冨森ジャスティン – Wikipedia

冨森ジャスティン(とみもり ジャスティン、1989年6月27日[1] – )は、日本の元俳優。

埼玉県出身[1]。身長183cm、体重68kg[1]。血液型はO型[1]。弟は俳優の冨森アンドリュー。日本人とオーストラリア人のハーフ。

人物・略歴[編集]

雑誌『POPEYE』などでモデルや、俳優の一方で、弟の冨森アンドリューと冨森兄弟として若手芸人のネタ見せ番組・笑う新撰組(テレ朝チャンネル)で漫才(実際は通販ネタのショートコント)を披露。石倉三郎と、山口弘和(コント山口君と竹田君)から高評価を得た。

2011年、念願の夢であった仮面ライダーシリーズの『仮面ライダーフォーゼ』に出演、好きなライダーは仮面ライダーBLACK・仮面ライダーW。また、『スマイルプリキュア!』のキュアピースのファン(2012年5月31日他ブログより)でもある。

2021年3月19日、同月限りで所属事務所キューブを退社し、俳優業から引退することをツイッターにて発表した[2][3]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

ネットムービー[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • W〜ダブル(2010年8月)
  • cube neXt『押忍!!ふんどし部!』(2010年11月)
  • 帝一の國 – 氷室ローランド 役
    • 學蘭歌劇『帝一の國』(2014年4月 – 5月、パルコ劇場)
    • 學蘭歌劇『帝一の國』-決戦のマイムマイム-(2015年7月、AiiA 2.5 Theater Tokyo)
    • 學蘭歌劇『帝一の國』-血戦のラストダンス-(2016年3月、AiiA 2.5 Theater Tokyo)
  • 遙かなる時空の中で5 – アーネスト・サトウ 役
    • 遙かなる時空の中で5(2014年9月 – 10月、全労済ホール/スペース・ゼロ)
    • 遙かなる時空の中で5 (再演)(2014年12月、全労済ホール/スペース・ゼロ)
    • 遙かなる時空の中で5 風花記(2016年8月、全労済ホール/スペース・ゼロ)
  • THE BAMBI SHOW~2ND STAGE~(2017年11月、CBGKシブゲキ!!)[5]
  • ハイキュー!! – 東峰旭 役[6]
    • ハイキュー!!(2015年11月 – 12月、AiiA 2.5 Theater Tokyo 他)[7][8]
    • “頂の景色”(2016年4月 – 5月、AiiA 2.5 Theater Tokyo 他)[9][10]
    • “烏野、復活!”(2016年10月 – 12月、AiiA 2.5 Theater Tokyo 他)[11][12]
    • “勝者と敗者”(2017年3月 – 4月、TOKYO DOME CITY HALL 他)[13][14]
    • “進化の夏”(2017年9月 – 10月、TOKYO DOME CITY HALL 他)[15][16]
    • “はじまりの巨人”(2018年4月 – 6月、日本青年館ホール 他)[17][18]
    • “最強の場所”(2018年10月 – 12月、TOKYO DOME CITY HALL 他)[19][20]
  • 滅びの国(2018年1月、本多劇場)- ジェシー 役[21]
  • 熱帯男子(2018年2月 – 3月、全労済ホール / スペース・ゼロ)- 銀蔵 役[22]
  • BSP『新選組』完結編(2019年2月、あうるすぽっと)- 伊東甲子太郎 役
  • 春の修学旅行『妖怪! 百鬼夜高等学校』~一条通と付喪神~(2019年2月 – 3月、新宿FACE / 3月、京都劇場)- 塗り壁 役(ゲスト)
  • 魔術士オーフェン はぐれ旅(2019年8月、新宿村LIVE)- チャイルドマン 役

イベント[編集]

  • 仮面ライダー生誕40周年×スーパー戦隊シリーズ35作品記念 40×35 感謝祭 Anniversary LIVE & SHOW(2012年)
  • 仮面ライダーフォーゼ スペシャルイベント – 天ノ川学園高等学校 春の学園祭スペシャル(2012年)
  • 仮面ライダーフォーゼ ファイナルステージ&番組キャストトークショー(2012年)

CM[編集]

  • バンダイ「仮面ライダーチョコビスケット」(2012年)

カバーモデル[編集]

外部リンク[編集]