鹿児島市立谷山小学校 – Wikipedia

鹿児島市立谷山小学校(かごしましりつたにやましょうがっこう)は、鹿児島県鹿児島市谷山中央一丁目にある市立小学校。1869年(明治2年)に立志館として創立。

鹿児島市の南部にある小学校であり、谷山郷(外城)の地頭仮屋跡に所在している。鹿児島市は学級数が40学級以上の学校を大規模校としていたが、1989年時点でそれを上回る43学級、1,549名の児童が在籍しており、鹿児島市で最も児童数が多い小学校となった[1]。2021年4月7日現在では965名が在籍しており、41学級で構成されている[2]

現在に至るまで学校分離や統合が複数回行われており、1969年には東谷山小学校が、1978年に西谷山小学校が規模の適正化を目的にそれぞれ分離、新設された。

  • 1869年(明治2年) – 立志館創立[3]
  • 1872年(明治5年) – 学制が発布され第15郷校創立(平民の入校は1874年まで許可されなかった)[4]
  • 1876年(明治9年) – 谷山小学校と改称し正則小学校となる。同時に女子の入学が許可される[4]
  • 1887年(明治20年) – 谷山小学校を二つに分け、谿山高等小学校及び森山尋常小学校となる[4]
  • 1908年(明治41年) – 女子児童を分立し、谷山女子尋常高等小学校を新設[5]
  • 1912年(大正元年) – 谿山・森山の両小学校を合併し、谿山男子尋常小学校に改称[5]
  • 1918年(大正7年) – 谷山女子尋常高等小学校に女子実業補習校を併設[5]
  • 1927年(昭和2年) – 1918年に設置された併設女子実業補習校を谷山実践女子校に改称[6]
  • 1929年(昭和4年) – 谿山男子尋常高等小学校、谷山女子尋常高等小学校を合併統一し、谷山尋常高等小学校となる[6]
  • 1941年(昭和16年) – 国民学校令により谷山国民学校と改称[6]
  • 1947年(昭和22年) – 谷山町立谷山小学校に改称[6]
  • 1957年(昭和32年) – 谷山町が市制施行し谷山市となったのに伴い、谷山市立谷山小学校に改称。
  • 1966年(昭和41年) – 谷山小学校に中山小学校平治分校を統合[7]
  • 1967年(昭和42年) – 鹿児島市と谷山市が合併し鹿児島市谷山小学校となる[3]
  • 1969年(昭和44年) – 校区の分離で永田川以北が新設の東谷山小学校となる[8]
  • 1978年(昭和53年) – 校区の分離で西谷山小学校[9]が新設される。

1955年(昭和30年)より宮崎市立大淀小学校との交流が行われている[10]

以下の生徒数遷移表は谷山小学校HP 歴史 創立140周年の記述の一部より作成。

凡例

出身者[編集]

通学区域[編集]

谷山小学校の通学区域は以下の町丁の区域が指定されている[11]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]