名古屋市立上野小学校 – Wikipedia

名古屋市立上野小学校(なごやしりつ うえのしょうがっこう)は、愛知県名古屋市千種区にある公立小学校。千種区では千種小学校・田代小学校とともに、明治初期に開設された伝統のある小学校である。

沿革[編集]

  • 1874年(明治7年) – 第二大学区第二中学区に所属。第85番小学山田学校の分校として開設。
  • 1880年(明治13年)9月1日 – 上野学校創立。
  • 1887年(明治20年)3月5日 – 小学校令施行により、西春日井郡第13学区尋常小学上野学校に改称。
  • 1892年(明治25年)9月 – 上野尋常小学校に改称。
  • 1907年(明治40年)1月1日 – 鍋屋上野村と田代村の合併に伴い、東山村立東山尋常小学校の仮教場となるが、4月に再び上野尋常小学校に戻る。
  • 1921年(大正10年)8月22日 – 東山村が名古屋市へ編入され、名古屋市立上野尋常小学校となる。
  • 1927年(昭和2年)4月1日 – 高等科を併設して上野尋常高等小学校と改称する。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 – 名古屋市上野国民学校となる。
  • 1944年(昭和19年)8月12日 – 三重県名賀郡へ集団疎開。
  • 1944年(昭和19年)12月13日 – 空襲により校舎を全焼。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 – 学校教育法施行により名古屋市立上野小学校に改称。
  • 1960年(昭和35年)4月3日 – 富士見台に分校を設置。
  • 1962年(昭和37年)4月1日 – 富士見台小学校を分離。
  • 2010年(平成21年)9月1日 – 130周年を迎える。

児童数の変遷[編集]

『愛知県小中学校誌』(2018年)によると、児童数の変遷は以下の通りである。

1947年(昭和22年) 824人
1957年(昭和32年) 2135人
1967年(昭和42年) 1724人
1977年(昭和52年) 1562人
1987年(昭和62年) 1285人
1997年(平成9年) 807人
2007年(平成19年) 703人
2017年(平成29年) 710人

通学区域[編集]

上野学区は千種区の北西部に位置する面積1.83 km2の地域であり、富士見台・自由ヶ丘・田代・高見・大和・矢田・砂田橋の7学区と接している。上野小学校は学区のほぼ中心に位置しており、学区内から道程1.5km以内で到達できる。

所管する名古屋市教育委員会は、2018年(平成30年)9月1日現在、千種区のうち、赤坂町2~7丁目・上野一丁目・上野二丁目・上野三丁目・萱場二丁目・下方町・清明山一丁目・清明山二丁目・谷口町・茶屋坂通1丁目・茶屋が坂一丁目・月ケ丘・天満通・鍋屋上野町字東脇・南ケ丘・宮の腰町の全域および赤坂町1丁目・萱場一丁目・北千種二丁目・北千種三丁目・古出来三丁目・茶屋坂通2丁目・若水三丁目の各一部を通学区域として指定している[WEB 2]

また、卒業後の進学先は名古屋市立振甫中学校となっている[WEB 3]

  • 校内は天文元年(1532年)頃に下方貞清が築城した上野城跡[2]とされ、埋蔵文化財包蔵地(県遺跡番号005099)になっている[3]
  • 校庭には、時計台のある野外ステージがある。
  • 学区内には、名古屋三大天神のひとつ上野天満宮がある。
  • 尚、卒業生ではないが一時在籍生徒にタレント・女優の水沢アキがいる(1962年-1965年在籍)

WEB[編集]

書籍[編集]

参考文献[編集]

  • 『上野―創立90周年記念』名古屋市立上野小学校、1970年。
  • 『千種区史』千種区制施行50周年記念事業実行委員会、1987年。
  • 『六三制教育七十周年記念 愛知県小中学校誌』六三制教育七十周年記念 愛知県小中学校誌 合同記念誌編集特別委員会、愛知県小中学校校長会・名古屋市立小中学校長会、2018年2月15日(日本語)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]