The Cathay Years)
    • マルコ・ポーロ ~インドの巻~ (Marco Polo, El Libro de la India)
  • ドゥエンデ (Duende, Four Preludes for Symphonic Wind Ensemble)
  • 吹奏楽のための小組曲 (Pequeña Suite para Banda)
  • インヴォカシオン~「エル・プエルト」を元にして (Invocación, Revisitando “El Puerto”)
  • 交響曲 (Symphony for Wind Orchestra)
  • 交響曲第2番 (Second Symphony for Wind Orchestra)
  1. ^ Luis Serrano Alarcón – Timreynish.com. 2019年11月26日閲覧。

外部リンク[編集]