吉見佑子 – Wikipedia

吉見 佑子(よしみ ゆうこ、本名:吉見裕子、1948年3月22日 – )は音楽評論家・作詞家・歌手・声優。大阪府出身[1]

1948年3月22日、大阪府豊中市に生まれる。親も親戚も杵屋 [要曖昧さ回避]だらけの、いわゆる三味線一家の一人っ子として育ったが、周囲の期待に反して三味線や家元制度に興味を持たない青春時代を送る。

高校在学中に渡辺プロのオーディションを受ける。最終オーディションで落ちるが、審査員の宮川泰の紹介でジャズ・ボーカルのレッスンに半年間京都まで通い、コマーシャル・ソングの仕事に関わる。

NHK大阪放送局付属演劇研究所に入所。修了後は、グループ・サウンズやフォークのコンサートの司会やラジオ番組のアシスタントDJの仕事を始め、関西圏限定でDJの仕事を増やしていく。

1970年、活動の場を東京に移す。NHK-AM 『若いこだま』 のDJのオーディションを受け合格。自身初の全国放送開始[1]。この時期、短期間ではあるが青二プロダクションに所属し、声優業もこなしている。[2]

吉田拓郎が下駄を履いてNHKに来て怒られているのを見たり[1]、フォークシンガーたちのルックスの悪さと裏腹な音楽性のピュアさに心を打たれ[1]、『若いこだま』ではフォークの日を担当し[1]、以降フォークやロック、ニューミュージック系のアーティストを支援[1]。上田正樹を皮切りに、世良公則、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)、RCサクセション、長渕剛など、しばしばブレーク前の多くのミュージシャンに注目し、ラジオや新聞、雑誌、中高生向け学年別雑誌に至るまで、様々なメディアを通じて積極的に紹介した。

1979年、自らが代表となって「シングル・マン再発売実行委員会」を発足させる[1]。RCサクセションの3rdアルバム「シングル・マン」の再発売を懇願するため、ポリドールレコードとの折衝が繰り返された。初めは自主制作というかたちで300枚限定で都内の3店舗で細々と販売を始める。その後、1980年レコーディングから実に6年の時を経てポリドールより正式に再発売された。レコードの帯には「こんな素晴らしいレコードを廃盤にしていて誠に申し訳ありません。」と言うポリドールのお詫びが掲載された[1]

2000年代に入ると、メディアへの登場は少なくなったが、「TV Bros.」2009年5月30日号の忌野清志郎追悼特集にコメントを寄せた。

自身のブログは、4年間更新されていないが、mixi・ツイッターにて活動中。

ディスコグラフィー[編集]

  • 「ふたしかな空」作詞:吉見佑子、作曲:麻田浩
    • (B面)「まわり道」作詞:吉見佑子
  • 「ついてnightナイト」作詞:吉見佑子、作曲・編曲:後藤次利
    • (B面)「メロドラマは純愛で」作詞:吉見佑子、作曲・編曲:後藤次利
  • 「ラブソング」歌:上田正樹、作詞:吉見佑子、補作詞:上田正樹、作曲:上田正樹
  • 「その日暮し」歌:上田正樹、作詞:吉見佑子、補作詞:上田正樹、作曲:上田正樹、編曲:星勝
  • 「Don’t Cry My Love」歌:長渕剛、作詞:長渕剛・吉見佑子、作曲:長渕剛

他に吉見の言によると『ルパン三世(TV第1シリーズ)』のエンディング曲『ルパン三世主題歌Ⅱ』の作詞は吉見であるという(クレジットは「東京ムービー企画部」になっている)[3]

映画・ドラマ[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 村田久夫・小島智編「吉見佑子インタビュー」『日本のポピュラー史を語る―時代を映した51人の証言』シンコーミュージック、1999年10月14日、152-155頁。

    ISBN 4-401-613-40-6。

  2. ^ 第154回 音楽評論家 吉見佑子氏【前半】 | Musicman” (日本語). 音楽業界総合情報サイト | Musicman. 2020年12月29日閲覧。
  3. ^ 第154回 音楽評論家 吉見佑子氏【前半】 | Musicman” (日本語). 音楽業界総合情報サイト | Musicman. 2020年12月29日閲覧。

外部リンク[編集]